フォト
2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

自然派おやつ(かまど)

2011年5月25日 (水)

山くるみとドライフルーツの和風米粉ケーキ

週末の地元のフリーマーケット。

残念ながら、天気予報通り途中から雨が降ってしまいました。

売れ残ったおやつににんまりな、子ども達。( ´艸`)


「そりゃあ、売れたほうがいいんだけどさ。」

実は、売れ残るように念じているらしい。

今回は念が通じたと、喜んでおりました。

売っている横で、そんな念を飛ばして欲しくないんですけど・・・


 今回のフリマでは、小麦粉フリーのものたちを並べました。

その中の一つ。

レーズンと干し柿とクルミがたっぷり入っていて豪華。

しかも、お鍋でできてしまうので、簡単です。

Imgp2771

<材料>ラム酒漬け干し柿       100g

      レーズン             100g

      砕いたクルミ          1/2C

      きなこ              1/3C

      塩                 小さじ1/2

      米粉               1/2C

      水                                    1C                            

<作り方>①干し柿をつぶして、レーズンと練っておく

       ②米粉と水と塩を小鍋に入れて、弱火で練りあげ、①を加えて軽く火を通す

       ③火から鍋をおろして、きな粉と胡桃をまぜて、四角い寒天型に入れて冷ます

       ④冷めたら切り分けて、形を整える


焼き固めていないので、ソフトです。

米粉を練るときに、水が足りないようだったらたしてください。 


       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                   にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ

          クリックで応援↑↑↑、よろしくお願いします。
 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




WWWWWWWWW

<暮らしのひとコマ>

今年の田んぼは2箇所。

こちらの田んぼは、平地の田んぼ団地の一角で、空が広がっています。

Imgp1515_2

みんなで畔塗り用の溝掘り

Imgp1516

yanyanは早々にシャベルを放り出して、カエル取り。

お気に入りのお花模様のピンクの帽子も、早々に泥んこに (^-^;

Imgp1520

カエル・ハンターといえば、この人(殺さないけど)。

Imgp1522

早々に弟妹に渡して、兄貴ぶりを発揮してました。

KKKKKKKKK




 tokiの実家の祖母(97歳)が、昨日亡くなりました。

tokiは今日埼玉に向かい、私と子ども達も後から出発します。

亡くなる前日まで、義母の手厚い介護のもと、自分の家で過ごしていました。

遠くに暮らしていて、私たちは最後まで何もできませんでしたが、

家族で冥福を祈りたいと思います。

2011年5月21日 (土)

ワイルドねぎのおやき

 ノビル、にら、あさつき・・・

なかやの周りや田畑周りで、あちこち自生しています。

ちょっと時間がある時に、ちょこちょこ摘んでは、ごはんのたしというか、

メインになっています。

 今年は春の種まきが遅れた分、いつもよりも増して山菜に頼る、なかやのごはんです。




 今回はお昼のおかずになりましたが、

これなら、簡単にできるので、おやつにもなりそう。

余ったお味噌汁が良い味加減になりました。

Imgp2722

<材料>ノビル、アサツキ、ニラなどのネギ科あるだけ     一束

      全粒粉                            1/2C程度

      米粉                              1/2C程度

      味噌汁の残り                        1C程度

<作り方>①摘んできたねぎ類をみじん切りにする

       ②粉と味噌汁を混ぜ合わせ、①を入れる(ぽってりしたらOK)

       ③フライパンに菜種油かごま油をひいて、両面かりっと焼く




 適当なレシピでごめんなさい。m(_ _)m

全粒粉と米粉は半々くらい使いました。お好み焼きくらいの硬さにしました。



 なるべくカリッとさせるには、片面中火~強火で焦げ目がつくくらいに焼いてから

ひっくり返して、フタをしてじっくり焼きます。

焼き上げたら、網におきます。(直接お皿だと、しんなりします。)

