フォト
2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

ほうれん草で☆全粒粉のベシャメルソース・グラタン

 凍えるような寒さがなくなり、日中の陽射しも随分強くなってきました。(* ̄ー ̄*)

雨が数日おきに降るようになって、なかやの周りの春の草たちも、随分芽吹きはじめ、

温かい場所では、水仙の葉も地面からのぞき始めました。



 同時に、猪の活動も活発に。

先日、家の真裏のみょうが地帯を、見事に掘り返されてしまいました。(u_u。)ガッカリ・・

 落ち葉に埋もれる場所なのに、

移殖して数年すぎて、根が張り出したところを狙うなんて、

しかも、不在の日を狙っていらっしゃったとは   ヾ( ̄0 ̄;ノ


 何度もこういう目にあっているのに、毎回猪の賢さ、慎重さに驚きます。

猪、真に恐るべし・・・。




 地元の方から、ほうれん草をたくさん頂きました。(ありがとうございます ヽ(´▽`)/)

葉ものは、なかやにとってこの時期とっても貴重です。

年末に強い霜にやられて枯れてから、プチベールが育つ3月半ばごろまで、

新鮮な葉もの野菜は、例年食卓にのぼりません。

 頂いた中の一部で、以前から作ろうと思っていたグラタンを作ってみました。

Imgp2163

<材料>ほうれん草              1束

     (全粒粉のベシャメルソース)

      全粒粉                1/2C

      豆乳                                       300cc

      塩                                          小さじ1

      玉ねぎ                 1/2個(100g)

      菜種油                小さじ1

<作り方>①ほうれん草をさっとゆでて、刻み、オーブン皿に広げておく

       ②ベシャメルソースを作る

          玉ねぎをみじん切りにして、塩をふり、フライパンで透明になるまで炒める

          全粒粉を加えて、さらに2分ほど炒め、一度火からおろす

          ゆっくり木ベラでまぜながら、豆乳を加えていく

          再び火にかけ、木ベラでまぜながら、5分ほど煮る

       ③①の上に②を広げてかけて、石窯で10分焼く



 ベシャメルソース(ホワイトソース)って、

ダマにならないように作るのに

一度炒めた小麦粉を冷ましたり、手こずるイメージがありますが、

全粒粉100%で作ると、ダマも温度も気にせず、とっても簡単なことがわかりました。



 このソース、とっても美味しくて、

このままごはんにかけて食べても美味しそうな味でした。( ´艸`)

          

         
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪






JJJJJJJJjJJJJ

暮らしのひとコマ

 最近、かまどの薪がなくなるのを見つけると、

yanyan(2歳)が、持ってきてくれます。

自分のお仕事だと思っているみたいで、

ちょうど良いサイズを、ちゃんと選んできてくれます。

Imgp2175_3

 小さな腕に抱えて、何度も何度も往復して、箱一杯にしてくれ、終わると、

「ふ~、まき、やっといたからね!yanyanが。」と、

ちょっぴりお姉さん顔で言いおいて、また外へ飛び出して行くのも、微笑ましいところ。

2011年2月27日 (日)

コクUP☆甘酒ナッツ・ココアケーキ

 以前作ったココアムースケーキが美味しかったので、アレンジを加えて作りました。

今回は家族用ではなくてオーダーメイドなので、

ナッツとオートミールを加え、オイルも入れて、リッチテイストに。



 さすがに、濃厚満足味 ( ̄ー+ ̄)

小麦フリーのオーダーだったので、ぽんせんをくだいたものをトッピングしました。



 最近小麦フリーのおやつを作っていたのは、このオーダーのためでもありました。

感想を聞いたら、

「今まで食べたナチュラル系おやつの中で、3本の指に入る!」

などと絶賛して頂いた、お薦めおやつです。

Imgp1163

<材料>甘酒         350g

      ココア        大さじ3

      菜種油        大さじ1

      ナッツ        1/2C

              オートミール    1/2C

              塩          1/4C

      寒天パウダー    2g

             ぽんせん      1枚       塩と玄米が原料のぽんせんを使いました

<作り方>①ポンセン以外の材料を混ぜて、15cm角型に入れ、10分蒸す

       ②ポンセンを砕いてトッピングして、冷めたらそっと型からはずす



しっかりさめてから、型からはずしてくださいね。

ナッツは、くるみ、ピーナッツ、アーモンドなど、お好みのものをどうぞ!

