フォト
2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 生姜のピリリと秋みょうがの利いた 炒り豆の浸し豆 | トップページ | 柿と山くるみのゆべし »

2010年10月15日 (金)

ささがき牛蒡と山椒ゴマのソース

 冬に蔵で保存して食べていた時以来の牛蒡です。半年ぶり近いです。(* ̄ー ̄*)




 実は毎年牛蒡栽培には苦戦しています。

育て方がヘタなのか、種が違うのか、土質が合わないのか、天候のせいなのか・・・?

8年前埼玉に住んでいた頃の畑では、毎年立派に育っていたのに・・・・。

 でも牛蒡は家族で大好きなので、食べないで冬を過ごすなんて、絶対悲しすぎマス。

そこで、県内産旬の牛蒡が大袋で出回るのを待って、

昨日ついに購入しました~♪





 まずはシンプルに久しぶりの牛蒡の味を味わいます。

今回は、採れたての山椒を使って、お気に入りの美味しいソースをかけて頂きました。

Imgp9875_2

<材料>牛蒡      1本                ささがき

      醤油      小さじ1

      水        1/2C

      (山椒ゴマのソース) 

        醤油    大さじ3

        お酢    大さじ2

        ごま    大さじ2           

        山椒    6粒分  (粉を少々)

        あさつき  みじん切り  大さじ3    あるネギ科ならなんでもOK 

<作り方>①牛蒡を皮付きのまま水にさらさずにささがきにして、 

        醤油と水を入れた鍋でやわらかくなるまでじっくり蒸し煮する(20分~30分)

       ②たれを作る

         ゴマと山椒をミルか、すり鉢ですって粉にする

         他の調味料を合わせる

       ③牛蒡にたれをかける



 水にさらさないで、皮をむかないことで、牛蒡の味が薄まらずに、丸ごといただけます。

じっくり煮ることで、牛蒡の甘さがさらにUP。ダシいらずの深い味わいです。

こんな時、切干大根の戻し汁が余っていたら使うと、さらに甘さが増します。



たれが濃厚なので、ノンオイルでもとっても満足な味。

新鮮な山椒も美味しく頂きました。



 次はキンピラがイイ! チャーハンに入れてほしい!ヽ(*≧ε≦*)φ

子ども達も牛蒡を待っていたみたいで、とっても喜んで食べました。



牛蒡のささがきには、よく研いだ包丁が必須。

切れなくなってきていたところだったので、前夜ピンピンに研いで、

おかげで気持ちよく台所仕事ができました。




::::::::::::::::::::

畑のひとコマ


さつまいも掘りをしました。

苗を入れた時期に雨がふらず、9月に入っての残暑、

さらに隣に育てていたシモササゲ(いんげん豆)が支柱もろとも倒伏してくる、など、

数々の試練の中、株間が広かったのが幸いしてか、予想を上回る収穫でした。

 Imgp9883       

兄達が掘りあげたおいもをせっせと運ぶ役をさずかったE-yan(2歳)

実は堀上げ時のオジャマ虫を遠ざけるための、兄達の苦肉の策らしかったのですが、

はりきってコンテナ(箱)と畝を往復していました。

 Imgp9882         

« 生姜のピリリと秋みょうがの利いた 炒り豆の浸し豆 | トップページ | 柿と山くるみのゆべし »

根のもの」カテゴリの記事

ディップ・トッピング・たれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1372364/37224910

この記事へのトラックバック一覧です: ささがき牛蒡と山椒ゴマのソース:

« 生姜のピリリと秋みょうがの利いた 炒り豆の浸し豆 | トップページ | 柿と山くるみのゆべし »