すぐ食べる場合は、全部焼きあがったら、お皿にうつします。

お弁当に入れたり、あとで食べる場合は、しっかり網で冷ましてください。







参加サイトを今後どうするか、正直迷っていたのですが、

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ       色んな方々に興味を持っていただけるブログになればと

コチラ↑↑↑       はひとまず参加を続けることにしました。

               色んな方のサイトが紹介されていて、楽しめます。




YYYYYYYYYYYY

暮らしのひとコマ

Imgp2717

500m先の畑からの帰る道々、歩きながら摘んだ野草。

スギナは、お茶にしました。

 

      

2011年5月18日 (水)

米粉おやつ☆キャロブ団子

 なかやでは、7件の地元の方々から、

合計6箇所、5反ほどの農地をお借りしています。

 今年は新しくお借りした田んぼや畑もありますし、

きちんと手続きをした方がいいねということで、

畑の大家さん全員から、はんこと署名をもらっています。



 先日署名して頂いた方から、バナナを2房も頂きました。

畑は「山奥で、木を生やしていたようなところだから」ということで

5年ほど前から無償で貸してくださっている上、

「久しぶりだから、そっちに行くわ」ということで、署名にわざわざうちまで来てくださり、

さらにバナナまで手土産で持ってきて下さった m(_ _)m

ありがたいことです。



 なかやにバナナがど~んとあるということは、滅多にないことで、

ちょっとずつおやつに加工しています。

今回は、米粉を使ってお団子にしてみました。



 バナナの甘味がほどよくて

炒ったエゴマが蒸しても歯ごたえを残していて、おいしかったです。

なにより、米粉スイーツは、おなかにたまるので、

作業の多い今は、大人も嬉しいおやつとなりました。

Imgp2728

<材料>バナナ           2本

      キャロブ粉        1/2C

      米粉            1/2C

      味噌            小さじ1/2

      エゴマ           1/4~2C     ゴマでも

<作り方>①バナナをつぶしして、エゴマ以外の材料と混ぜ合わせる

       ②エゴマを加えて、さらに手で捏ねて、10個前後のお団子にまとめる

       ③蒸器で7~8分蒸す



バナナはマッシャーで均等につぶしてから粉を混ぜました。

コクがほしければ、オイルを少量加えてもいいかもしれません。




&&&&&&&&&

暮らしのひとコマ

「今年は、オレも1年生になったことだし、自分の畑をやるぞ」と

兄達の畑の奥、一畳くらいのスペースをがんばってスコップで耕したJir(6歳)

Imgp1497

学校へ行かなくても、小学生になったという意識は持っている様子。

これから竹を使って、兄達に手伝ってもらいながら、動物よけの柵を立てます。

兄達同様、畑では、インコのえさになる雑穀を育てるらしい。

2011年3月12日 (土)

キウイとレモンの米粉もち

 先日、キウイとレモンの組み合わせで、米粉のおやつを作ろうと思って、作りました。

翌日用のおやつだったので、

柔らかさが長持するように、お豆腐を加えてみました。



 小麦粉に似せて、ふわっと仕上げる米粉のおやつもおいしいですが、

もっちりした米粉おやつも、とってもおいしい・・・( ´艸`)

おなかにもたまるし、特にうちの子は好きです。


 