         
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪



YYYYYYYYYYYYY

暮らしのひとコマ

 急に子ども達の間でコマまわしが流行り始めました。

埼玉にいる従兄弟、Sくん(8歳)がコマにハマっているらしく、

千葉旅の行きにSくんと会ってきたFuが、影響されたらしいのです。

Imgp2134

 はじめは、Sくんと同じく、うちにあった普通のひもコマのワザを磨いていたのですが、

じきにそれぞれ作り始めました。 

 Wac(8歳)が作ったのは、大小丸く切った板を張り合わせて、

ワイヤーで周りを重くしたもの。本をみて作りました。

遠心力を使った豪快なコマです。ぶんぶん音をたてて回ります。

 ただ、これは中心軸が少しでもずれると、ブレることがわかり、

今回作った以上に精巧に作らないと、納得いくモノができないことを学んだようです。

Imgp2141

 Fu(11歳)が作ったのは、ダンボールを張り合わせて、木の棒を削って柄にしたもの。

Wacよりイージーなものを作りましたが、

Imgp2149

シンプルな作りながら、結構回ります。

Imgp2150

そして、かなり、得意気です。ヽ(*≧ε≦*)φ


 Jir(6歳)は、糸ゴマがまわせるようになってきて、練習を重ねています。

急に、朝から晩までコマに興じるようになった3兄弟。

ダンボールのコマは、サイズをかえてどんどん作るので、

家の中は今ダンボールの切りくずだらけです。(*^-^)

2011年2月26日 (土)

さわやか☆大根のゆず炒め

 先日作ったゆずペパロン☆コカブの豆乳クリームパスタ が美味しかったので、

大根でも美味しそうだな、と思って

柚子と大根をあわせて、炒めてみました。o(*^▽^*)o



 今回は、単なる炒め物ですが、

驚いたのは、ゆずが苦手系で、柚子胡椒以外は柚子モノにあまり手がのびないtokiから

コレなら美味しいよ・コメントが出ました ヽ(´▽`)/




 柚子を炒めているからか、クセがやわらぐのでしょうか?

柚子の皮は白いところも入れて、厚めにむくのですが、苦味もほとんどなくて、

子どもたちも喜んで食べてくれました。



 食後も、ゆずの香りが口の中に残ってさわやかなのが、

柚子好きの私としては、嬉しいところでした。

Imgp2093

<材料>大根        1/2本             拍子切り

      ゆず       1/2個

      塩         一つまみ

      醤油       小さじ2

      菜種油      小さじ1

<作り方>①ゆずの皮を厚めにむいて、3ミリ幅くらいの細切りにする

       ②菜種油をひき、ゆずをいため、さらに大根と塩を加えてあえ、

        フタをして3分ほど蒸煮する

       ③大根がしんなりしていたら、醤油を回しいれる




 なかやの大根は、収穫から3ヶ月ちかくたち、しんなりしてきています。

じゃがいも同様、春にむけてとうたちしようとする大根は、最高超に糖度が上がっています。

フレッシュな大根を使う場合、時間があれば、2.3日天日干ししてみてください。

火の通りもよく、甘味が増します。




にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪











JJJJJJJJJJJJ

暮らしのひとコマ

 3兄弟は、近頃鳥の羽を集めています。

鳥好きだからですけど、

Jir(6歳)が台所にやってきて、

「なんで、おれが羽をあつめてるか、なつ、知ってる?」と嬉しそうに聞いてきました。

尋ねると、

Imgp2126

「あのね~、おれのけっこんの時の洋服のかざりにね~、使うんだよ (◎´∀`)ノ」とのこと。




 6歳になったばかりの彼から、突然結婚話がでたので、ちょっと驚いたのですが、

どうも、Wac(8歳)に本を読んでもらった時に、お話の中でお金持ちの人(王子様?)が

服に宝石をちりばめた服で結婚したらしいのです。

 Wacは「ほう石→→ほういし」と読んだらしく、Jirが聞いた説明では、

「ほう」という名前の「石」を服にくっつけたのだ、ということだったらしい。

そこでJirは、自分の結婚式には、石じゃなくて、羽にしようと思ったんですね。




 宝石がどんなものか、その価値をそもそも知らないところにいるのですが、

それでも、宝石を「ほう」という石(にすぎない)、という子ども達の感覚もなんだかイイし、

宝石より羽を飾りたいと思ったJirの気持ちが、とってもステキで、キュート( ´艸`)゚



 まあ、宝石のなんたるかは、そのうち説明すればいいかな、ということで

Jirにはそのまま「いい思いつきだね。いっぱいたまるといいね」と話して、

満足そうなJirの笑顔を見て、会話はおしまいになりました。

2011年2月25日 (金)

