フォト
2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 鉄板焼きのたれ | トップページ | しそきゅうりの雑穀プチ手巻き »

2010年7月11日 (日)

ふかし芋×ごはん*きなこのおはぎ

 なかやの暮らしは、家族みんなで支えあう共同生活。

だから子ども達にもそれぞれ役割があって、できることをやってもらっています。

お手伝いというより、任せられた仕事というイメージ。

 かまど料理の難点は、なんでもすぐ黒くすすけてしまい、劣化も早いこと。

特に、木や竹で作った道具は、随時更新が必要です。

 菜箸作りの役割を担ってくれるのは、湧ちゃん(わく 8歳)。

日々使うものだから、こちらもあれこれ注文をつけてしまいますが、そのたびに

「へーい!わかりやした!」と明るく対応してくれます。

昨日は畑から台所に戻ってきたら、さりげなく数組作ったものが、置いてありました。

「なつ~~~、できたよ~~~ヽ(´▽`)/」のアピールなく置いておくあたり、職人を感じます。

Imgp8159

 おかえしに、かわいいおやつを。

子ども達の大好きなきなこを使った簡単レシピです。

Imgp8165

<材料>ごはん         2膳分

      レーズン        大さじ2  荒刻み

      きなこ         適量

      塩           適量

      蒸したじゃがいも  2個      つぶしておく  (なくてもOK)

<作り方>①ごはんとじゃがいも、刻んだレーズンを手でねり混ぜておく

      ②手塩をつけて、団子状に握る

      ③きなこを転がしまぶしつける


 幼少のころは、おにぎりでも充分おやつとして満足してくれましたが、

最近はそういうわけには参りません。

でも、これならニコニコ大満足。

 じゃがいもはお昼の残りを使っただけで、なくても大丈夫です。

おにぎりのように手塩をつけることで、味にしまりがでます。

きなこのほんのりした甘味がうれしく、

レーズンを発見してさらに喜ぶ子ども達でありました。

 となりに添えたのは、きゅうりのぬか漬け。

我が家では、この季節になると、ぬか漬けが常備菜になります。

« 鉄板焼きのたれ | トップページ | しそきゅうりの雑穀プチ手巻き »

自然派おやつ(かまど)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1372364/35692599

この記事へのトラックバック一覧です: ふかし芋×ごはん*きなこのおはぎ:

« 鉄板焼きのたれ | トップページ | しそきゅうりの雑穀プチ手巻き »