フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 香ばし♪牛蒡の味噌漬けの蒸し焼き | トップページ | 大ぶりサツマがごろごろ入った鬼饅頭 »

2010年12月11日 (土)

小豆のふりかけ

小豆がふりかけ??

さらなる小豆のレシピのリクエストを頂いていて、今回は変わり種です。


 別に小豆を炊く、という手間を除けば、お赤飯のように混ぜて炊かない利点はたくさん。

     かけたい人が、好きな量をかけられます。

     色んな味にアレンジできます。

     小豆の硬さをお好みに仕上げられます。

     かわっているので、目をひきます。

     お赤飯が苦手な人にも、食べやすいと好評です。

     おにぎりに混ぜれば、あっという間に華やかなお赤飯おにぎりになります。

ちょこっと炊いた小豆が余っている時などにも、さっと作れる一品です。



 今回はシンプルに塩味。磯の香りと小豆がとてもあって、美味しかったです。

Imgp0323_2

<材料>茹で小豆        1C

      干しワカメ        3g           細かく砕く 

      水             大さじ1

      えごま          大さじ1

      塩             小さじ1/2弱

<作り方>①干しワカメと水をフライパンに入れて、火にかけて、炒り戻す

       ②水分がとんだら、ゆで小豆と塩を加えて混ぜる。

       ③火をとめてフタをし、全体を蒸らしてからもう一度全体を混ぜてえごまを加える

 

 薄いワカメの場合は、袋にいれてもむと細かくなります。

ワカメが袋を突き破る場合があるので、

スパゲッティーが入っているような少し厚手の袋がお薦めです。

 私が最近使っている乾燥わかめは厚手なので、はさみで切ってから、ミルに数秒かけています。



 フタをして少し蒸らすことで、ワカメがきちんと戻り、フライパンの底にはりついたものも

取れやすくなります。(テフロンでは関係ないかもしれません)





 

 醤油や味噌味にすると、小豆が苦手な方は、さらに食べやすくなりますが、

うちの家族はこの小豆の味が好きなので、塩味で作る場合が多いです。

 青海苔は手軽で良いのですが、入れすぎると全体青海苔味になってしまうので、

最近私はこの方法でわかめをよく使っています。

よかったらお試し下さいね。




FFFFFFFFFFFFFF

 暮らしのひとコマ

Imgp0278

 Fu(11歳)は小さい頃からギターが大好きで、1年生のころには簡単なコードを覚えていました。

 作詞作曲することもありましたが、最近は好きな曲の歌詞をノートに書き写して、

何度も曲を聴いて、音を拾って、試しに弾いて、そのコードをノートに記入する、

という結構根気と時間のかかるコトを集中してやっています。

Imgp0090

 この方が、ホントのコードより、自分でひきやすいからいいのだとか。

上手に自分流に節をつけて、楽しそうに弾いてます。

« 香ばし♪牛蒡の味噌漬けの蒸し焼き | トップページ | 大ぶりサツマがごろごろ入った鬼饅頭 »

豆類」カテゴリの記事

乾物・海草」カテゴリの記事

ごはんのとも」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1372364/37929108

この記事へのトラックバック一覧です: 小豆のふりかけ:

« 香ばし♪牛蒡の味噌漬けの蒸し焼き | トップページ | 大ぶりサツマがごろごろ入った鬼饅頭 »