干ししいたけとのりの佃煮

 ふだんの料理でも、おもてなしでも、なかやではあまりおだしを入れないのですが、

それでも、椎茸が沢山取れると、干ししいたけにして保存しておきます。

寒さが緩んできて、椎茸が復活しはじめてきたので

(冬に凍りついていたものが、大きくなり始めましたヽ(´▽`)/)

最近、昨年干しておいたものを使っていくことにしています。



 こうやってブログに書いていて気付いたコト。私って、貯め込み好き。

貯めておいて、収穫の先行きが見えると

貯めておいたものを安心して食べる・・・みたいな・・・(;;;´Д`)ゝ

新鮮なうちに食べてしまう、というのもいい方法だと思うのですけど、

先々の食料事情を、どうしても考えてしまうんですネ (^-^;



 話を戻しまして、

 ダシで使ったもの同士の、昆布と干し椎茸の佃煮もメジャーでおいしいですが、

昆布を「のり」に変えると、これまた風味がよくて、おすすめですよ。

Imgp2114

<材料>戻した干ししいたけ    40g

      醤油            大さじ1

      水              1/2C

             板海苔           1/2枚

<作り方>①干ししいたけを細切りかみじん切りにして、醤油と水を加えて小鍋で煮る

       ②水分がほとんどとんだら、のりをちぎって加え、全体を混ぜる

       ③お好みでしょうがの搾り汁を入れる






 今回使った干ししいたけは、そういえば頂きものでした。

(つっちゃん、Mちゃん、ありがとう)

ちょうど、送ってくれた本人達が、なかやに来てくれたお昼に作りました。

      




にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪




RRRRRRRRRRR

暮らしのひとコマ

 千葉旅行で、Fu(11歳)が、ペットボトル一本(2リットル)、海水を持って帰ってきました。

塩を作るつもりで、旅に出る前からの計画で、本人かなりはりきっていたのです。

Imgp2125_2

そして、

一度煮詰めたものの、にがりと分離できていなかったため、にがくて、

再度本をみて挑戦して、

コーヒーフィルターで濾したりして、

途中頻繁に弟妹が舐めこみ、こぼしたりのハプニングもありましたが、。(*^-^)

ついに完成しましたヽ(´▽`)/



 重さを量ったら、14gでした。・・・本来出来る量でいえば、随分減ったと思われマス。



 とっても貴重なお塩です。

塩らしい白色ではなくて、

なんだか灰色なんですが・・・(途中経過を考えると、成分とは明らかに違うっぽい・・)

本人は、大変気に入っていて、早々にビニールをもらいにきて、

「大事なもの入れ」にしまっていました。

2011年2月24日 (木)

