フォト
2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« コレッてお肉?な軸の唐揚げ | トップページ | 食べやすいのが魅力♪ 根菜葉の照り煮 »

2010年11月 8日 (月)

もちきび茹で団子の青菜あん寄せ

 雑穀を育てていながら、今までどうしてこの食べ方をしてこなかったのかなあと、

不思議に思うくらい、美味しかったです。

しかも作り方は簡単で、もちきびさえあれば、少ない材料でできます♪

Imgp9908

<材料>2~3人分程度

      「もちきび団子}

       もちきび    1/4C         

        (初めて炊く方は、雑穀のカテゴリの初めを参照にしてください。)                   

             地粉       1/4C

              塩         一つまみ 

        人参       小さめ1/4

      「青菜あん」 

       青菜      1/2束        小松菜系の菜っ葉

       茹で水     適量

       醤油      小さじ1       好みで加減

       葛粉      小さじ1       倍量の水で溶く・・・・・・片栗粉でもOK

       しょうが    すりおろし少々

<作り方>①炊いたもちきびを、団子の他の材料と混ぜて、ゆがく

          ゆがいたお汁は、捨てずにお味噌汁などで、再利用もできます。

      ②青菜あんを作る

          茹で水を鍋底1センチくらい入れて沸騰させ、青菜と醤油を入れる

          色がかわったら、水溶き葛と生姜を入れてぽってりするまで混ぜる

      ③お団子にあんをのせて、暖かいうちにいただく






 まずお団子の甘味に驚きました。

穀類の甘さがしっかり感じられて、お餅みたい。

ゆでているので、焼いたり揚げたりするより、しっとりやわらか。

お雑煮のお餅を思い出しました。

そして、生姜の効いた、シンプルな青菜あんの美味しいこと。

冬の入り口の菜っ葉は、霜にあたって、特に茎の部分が甘いんです。




 残念なことに、これは留守番隊だった私と下の2人の子しか食べていません。

また作らないと・・・( ̄ー+ ̄)


 


BBBBBBBBBBB

暮らしのひとコマ


 足踏み脱穀機の音が響くようになると、

秋も深まったなあと思います。

 我が家では、エゴマと大豆の脱穀に使っています。

 

Imgp9895

まず回転させておいて

Imgp9897_2       

 足で踏んで、回転をあげて、枝を入れて実を採っていきます。

木の棒で叩くのに比べれば、とっても速くに脱穀できます。

コレを発明したヒトって、エライです。

 我が家では、この道具を2台並べて、1台子ども達、もう一台をtokiが踏みます。

あんなにあったエゴマが、子ども達もはりきってくれて、1日半で終わりました。



 これで、干し場が空いたので、いよいよ大豆の収穫が始まります。     

« コレッてお肉?な軸の唐揚げ | トップページ | 食べやすいのが魅力♪ 根菜葉の照り煮 »

葉のもの」カテゴリの記事

根のもの」カテゴリの記事

雑穀・粉もの」カテゴリの記事

コメント

こんばんは☆apple

雑穀のカテゴリー見て、感動です!
今日はこの記事に興味津々でした!
私もきび、でおだんごを作った事がありますが、
和菓子っぽくしか作った事がなく、これは立派なおかずになるますね!
おだんご系の食べ物、例えば、すいとんなどが好きで、
母に(今時の若い人にしては。本当はそんなに若くないのですが。。)
珍しいね!っていわれるくらいの素朴な味が大好きなんです。

だから絶対私、コレ、好きだと思います。試してみますね☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1372364/37569498

この記事へのトラックバック一覧です: もちきび茹で団子の青菜あん寄せ:

« コレッてお肉?な軸の唐揚げ | トップページ | 食べやすいのが魅力♪ 根菜葉の照り煮 »