フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 食べやすいのが魅力♪ 根菜葉の照り煮 | トップページ | 海と山と里の幸  なめことアオサのみぞれ和え »

2010年11月10日 (水)

煮りんご&かぼちゃマッシュのクリスプ

 おかずのために作ったじゃがいもやかぼちゃのマッシュがちょっとあったり、

炒り貯めておいた豆や雑穀のストックがあったり、

残り火がちょっとあった時に、食事の合間にささっと作っちゃう、

なかやの簡単おやつ。


 かぼちゃの甘味がちょっと足りないと思ったときは、リンゴをいっしょに煮ると

甘くておやつにぴったりのかぼちゃのマッシュができます。

Imgp9916

<材料>かぼちゃ      1/2個

      りんご        1/2個

      塩          一つまみ

      好みのナッツ    合わせて1/2C    ひまわりとかぼちゃのタネを使いました

                               他、くるみ、アーモンド、ピーナッツなど

             オートミール     1/4C

             ポンセン       丸型1個        糖類の入っていないものを使いました

      菜種油        小さじ1

      シナモン       小さじ1(好みで加減)

      塩           小さじ1/4                ナッツに塩分が含まれる場合は加減

<作り方>①かぼちゃと林檎をいっしょに蒸して、一つまみの塩とマッシュする。

       ②ナッツとオートミールを油で炒め、香りがたったら、ポンセンを砕いたものを入れる

       ③火からおろして、シナモンを加え、塩加減を調整する

       ④①の上に③をのせる




 私が使ったナッツは、塩分が入っていないものでした。

ナッツによって、塩分や油分が加えて加工されているので、塩加減は味見で決めてくださいね。




 「子どものおやつをいつも手作りなんて・・・」

といわれることもありますが、

私の場合は、大して手間はかけていないものが多いです。

特に農繁期は作る時間がないので、さらに簡単になります。



 大人にとっては、さっき昼ごはん食べたばかりじゃない!と思いますが、

子ども達にとっては、おやつの時間はとっても大事らしく、

口には出さなくても、毎日「今日のおやつはなんだろう?」と思っている雰囲気です。

そして、なにか特別なおやつを求めているのでもなくて、

トマト丸ごとでも、さつま芋一本蒸したままでもニコニコしてくれるので、助かります。

(丸ごと好きなのもあるかも)

 

 特別におしゃれじゃなくても、濃厚じゃなくても、

おかずや主食の延長のイメージで、

まずは成長期の腹が満たされるコト、さらに「おかず」じゃなくて、これはおやつ!

と思えるフンイキが、それとなく漂っていればいいかな~と思って作っています。



 



 

##########

暮らしのひとコマ

 エゴマの脱穀のあとの、大豆の収穫の前に、

シモササゲという地元種のいんげん豆の収穫がありました。

冬になると、とたんに陽が当たらなくなる谷間の畑で、

霜に当たり続けて枯れても乾燥できないでいる豆たちを救出。

 量が多いため、畑で実を採りきれないだろうと、蔓ごと運んで、とりあえず作業小屋へ。

Imgp9931

わっしょい、わっしょいと掛け声をかけながら運ぶ子ども達。

 昨日は、その山盛りの蔓と、家族で格闘。

今年は豆類不作の声をあちこちで聞きます。

確かに、まだ完熟前のものが、例年より多いように思いました。



 豆まで追熟しそうにないものから、鞘ごと順に食べていきます。

« 食べやすいのが魅力♪ 根菜葉の照り煮 | トップページ | 海と山と里の幸  なめことアオサのみぞれ和え »

イモ類」カテゴリの記事

自然派おやつ(かまど)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1372364/37569262

この記事へのトラックバック一覧です: 煮りんご&かぼちゃマッシュのクリスプ:

» しょうが湯を飲みました [BreakMyStriderder]
なかなかゆっくりできません [続きを読む]

« 食べやすいのが魅力♪ 根菜葉の照り煮 | トップページ | 海と山と里の幸  なめことアオサのみぞれ和え »