煮りんご入りのあま~いポテト

 次の収穫までのあいだもつようにストックしているじゃがいもが、

春を感じて芽を出し始めました。

芽が出たじゃがいもは嫌われがちですが、

じゃがいもは、芽が出るころが一番糖度が上がって美味しいそうです。




 芽はほっておくと、じゃがいもの中に食い込んで、新たな生命活動にむかうので、

時々蔵からじゃがいもをしまっている箱ごとだして、一斉に芽かきをします。

始めた頃はまだ寒く、数が多いので3時間くらいはかかってしまう仕事ですが、

だんだん食べて減っていって、ラクな作業になります。




 さて、そんなじゃがいもと、作っておいたノンシュガーの煮りんごジャムが残っていたので、

おやつを作ることに。(◎´∀`)ノ

 煮りんごのおやつは、粉物で作りがちですが、

量も少ないし、増量もかねて、イモとあわせることになったのです。




 ふだん食べているじゃがいもは、おイモの甘さレベルなので、

普通の蒸ジャガが出てきたと思った子ども達はちょっと驚いた様子。そして好評でした。




 ごはん時のおかずにしても、春巻きに巻いたり、パイなどに入れても美味しそうです。


Imgp2064

<材料>じゃがいも           300g

      りんご             1/2個

      塩                少々

      豆乳               大さじ1

      レモン汁            1/4個分

<作り方>①リンゴを8等分サイズに縦切りにして、幅1cm程度に切り、

        塩を振って小鍋でじっくり蒸煮する。

        りんごが柔らかく透明になったら、フタをあけて水分をとばす

       ②①の間にじゃがいもを蒸して、皮をむき、リンゴと同じくらいのサイズに切る

       ③①と②をあわせ、レモンと豆乳をかける



 たまたまあったので入れましたが、

レモンや豆乳を入れなくても、とっても美味しいです。


 煮リンゴは、はじめ焦げないか心配になると思いますが、

弱火でじっくり作ると、だんだん塩のおかげで水分が出てきます。

私は余ったもので作りましたが、使った量からだいたいの目安でレシピに加えました。

量が多いほうが作りやすいです。




にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪



UUUUUUUUU

暮らしのひとコマ

 昨日はなかやで醤油搾り。

Imgp2102

大きな釜と兄妹背比べ。

yanyan(2歳)の背が、真横に立つと釜とちょうど同じくらいでした。


 温かかったこの日、yanyanは突如脱ぎだして裸になり、

家の前の池巣(この間まで凍っていた)に、おしりまで入りました。

やっぱり冷たかったらしく、速攻で出てきましたけど・・・(*^-^)

2011年2月23日 (水)

いんげん豆ときなこのボール

 思いついたときに、きっと美味しいだろうなあと思って作ってみたら、

期待を裏切らず、

ホコホコでとっても美味しかったです。




 おやつに出したら、

一口食べたとたん、家族みんなの顔が一斉にぱっと輝きました。

(tokiも含めて5人が同じ顔で、思わず笑ってしまいました。( ´艸`)


 炊いたお豆をちょっと残しておけば、ぱっと作れますよ。



 後日もう一回作って、持ちよりごはんで持っていったら、とっても喜ばれました。ヽ(´▽`)/

Imgp2085

<材料>6個分

      ゆでたシモササゲ      1/2C       金時豆と味が似てます 

      きなこ             大さじ3

      塩               一つまみ

<作り方>①茹でた豆をマッシュして塩ときなこと混ぜるか、フードプロセッサーを使う

       ②6等分にして、丸める


お豆のゆで加減によって、ホロホロすると思うので、

ゆで水を手水にしたり、少量水分を加えたりして調整してください。





にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪




LLLLLLLLLLLLL

暮らしのひとコマ

 味噌用の麹と塩を混ぜるところ。

Imgp2074

私が作業していると、

いつのまにか、集まってくる子ども達。

2011年2月22日 (火)

モチモチ♪レンコンともちきびの湯葉ネギだれ

 美味しい生湯葉を頂きました。(Eちゃん、ありがとう!)

定番のわさび醤油で頂くのも、とっても大好きですが、

こんな風に雑穀などとあわせて頂くのも美味しいかも・・・というイメージで作りました。



 やっぱり美味し~い (*≧m≦*)