 今回のキウイとレモンの組み合わせ、

さわやかで甘酒の甘味にあって、とってもおいしかったです。 

Imgp2450_2

<材料>米粉       1C

      キウイ      小さめ2個

      レモン      1個

      甘酒       2/3C

      豆腐       1/2丁

<作り方>①豆腐をマッシャーでつぶして、米粉と甘酒とあわせる

       ②レモンは皮をピーラーでむいて、みじん切りにし、果汁を絞って、両方①に加える

       ③四角い型に入れて、15分蒸す




レモンは千葉のお土産、

キウイは友達Yくんの庭先になっているもの。

どちらも頂き物でした。どうもありがとう (◎´∀`)ノ



%%%%%%%%%%

暮らしのひとコマ

地元のお母さん友達が運営している「みっけ里山ほいくえん」の味噌作り。

Imgp2565

うちの子あわせて、子どもが13人。

なかやでは、久しぶりな光景でした。

Imgp2571

わらべ歌リレーが聞こえる中の、楽しそうな作業タイムでした。

Imgp2568 

お昼は、ポットラック形式で。

主食各自持参で、おかずを一品ずつ持ち寄ってもらいました。

Imgp2577

おかげで色んなおかずが楽しめました!ごちそうさま~。



 味噌作り終了後に、地震がありました。

こちらでは震度3と発表されましたが、

外で立っていたのに、不安になるようなゆれに、驚きました。

追って、東北地方の大変な様子を知って、驚いています。

亡くなった方、行方不明な方も大勢いらっしゃいますね。

ご冥福を祈りつつ、ここでできることを考えながら、被災を見守りたいと思います。

======================================

       今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

                 にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ         

        色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

              クリックで応援、よろしくお願いします☆

======================================

2011年3月10日 (木)

もちきびごはんの塩おはぎ

 夕方遅くに帰ってきて、急いでごはんを炊こうとした日のこと。

籾摺りしていた玄米の残り量が4合きっかりしかないことに気付きました。

他の雑穀もめずらしく脱穀したものを使い切っていて、瓶は空っぽ。



 玄米を炊いている時間もないので、

分つき米にした上で、たまたま一合だけ余らせておいたもち米を

ちょっともったいないかなと思いながら、増量にお米に混ぜて炊いてみました。

とってもモチモチごはんで、もち米の香りがして

おこわのような、おいしいごはんになりました;:゙;`(゚∀゚)`;:゙。



 そんな経験から、全部もち米にしなくても、1割もち黍ごはんで、

おいしいおはぎができました。

なかやは、雑穀が多いので、もちきびを使いましたが、

手に入りやすいもち米もお薦めです。

Imgp2360

<材料>6個分

      ゆでた小豆        2C

      塩              小さじ1弱

      炊いたごはん       200g         1割もち黍を入れて炊いたもの

<作り方>①小豆を3倍水に一晩浸し、土鍋で2時間くらいかけてゆっくり炊く

       ②①に塩を加えて、温かいうちに手で捏ねてつぶして餡にし、6等分する

       ③ごはんを6等分して丸め、②で包む

 お米100%のおはぎも、普段のおやつには手軽でおすすめです。

もち米の混ぜ率は、お好みでどうぞ。

1割混ざっているだけでも、結構もちもちになりますし、2割入れるのもお薦めです。




YYYYYYYYYYYY

暮らしのひとコマ

コンポスト作り、進んでいます。

Imgp2428
内壁がはり終わったそうです。

子ども達もいっしょに作っています。

Imgp2532

======================================


        今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

                  にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ         

        色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

        クリックで応援、よろしくお願いします☆


======================================

2011年3月 8日 (火)

ラフランス&米粉のういろう

 蔵の整理をしていたら、ラフランスを発見。

頂いた時に硬くて熟すのを待っていたら、

忘れてしまって、かなり熟してしまいました。Σ( ̄ロ ̄lll)


