フォト
2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« ゴマ油風味♪大麦とエゴマ葉の醤油あえ | トップページ | ラッキョウ »

2010年6月15日 (火)

ひき割り大豆の梅肉味噌

「大豆」。私の中で好きな食材の上位にいます。

特に収穫直後の秋の新物は美味しいですねえ。

私以外の家族もみんな大豆が大好きです。

大豆のエラさを語り始めたら止まりません。

まず、どんなジャンルの料理にでも合ってしまいます。

和風はもちろん、洋風なトマト味も、中華味も、ピリカラも、カレー味もOK。

さらに、ゆでても、煮ても、炒めても、揚げても、炒っても、イケますし、

シチューに入れても、お焼きにいれても、御餅にいれてもご飯と炊いてもGOOD.

豆腐や厚揚げなどの加工品もおいしいし、醤油やお味噌は料理する上で必需品。

こんな豆、なかなかないと思います。ああ、日本人でよかった。大豆知っててよかった。

 さて、大豆への熱い思いは置いておいて、我が家では、しっかり柔らかく煮込まず、

枝豆程度の硬さになるようにゆでた豆をよく食べます。

柔らかく炊くのも美味しいですが、大豆のクセが強くなってそれが苦手な方もいらっしゃる様子。

枝豆程度の硬さにとどめておくと、大豆の甘味も満喫できるし、苦手な方もお箸が進むようです。

ゆでた豆をそのまま醤油に浸して食べるほか、

炒めたり、揚げたり、豆乳とおからにしたり、いろんな食べ方をします。

今回ご紹介するのは、ゆでた大豆をフードプロセッサーで粉砕する食べ方。

味のからみが早い上、硬めゆでなので、歯ごたえが残っているのがミソです。

 料理としては簡単。

大豆を戻さずに煮戻して5分、放置すること20分、それをフードプロセッサーで粉砕するだけ。

フードプロセッサーがない方は、包丁であらみじんでもOKですよ。

長くなりましたが、レシピです。

Dsc00009

<材料>ゆで大豆     1C

      味噌        大さじ1

      梅肉        大さじ1

      レタス       1/2玉

<作り方>①レタス以外の材料をフードプロセッサーで粉砕・ミックスする

       ②レタスをちぎって皿にもり、その上に①をのせる

 ゆで大豆の作りおきがあれば、あっという間にできます。

梅干×味噌って、なんだか塩辛い×塩辛いで濃い味を連想しますが、

梅干のすっぱさが味噌で緩和されます。塩の濃さは意外と感じません。

我が家ではtokiが梅肉あえ苦手派なのですが、これならおいしく食べられるそうです。

 成育真っ盛りのレタスがさわやかで、夏向けな感じになりました。

ノンオイルなのに大豆のおかげでボリューム感があります。

これだけでも満足なおいしさなのですが、

今回は遊び心で最近元気に根を広げているブラックペパーミントを加えてみました。

フードプロセッサーで適量合わせただけですが、これがまたさわやかでいい感じでした。

子ども達は今回もバク食いでした。

 写真のバックは咲き始めたイングリッシュラベンダーです。

« ゴマ油風味♪大麦とエゴマ葉の醤油あえ | トップページ | ラッキョウ »

豆類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1372364/35258428

この記事へのトラックバック一覧です: ひき割り大豆の梅肉味噌:

« ゴマ油風味♪大麦とエゴマ葉の醤油あえ | トップページ | ラッキョウ »