Imgp2030_5   

<材料>レンコン           80g                       すりおろす

      炊いたもちきび     1/2C

             塩             小さじ1/4

             長ねぎ          10cm          みじん切り

      醤油           適量

      ゆば           40g

<作り方>①ねぎをひたひたの醤油に入れて、1時間以上置く

       ②レンコンともちきびと塩を混ぜて、器に入れて15分蒸すか、鍋で練り上げる

       ③食べる直前に、ゆばをのせ、①をかける



練り上げる方が手軽ですが、

寒い日には、器ごと蒸しておくと、食べる時にすぐ冷めずにお薦めです。



 このネギたれは、この辺りではおでんのたれに使います。

作り方は簡単なのに、とっても美味しくて、よく作ります。

時間がたって、ネギからとろみが出てくるころが、食べごろです。



にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪




QQQQQQQQQQQ

暮らしのひとコマ

岡崎で、安心安全な地元お野菜を販売している「森の花畑」さんのところで、、

なかやの味噌キャラバン、第一弾をやらせて頂きました。

Imgp1303

半年前にオープンしたばかりの、おしゃれで可愛らしいお店でした。

Imgp1283

たくさんの方が来てくださり、

Imgp1295

賑やかで、楽しい会になりました。ヽ(´▽`)/

Imgp1296

 味噌作りのとなりでは、お昼ごはん用の水餃子作り。

中央の紫の服の方が、お店のオーナー、Sちゃん。

お昼には、

普段は移動のカレー屋さんを営んでいるPちんの作ってくれた

おいしい酵素玄米おにぎりが加わって、みんなおなかいっぱいになりました。

Imgp1305

 3兄弟も、ギターのワザを教わったり、味噌作りをいっしょにやったり、楽しんでいた様子。

yanyanもちょこまか、みんなに可愛がられました。


 第一回目の味噌キャラバン、かくして大成功でした。

宿泊しての2日間、2回のイベント。

車中泊も考えていたのに、お店のお二階に住んでいるAちんとPくんが

宿泊場所を提供してくださり、

おまけに夜は色んな方を呼んでくれて、楽しく過ごさせてもらいました。

あとはできあがりの味噌を待つばかり・・・( ´艸`)




 森の花畑さんのSちゃん、スタッフとして協力してくれたPくん、Aちん、

参加してくださったみなさん、どうもありがとうございました。( ^ω^ )

2011年2月21日 (月)

夏みかんと白菜のピクルス

 千葉で、夏みかんをたくさん頂いたので、

おかずにも入れてみました。



 少し苦味と酸味がおいしい味の濃い夏みかん、

見た目も春らしくなり、

スパイスの味付けも、とっても馴染んで合いました。ヽ(´▽`)/



 あちらでは、この美味しい実が、

無農薬状態で庭先にブラブラしているみたいで、

うらやましい限りです。

Imgp2060_2

<材料>白菜               100g                   千切り

      夏みかん                        1/2個         むいてちぎる

      水               1/2C

      塩                                 小さじ1/2

      クローブ                         一粒          砕く

      ローリエ            1枚

      柿酢              1/4C

<作り方>①容器に炒り大豆、白菜、夏みかんを重ねて入れる

       ②鍋に柿酢以外の調味料と水を入れて煮立たせ、火からおろして柿酢を入れる

       ③そのまま①にそそぎ、一晩置く





にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪




KKKKKKKKKKK

暮らしのひとコマ

 大豆の話題が続いていますが、

味噌作りキャラバン用に洗って干しているところ。

Imgp2057

この量で乾燥大豆20kg分です。

2011年2月20日 (日)

金色餡のいちご大福♪♪

 農繁期と重なるイチゴの収穫期には、

なかなかあんこを作ったり、ゆっくりおやつを造っている時間がありません( u_u。)。

 ちょうどイチゴを頂いたので、

まだ蔵でごろごろしているかぼちゃのマッシュを使って、

イチゴ大福を作りました。



 作っている時は、味があうか心配だったのですが、

食べてみたら、かぼちゃらしさは全然気にならず、

ちょうどいい具合の甘味だけが口に広がって、とても美味しかったです。

Imgp1170

<材料>白玉粉               100g

      水                  3/4C

             塩                  小さじ1/4

      かぼちゃマッシュ         250g              かぼちゃを蒸して皮ごとマッシュしたもの

      片栗粉               1/2C~     平らなお皿に広げておく

      いちご           5個

<作り方>①5等分したカボチャで、イチゴをつつむ

       ②小鍋に白玉粉と塩を入れ、水を少しずつ入れて、小べらかスプーンで混ぜてから

        火にかけて、ねばりがでるまで焦げないように混ぜ続ける

       ③②をお皿にあけ、片栗粉を全体にまぶして、5等分にする

       ④ひとつずつのばし広げ、さらに片栗粉をまぶしながら、①を包む




①の時に、イチゴの頂点を少し残して包むと、あとで上からイチゴの赤がほんのり見えます

④の時に、かぼちゃが皮の外側につかないように気をつけます。

         
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪



YYYYYYYYYYYYYY

暮らしのひとコマ

今年の大豆の選別で、仕分けた豆たち。

Imgp1886

この中から、うっかり混ざってしまった、食べられそうな豆をさらに選別。

かなりのチマチマ作業ですが、もったいなくて、つい・・・。

Imgp1887

まだ取れそうです( ´艸`)。

売られている大豆は、クリーム色でピカピカですが、

他の野菜と同じく、大豆も色んな色、形のものがあります。

2011年2月19日 (土)

ホックリ♪じゃがコーヤの米粉バーグ

 お弁当用に作りました。(゚▽゚*)