 発酵するまでにはいたっておらず、柔らかいだけなので、すぐ火をいれてジャムにすることに。




 せっかくなので、米粉とあわせて、シンプルな材料のおやつにしました。

ふつうだったら、こんな贅沢なラフランスの使い方ってできないかも・・。

でもラフランスのシャリシャリと甘味と、米粉のむっちりがとってもあって、

また作りたくなるような、おいしいおやつになりました。ヽ(´▽`)/

Imgp2435 

<材料>ラフランス       2個

      米粉          1C

      塩            ひとつまみ

<作り方>①ラフランスの皮をむき、種とその周りの部分をくりぬき、ざく切りする

       ②鍋に1を入れて、塩をふり、弱火でじっくり蒸煮して、

         柔らかくなったらマッシャーでつぶして、さらに5分ほど煮る

       ③と米粉をよくまぜて、四角い型に入れて、10分~15分蒸す




材料、コレだけなんですけど、甘味も硬さもちょうど良かったです。

これはりんごでもできそうだなあと思いましたが、

いや、やっぱりあの食感を思い出すと、

ラフランスならではなのかものかもしれません。


YYYYYYYYYYYYY

暮らしのひとコマ

 先日、3兄弟が週に1度通っている村のサークルの、6年生を送る発表会がありました。

2時間くらいかけて、大人が3曲、子どもが9曲打ちました。

Imgp2481_2

よその同い年のお子さんに比べて、頭一つくらい小さい3兄弟。

(私もtokiもチビッ子だったので、あまり気になりませんけど・・)

Jir(6歳)などは、正面から見ると、今年も太鼓に隠れてやっと頭が見えるくらい。

Imgp2494_2

でも、体いっぱいで打つから、Fuなどは、随分大きい音で打つようになったし、

かけ声も、うちの子って恥ずかしがったりしないので、大声で元気一杯。

やたらとうちの子の声が聞こえました・・・( ^ω^ )

Imgp2498_2

打ち切った顔でパチリ。

tokiが1年前くらいから入会して、いっしょに打っているので、

私はインコのエサやりをしたり、カメラをとったり、

子ども達の衣装代えやアナウンスを手伝ったりしてバタバタしておりましたが、

毎年この舞台を見ると、子ども達の1年の成長を感じて、じ~んとします。





======================================

       今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

             にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ         

        色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

        クリックで応援、よろしくお願いします☆

2011年3月 2日 (水)

みたらし団子

 前々から子ども達からリクエストされていた、みたらし団子。

白玉粉が残っていたものに、米粉とお豆腐を混ぜて増量させて作りました。


 お豆腐を加えた白玉団子は、柔らかさが長持ちして美味しいです。

(今回は米粉を入れているので、翌日には硬くなりましたが)

お団子作りは、昔ながらの方法だと、蒸したり、搗いたり、手間を感じてしまい、

作るペースが落ちがちですが、

これなら普通の白玉団子のように、茹でるだけでできてしまうので、簡単です。



 みたらし・・だからちょっと甘くしないとな、と思って、

なかやの甘味調味料の定番、甘酒を加えてみました。

Imgp2207

<材料>20~30個分

      白玉粉       100g

      木綿豆腐      1/2丁(230g)

      米粉         100g

    みたらしあん

      醤油         大さじ3

      甘酒         大さじ2

      水           1C

      片栗粉        大さじ1

<作り方>①団子の材料を合わせて捏ね、20~30個に丸めて鍋で茹でる

       ②団子が上に上がってきたら、2~3分そのままゆでて、

        ザルに上げ、水にさらしてしめる

       ③みたらしあんを作る

         あんの材料を小鍋に入れ、とろみが出るまで木べらで混ぜながら、

         ゆっくり火にかける



 甘酒がなければ、お水をリンゴジュースにかえても。

(なかやでは、おやつの甘味として使うのは、甘酒かりんごかドライフルーツのいずれかです)

もちろんお好みの甘味料でも構いません。



 雨だったので、串を竹やぶまで取りに行くのを、私がめんどくさがったため、

写真のようになりましたが、

いざ食べる時になって、子ども達が走って取ってきてくれました。

「みたらし団子なんだからさ。」と。

やっぱり見た目は重要、ですネ。

         
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪




PPPPPPPPPPPPPP

暮らしのひとコマ

雨が続いて、暇になってきた子ども達。

夜ごはんを作りたいと言ってきました。

そこで、3人で何にしたいか考えて、と言ったら

Imgp2267

おやきを作ることになりました。

今回は、具から自分たちで考えて、自分たちで作り始めました。

色々思いついたけど、最終的に相談して、

蒸したじゃが芋&玉ねぎソテーと、かぼちゃになりました。

メインが芋系に片寄ったため、私は具沢山スープを作ってバランスをはかりました。

Imgp2274

 雨で寒い日は、ストーブの部屋に6人ごちゃごちゃと過ごしていて、

さらに天井のそこここには、洗濯物が吊り下げられており、

片付けたとしても(!)、すぐゴッチャゴチャになります。

兄弟げんかも勃発することが多かったこの日、

最後はおやき作りで意気投合。

楽しかったし、とっても美味しかったです。

2011年3月 1日 (火)

