フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ピーナッツバターでスイートポテト | トップページ | 卵・小麦フリーのだし巻き風 »

2010年11月18日 (木)

牛蒡とキノコ軸の韓国味そぼろ

 根っこが細い牛蒡。

うっかりすると細いところが干物のようになって使いづらくなってしまいますよね。

 なので、私は大抵根っこの細いところを先に使ってしまいます。



今回はそんな牛蒡の根の細いところを使ったレシピ。

私は野菜の皮を剥かないので、

トントン切るだけで、牛蒡のみじん切りがあっという間に出来てしまってうれしかったです。

もちろん、細いところでなくても、同じような料理になりますので、

このためにわざわざ細い牛蒡を探さなくても大丈夫 ♪




 さらにきのこの軸、今回はなめこがたくさんとれるので、その軸を使いました。

なめこに軸??って思われると思いますが、

原木栽培で、うっかりするとすぐジャンボになるナメコの軸は、平均3センチはあるのです。

 きのこの軸って捨てられがちですが、しっかり火が通って味がしみていれば、

弾力があって、とって美味しく頂けます。

こちらも、なめこの軸でなくて、椎茸の軸でOKです。



 今回は、この2つを使って炊いておいた大麦と合わせて、韓国味のそぼろに。

これを、なににかけようかな~~、と思ったときに

キャベツと目があいました。

レタス巻きのイメージで、でもキャベツだし、細かく千切りに・・




 これがとってもヒット ヽ(*≧ε≦*)φ

想像以上によく合いました。

キャベツ丸ごと一個が、あっという間に消えました。




 長くなりましたがレシピです。

Imgp0035

<材料>牛蒡               100g          5㎜サイズ              

      ねぎ                1本           5㎜サイズ

      丸麦               炊いたもの1C    はと麦や、そばの実でも  

             きのこの軸           5個分以上      あるだけ5㎜サイズ

      生姜にんにく漬けたれ     大さじ2         

               (醤油大さじ1・にんにく1片・生姜すりおろし1片でもOK)

      ごま油              小さじ1

      醤油                     調整用 お好みで

      一味               お好みで                コチジャンでも 

      キャベツ                  小1個          千切り    

            塩                       小さじ1 

<作り方>①鍋にごま油をたらして、牛蒡を良い香りがするまで炒め

         キノコの軸、ネギ、漬けたれを加えて炒め、大麦を加える

       ②水1/4Cを入れて、フタをしてコトコト10分ほど蒸し煮する

       ③千切りにしたキャベツを塩もみして、水を切ってお皿にもり、

         ②の味をみて、醤油で調整、お好みで辛味を加えて、上からかける




 牛蒡は水にさらさず、皮も剥かずに、炒めてアクを甘味にかえます。

マクロビ流のこの方法で、牛蒡がとっても甘くて美味しく頂けます。

 炒めているうちに、香ばしい香りがしてきますが、なかなかそうならない場合は、

梅酢をひとたらしすると、中和されてアクが抜けます。

梅酢を加えることで、牛蒡に若干酸味がつきますので、

その後の味付けを考えて加えてみてくださいね。


BBBBBBBBBBB



 最近このブログを見に来てくださる方が増えてきていて、とってもうれしいです。

頂くコメントや、個メール、とても励みになっています。

ありがとうございます。



 「初めてこられた方へ」というカテゴリー(ブログ右端)でも書いていることと重なりますが、

読んでいない方もいらっしゃると思うので、

私のレシピについて、一言書かせて頂きます。



 実は、このブログを書き始めるまで、私は料理で計って作ることはほとんどありませんでした。

レシピを記録するのに計るようになったのですが、

味付けはその時々の体調で身体が求める味や、好みがあると思いますし、

使う素材によっても、合う塩分量が違う気がします。



 私が使う野菜でいえば、採れたて新鮮な場合もあるし、

蔵で数ヶ月保存したものもあります。

保存期間によって、野菜に含まれる水分量などは、随分変わっていると思います。

なので、野菜の重さをはかって、調味料をはかったものを書いても、

保存状態が違う素材を使うだけでも、味は変ってくるだろうなあと思うのです。



 使う調味料でも、かわってくると思います。

塩などは特に、精製塩とミネラル豊富な塩を比べれば、随分感じるからさが違います。

うちでは、野菜、乾物他、醤油、味噌、お酢、梅酢、梅干など、調味料も手作りなので、

その違いも出てくると思います。



 そして、私としては○○がお薦め、というよりも、

ご自分で好きな調味料や食材を使ってもらえばいいと思います。



 なので、私のレシピを活用していただく場合は、

ぴったりその通りの分量で作るよりも、

ご自身の舌で美味しく感じるように、作ってくださいね。

頼りないレシピだなあ (*^-^) と思われるかもしれませんが、

こんな取り合わせもアリか・・という風に、ざっくりと見てくれたら、

あとはそれぞれアレンジしていただければ、と思っています。



 

                  

« ピーナッツバターでスイートポテト | トップページ | 卵・小麦フリーのだし巻き風 »

葉のもの」カテゴリの記事

根のもの」カテゴリの記事

雑穀・粉もの」カテゴリの記事

キノコ類」カテゴリの記事

ネギ科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1372364/37687236

この記事へのトラックバック一覧です: 牛蒡とキノコ軸の韓国味そぼろ:

« ピーナッツバターでスイートポテト | トップページ | 卵・小麦フリーのだし巻き風 »