じゃがいもと玉ねぎのコンビって、ホントに美味しい。

高野豆腐と味噌が入って、コクがでました。


 つなぎに米粉を使っているので、ほっくりした食感です。

Imgp1826_2 

<材料>小さめバーグ5.6個

      じゃがいも             1個

      高野豆腐             1枚    重曹フリーのものを使いました

      玉ねぎ              1/4個

      米粉               大さじ2

      味噌              小さじ1

      塩                小さじ1/4

      菜種油             小さじ1

<作り方>①じゃがいもを皮ごと蒸すかゆでて皮をむき、玉ねぎはみじん切りかすりおろす

        高野豆腐は戻して軽くしぼっておく

       ②油以外の材料をフードプロセッサーにかけて砕き、5,6個にバーグ状にする

       ③フライパンに油をひいて、両面をコンガリ焼く



 米粉の場合、小麦粉より生地がまとまりにくく感じると思いますが、

片面焼いて、そおっとひっくり返したあとは、熱が入ればまとまってくれます。

もし少し崩れた場合は、焼きあがったあとに、手でまとめなおしても

冷めるとさらにまとまるので、大丈夫です。

 小麦粉より、少し気を使いますが、ほっくり、さっくりした仕上がりになるのは

米粉ならではかなと思います。



 じゃがいものサイズ、高野豆腐の種類によって、

味が変わってくるかもしれません。(計っておけばよかった・・)

重曹入りの普通の高野豆腐の場合は、1/2分が良いかも。




にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪



TTTTTTTTTTTT

暮らしのひとコマ

いつも、どこかが工事中のなかや。

Imgp1882

洗濯機の排水がジャジャ漏れ。

子ども達が堤防を築いてくれました。

2011年2月18日 (金)

これなら手軽で簡単☆炒り味噌ふりかけ

 お味噌とゴマをあえて、丹念に炒りあげて作る炒り味噌ふりかけは、

とっても美味しくて、なかやでも人気なふりかけでしたが、

作るのに根性がいって大変、という難点があって、

たまにしか作っていませんでした。


 
子ども達からのリクエストで、久しぶりに作ろうと思っていたところ、

先に味噌を乾燥させておけば簡単かなあと思って、

石窯の余熱を使ってみたら、うまくできました。o(*^▽^*)o




 かかる時間はいっしょでも、これなら火の前にへばりついて、

必死で焦げ付く味噌をヘラでゴシゴシこそげながら作らなくても、

電気に一部頼ってしまいますが、

簡単にできます♪




 オーブンやトースターでもできると思うのですが、

温度はドライトマトのように、140度くらいでしょうか?

もう少し気温が上がってきたら、天日干しもいいかもしれません。




 こんな、頼りないレシピでごめんなさいね。

でも、あの炒り味噌ふりかけの大変さと美味しさをご存知の方なら、

作りたくなるかも・・・と思ってUPしました。

Imgp1975

<材料>味噌              1C

      エゴマ/ごま          1C

<作り方>①オーブンシートに味噌を薄く広げる

       ②パンを焼いたあとの余熱で1時間ほど、じっくりゆっくり乾燥させる

       ③水分がぬけて、パリッとしたら、フードプロセッサーでえごま/ごまと粉砕する



 うちはエゴマをたくさん収穫しているので、エゴマで作りますが、

ゴマもとってもお薦めです。

どちらにしても、作る前に炒るとさらに美味しさUPです。

         
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪


KKKKKKKKKK

暮らしのひとコマ

突然玄関を出たところで始まる絵の具タイム。

1人が描き始めると、1人、また1人とつられて描き始めるのが面白いです。

Imgp1852

なぜここで描くかというと、

広くて平らで、水がすぐ汲みに行けるからだからだそうです。

(室内だと、水汲みに、いちいち靴を履くようなので)




 そうそう、先日書いた、氷と水の違い。興味を持ってくださった方も多かったので、後日談です。

あの数日後、雪が降りました。

コップにいっぱい雪をつめておいたのが、

解けて半分くらいの水になっていたのを発見したWac(8歳)。

ふと先日考えたことを思い出したようです。

「雪と氷の違いってなんだろうなあ。似てるけど、違うよね。」




 そして、今度は夜の間に、自分で水を凍らせる実験をすることを思いつきました。

一日目は、しるしをつけなかったので、あまり変化がわかりませんでしたが、

2日目は、容器を細長いものにかえて、テープでしるしをつけたので、わかりました。



 「なんでそうなるのかはわからないけど、水が氷になると、増えるんだね」とWac.