えのきのケチャ味おやき

 おやきというと、普段は味噌味かしょうゆ味にすることが多いのですが、

今回はたまたま 夏に作っておいたトマトソースの封を開けたものが余っていたので、

えのきとあわせて、具にしてみました。



 これが、とってもアタリでした。(◎´∀`)ノ

えのきのお汁が片栗粉のおかげでとろんとしているのもいいし、

えのきとトマト味もとってもあって、美味しいかったです。

できたてのアツアツを食べたのも、よかったのかな。




 今度は、他のキノコたちでも試してみたいなと思いました。

Imgp2194

<材料>お焼き6個分

      えのきだけ        100g                        地粉       3/4C

      トマトソース        大さじ3          全粒粉      1/4C

      塩              小さじ1/2         水         1/2C

      片栗粉           小さじ1              塩         小さじ1/2                                                                                  

<作り方>①地粉、塩、水を合わせて捏ねて、10分ほど寝かしておく

       ②えのきの根元を除いて、4等分にして、トマトソースと塩を加える

       ③1と2をそれぞれ6等分して、1の生地を綿棒でのばして具を包み、15分蒸す



 トマトソースはケチャップで代用できると思います。その場合は塩は要らないと思います。

 お焼きの色がピンクなのは、全粒粉が入っているためです。

全粒粉を入れない場合は、水分を少し減らし目で捏ねてください。

         
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪







LLLLLLLLLLLLLL

暮らしのひとコマ

 かまどの火のつきが悪くなってきたので、

そろそろ煙突掃除をしないとなあと思い立ち、

Imgp2200

なかやの煙突掃除屋さん、Fu(11歳)にお願いしました。

Fuが屋根に上って、そこからブラシを入れ、

私は下からススをかきだします。



 煙突掃除を終えた後のかまどは、火がゴーゴー燃えて、とっても気持ちよく使えます。

Fu、いつもありがとう。

      

2011年2月27日 (日)

コクUP☆甘酒ナッツ・ココアケーキ

 以前作ったココアムースケーキが美味しかったので、アレンジを加えて作りました。

今回は家族用ではなくてオーダーメイドなので、

ナッツとオートミールを加え、オイルも入れて、リッチテイストに。



 さすがに、濃厚満足味 ( ̄ー+ ̄)

小麦フリーのオーダーだったので、ぽんせんをくだいたものをトッピングしました。



 最近小麦フリーのおやつを作っていたのは、このオーダーのためでもありました。

感想を聞いたら、

「今まで食べたナチュラル系おやつの中で、3本の指に入る!」

などと絶賛して頂いた、お薦めおやつです。

Imgp1163

<材料>甘酒         350g

      ココア        大さじ3

      菜種油        大さじ1

      ナッツ        1/2C

              オートミール    1/2C

              塩          1/4C

      寒天パウダー    2g

             ぽんせん      1枚       塩と玄米が原料のぽんせんを使いました

<作り方>①ポンセン以外の材料を混ぜて、15cm角型に入れ、10分蒸す

       ②ポンセンを砕いてトッピングして、冷めたらそっと型からはずす



しっかりさめてから、型からはずしてくださいね。

ナッツは、くるみ、ピーナッツ、アーモンドなど、お好みのものをどうぞ!

