フォト
2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 30分で即席カレー | トップページ | ジャガ人参のお団子 »

2010年7月 3日 (土)

いつものコーヤでオープンサンド

 だんだん暑くなってきて、昼間に火を使うのが、おっくうになってきましたね。

うちの場合、畑作業が佳境に入っており、お昼はお弁当であちこちの田畑で食べるのが

日常になっています。

 今日は、8日目を迎えた麦刈りの最終日(目標)ということで、

ちょっと見た目おしゃれなお昼ご飯にしたくて、朝から仕込んでみました。

といっても、作り方は簡単。

ごはんを炊くのに合わせて、きびと豆を炊いてしまうのであとはさっと火を通すだけ。

Imgp8101

<材料>もちきび   1/2C        ☆

             ひよこ豆   1/4C        ☆

      水       1/4C        ☆    

      塩       小さじ1/4     ☆

      コーヤ豆腐  2枚    

      醤油      大さじ1

      味噌      大さじ1

      ピーマン    1個      軽く湯通しして、小さめに切る

<作り方>①ご飯を炊くのに合わせて、☆マークを1つの器(マグカップ)に入れて

         ごはんを炊く鍋の中に入れて、そのままご飯をたく

       ②コーヤ豆腐は袋の基準で戻して、醤油と味噌で煮ふくめる

       ③②のコーヤを3cm×3cm、厚さ5mmを目安に切り

         その上に①とピーマンをのせる

今回コーヤ豆腐は醤油と味噌を使いましたが、

普段の煮しめ味付けで全く問題ありません。

実は我が家の場合は、この量では少なすぎて、倍量作りました。

煮含める時は、煮汁がなくなるまで根気よく見てあげるのがポイントです。

焦がす手前で火を止めます。

水分が多すぎた場合は、もう1つコーヤを増やしてしまうというのも手。

水分が多すぎるよりも、きちっと煮しまった方が、その後の料理も味もイイ感じになります。

コーヤの弾力がありながらも柔らかい歯ごたえと、固めに煮たひよこ豆とむちっとしたキビが

いいバランスに仕上がりました。

初収穫のピーマンが少しながら、いい味を出してくれています。

この水加減、私は平和の圧力鍋でご飯を炊いているので、

それが基準になりますが、電気ジャーではどうなるのでしょうか、

興味深いところです。実験した方、ぜひ教えて下さいね。

« 30分で即席カレー | トップページ | ジャガ人参のお団子 »

乾物・海草」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1372364/35649095

この記事へのトラックバック一覧です: いつものコーヤでオープンサンド:

« 30分で即席カレー | トップページ | ジャガ人参のお団子 »