フォト
2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« イヌビユのおひたし | トップページ | バジルのあっさり塩味スープ »

2010年7月19日 (月)

しょうがにんにく漬けダレ

 昔からこの辺りの畑は、ネギ科の栽培にあまり向いていないとか。

確かに、ここに移住してくる前に埼玉でネギを作っていたときは、なんの苦労もなく採れたのに、

こちらへ来てはじめの5年は失敗ばかり。ここ2年、土地に合う品種を見つけて、

少しずつ増やしているところ。



 そんなわけで、にんにくもなかなか難しく、収量が少ないです。

でも、これを作りたいために、毎年実験栽培をしながら、にんにくを育てています。

 結果今年も量的に少ないので、買うことに。

ちょうど旅先のJAで、形が悪かったり、カビはじめているものが安めになっているのを発見して、

買ってきました。


 
 悪くなっているのも多いので、早速皮むきです。

普段は、芽が出る前までに剥けば大丈夫です。

 うちのにんにくと合わせて皮をむいていると、子ども達のうち下の2人がよって来て、

手伝ってくれました。

自流(じりゅう 5歳)は去年も剥いた事を覚えていました。今年は笑穫の指導もしてくれます。

笑穫(えがく 2歳)も小さい指で、意外と上手にむいてくれました。

Imgp8265

むき終わりました。(o^-^o)

Imgp8266

これを瓶につめて、醤油をひたひたに入れます。

今年は生姜がいい感じに育っているので、このままで生姜の収穫を待ちます。

Imgp8276 



 すぐ作る場合の作り方です。

生姜をニンニクの量の1/5から1/6量準備して、

醤油漬けにしたにんにくといっしょにミキサーで粉砕。



 これでできあがりです。

このまま私は常温で保存して、1年中小瓶にうつして使っています。

夏は多少発酵するので、瓶のふたに気をくばっています。

(醤油も手作りなせいで、発酵するのかもしれません)

Imgp8275

にんにくや生姜を使いたい時に、これなら皮を剥いたり、すりおろしたりする手間なく、

さっと使えるので便利です。

« イヌビユのおひたし | トップページ | バジルのあっさり塩味スープ »

保存食・漬物」カテゴリの記事

ディップ・トッピング・たれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1372364/35751938

この記事へのトラックバック一覧です: しょうがにんにく漬けダレ:

« イヌビユのおひたし | トップページ | バジルのあっさり塩味スープ »