         
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪



YYYYYYYYYYYYY

暮らしのひとコマ

 急に子ども達の間でコマまわしが流行り始めました。

埼玉にいる従兄弟、Sくん(8歳)がコマにハマっているらしく、

千葉旅の行きにSくんと会ってきたFuが、影響されたらしいのです。

Imgp2134

 はじめは、Sくんと同じく、うちにあった普通のひもコマのワザを磨いていたのですが、

じきにそれぞれ作り始めました。 

 Wac(8歳)が作ったのは、大小丸く切った板を張り合わせて、

ワイヤーで周りを重くしたもの。本をみて作りました。

遠心力を使った豪快なコマです。ぶんぶん音をたてて回ります。

 ただ、これは中心軸が少しでもずれると、ブレることがわかり、

今回作った以上に精巧に作らないと、納得いくモノができないことを学んだようです。

Imgp2141

 Fu(11歳)が作ったのは、ダンボールを張り合わせて、木の棒を削って柄にしたもの。

Wacよりイージーなものを作りましたが、

Imgp2149

シンプルな作りながら、結構回ります。

Imgp2150

そして、かなり、得意気です。ヽ(*≧ε≦*)φ


 Jir(6歳)は、糸ゴマがまわせるようになってきて、練習を重ねています。

急に、朝から晩までコマに興じるようになった3兄弟。

ダンボールのコマは、サイズをかえてどんどん作るので、

家の中は今ダンボールの切りくずだらけです。(*^-^)

2011年2月24日 (木)

煮りんご入りのあま~いポテト

 次の収穫までのあいだもつようにストックしているじゃがいもが、

春を感じて芽を出し始めました。

芽が出たじゃがいもは嫌われがちですが、

じゃがいもは、芽が出るころが一番糖度が上がって美味しいそうです。




 芽はほっておくと、じゃがいもの中に食い込んで、新たな生命活動にむかうので、

時々蔵からじゃがいもをしまっている箱ごとだして、一斉に芽かきをします。

始めた頃はまだ寒く、数が多いので3時間くらいはかかってしまう仕事ですが、

だんだん食べて減っていって、ラクな作業になります。




 さて、そんなじゃがいもと、作っておいたノンシュガーの煮りんごジャムが残っていたので、

おやつを作ることに。(◎´∀`)ノ

 煮りんごのおやつは、粉物で作りがちですが、

量も少ないし、増量もかねて、イモとあわせることになったのです。




 ふだん食べているじゃがいもは、おイモの甘さレベルなので、

普通の蒸ジャガが出てきたと思った子ども達はちょっと驚いた様子。そして好評でした。




 ごはん時のおかずにしても、春巻きに巻いたり、パイなどに入れても美味しそうです。


Imgp2064

<材料>じゃがいも           300g

      りんご             1/2個

      塩                少々

      豆乳               大さじ1

      レモン汁            1/4個分

<作り方>①リンゴを8等分サイズに縦切りにして、幅1cm程度に切り、

        塩を振って小鍋でじっくり蒸煮する。

        りんごが柔らかく透明になったら、フタをあけて水分をとばす

       ②①の間にじゃがいもを蒸して、皮をむき、リンゴと同じくらいのサイズに切る

       ③①と②をあわせ、レモンと豆乳をかける



 たまたまあったので入れましたが、

レモンや豆乳を入れなくても、とっても美味しいです。


 煮リンゴは、はじめ焦げないか心配になると思いますが、

弱火でじっくり作ると、だんだん塩のおかげで水分が出てきます。

私は余ったもので作りましたが、使った量からだいたいの目安でレシピに加えました。

量が多いほうが作りやすいです。




にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪



UUUUUUUUU

暮らしのひとコマ

 昨日はなかやで醤油搾り。

Imgp2102

大きな釜と兄妹背比べ。

yanyan(2歳)の背が、真横に立つと釜とちょうど同じくらいでした。


 温かかったこの日、yanyanは突如脱ぎだして裸になり、

家の前の池巣(この間まで凍っていた)に、おしりまで入りました。

やっぱり冷たかったらしく、速攻で出てきましたけど・・・(*^-^)

より以前の記事一覧