フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 青菜の浅漬け | トップページ | バター&砂糖フリーの甘じょっぱい車麩ラスク »

2010年10月 5日 (火)

今しか食べられない旬の贅沢おかず 栗炒め

 鹿が鳴き始めました。

 シイタケが採れ始めました。

 キンモクセイが香るようになりました。

子ども達も、かまきりが卵を産み始めたとか、つばめを見なくなってきた、

かやの実が落ちるようになってきた、などと話してくれ、それぞれ秋を感じているようです。




 毎日畑では、これでもか!と蒔きなおし続けた大根の間引き菜が、

そのツケで、じゃんじゃん採れています。(*^-^)

初めは久々の味に喜んでいた子ども達も、やや飽きてきたかしら?

例年なら小松菜やかぶ菜が平行して採れるのに、今年は遅れているから、

食卓にのぼる葉野菜といえば、終わりに近づいたモロヘイヤか大根葉・・・



こんな時は、組み合わせで喜んでいただくしかナイ!

ということで、豪華に炒め物にむいた栗を入れます。

なかやでは結構出してきたおかずですが、いつもみなさん喜んでくださっていました。



 素直な子ども達は「やった~♪ 栗炒めだ!」

もちろん大根葉でなくても、どんな葉でもあいます。

栗のおかげで、ふつうの葉野菜の炒め物が豪華なおかずに大変身。

今年もお山の幸にありがとう。

Imgp9755

<材料>むき栗        25個前後

      水           1C

      葉野菜        1束          ざく切り

      玉ねぎ        1個          薄くスライス

      生姜         ひと片        すりおろす

      しょうゆ        大さじ1~      葉野菜の量によって加減

      ごま油         小さじ1

      水溶き片栗粉    片栗粉大さじ1 + 水 大さじ1~2を混ぜておく

<作り方>①むき栗と水を鍋に入れて、コトコト10分ほど煮る

       ②ちょうどよい固さになったら醤油を加え、フタをあけて煮きる

       ③玉ねぎ、生姜、葉野菜を炒めて、色がかわったら、栗を加えて全体をからめ

         水溶き片栗粉を入れてあんかけにする。





 栗の煮加減、柔らかさは好みに合わせてくださいね。

あまり柔らかくすると、煮崩れてしまうので、注意してください。




 水溶き片栗粉の水の量は、葉野菜から出た水分によって多めか少なめか決めてください。

大根葉はちょっとパサッとするので、あんかけにしていますが、

柔らかい葉野菜であれば、あんかけにしなくても炒めるだけで美味しいです。



 

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

暮らしのひとコマ



 暖かいうちに、といっても雨の日に、廃油を使って石鹸作り。

油と苛性ソーダとごはんとお湯を混ぜて10分ぐるぐる。その繰り返し。

1ヶ月くらいで3~4ヶ月分の石鹸ができます。



 作り始めは苛性ソーダの反応が危険なのですが、

だんだんお湯をたしていくうちに、子ども達も混ぜ係ができるようになります。 

Imgp9689

« 青菜の浅漬け | トップページ | バター&砂糖フリーの甘じょっぱい車麩ラスク »

葉のもの」カテゴリの記事

イモ類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1372364/36947377

この記事へのトラックバック一覧です: 今しか食べられない旬の贅沢おかず 栗炒め:

« 青菜の浅漬け | トップページ | バター&砂糖フリーの甘じょっぱい車麩ラスク »