 「小人が魔法をかけたってことも、ありえるけどね。(←小人説を捨てたくない人)

  でもそれなら、水をいつも氷にしとけば、どんどんどんどん水が増えていって、

  飲んでも減らないってことになるのか・・・。

  これは、大発見だぞ。いいこと思いついた(゚▽゚*)」とまだ半分夢の世界を生きているJir



 雪と氷の違いは、

Wac「雪はダイブして顔をつけても息ができるけど、氷は多分できないと思う。

    でも、その実験は痛そうだし、やりたくないなあ。」

でした。

2011年2月17日 (木)

小豆レモンのソフトセサミクッキー

 茹でた小豆が少し残っていたので、作ってみました。

レモンの香りと小豆が意外と良いコンビです。

 作り方は、先日作った焼かずに出来る☆ドライフルーツのソフトクッキーと似ています。

Imgp1717

<材料>ゆで小豆            3/4C

             干し柿             1個

      ゴマ              1/4C

      レモンの皮          1/4個              みじん切り         

      塩               小さじ1/4

<作り方>①材料をフードプロセッサーで粉砕して混ぜる

       ②いらない清潔なビニールで、ボックス型に成型して、馴染ませる(1時間~)

       ③8等分に切り、形を整える




 千葉は柑橘類が豊富なんですネ。

お土産に、レモンや八朔などを頂きました。

「レモンが木になってるの、はじめて見た。(゚▽゚*)」とFuが話していました。


 

 お野菜でもフルーツでも、比較的何でも豊富に採れる長野ですが、

温かい地方で採れる柑橘類は、なかなかありません。

貴重なものを頂きました。

 他にも、海の恵の天然の海苔などを頂きました。(長野は海もありません)

千葉の豊かさを、あらためて思いました。

ありがとうございましたヽ(´▽`)/





にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪


JJJJJJJJJJJJ

暮らしのひとコマ

ナイスコンビ復活!

Imgp2008

選別した大豆を袋詰め。

yanyanは(2歳)、袋を広げてくれてます。

ストック野菜や穀物たちが少しずつ減り、ようやく蔵の一角が空いてきました。

今週末から味噌作りキャラバンが始まるので、

そちらにむけての準備です。

2011年2月16日 (水)

にんにく納豆味噌の炒め煮

 発酵食品って、だいたい好きなのですが、

納豆はあまり得意ではありません。(と、以前にも書いたことがあるような・・・)

でも、tokiも子ども達も好きなので、たま~に買います。



 でもこの納豆なら、私も好きです。

はじめはカノウユミコさんのレシピを応用させてもらって、だんだん私流に変わったものです。



 ネギ科を沢山入れたり、火を入れるせいか、

納豆のクセが和らぎます。

 納豆一パック(発砲スチロールの小型のだと、2パック分くらい)で、

10cm×15cm×5cmくらいのタッパー分くらいできます。

パンとも合います。

Imgp1777

<材料>納豆        90g

      玉ねぎ    1/2C            1/2個分     みじん切り

      長ネギ     1/2C      1本      みじん切り

              大根      5cm               5㎜角切り

      にんにく     1片               みじん切り

      味噌       1/4C

            菜種油     小さじ1

      水       1/2C

<作り方>①材料をそれぞれ切る

       ②フライパンか小鍋に油をひいて、にんにくを炒め、香りがたったら

        玉ねぎとネギを炒め、大根を加え、納豆を続いて加えて炒める

       ③水で味噌を溶いて、②の上にのせるように加えて、フタをして5分ほど蒸煮する

       




 翌日以降が味が馴染んでおいしくなります。

季節によって、合わせる野菜を変えられます。

今回は大根にしましたが、春は菜の花、夏はピーマンやオクラなど・・



夏に、こんなレシピを載せていました。納豆とカボチャのペースト



私のように、納豆がやや苦手な方がいらっしゃいましたら、おためし下さいね。



 

 にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪




UUUUUUUUUUU

暮らしのひとコマ

 昨日、昼近くになって戻ってきました。

雪で道が混んでいたみたいで、下道で休み休み帰ってきたそうです。

Imgp1974

10日ぶりのFu(11歳)は、はじめ大変テレておりました。

会っても目もあわせず、アレ?

Wac(8歳)もテレてます。

あんなに待ってたtokiなのに、抱きついていくかと思いきや・・・。

「ほら、おいでよ!」と言ったら、ようやく駆けてきて、ハグしました。



 「そりはもういいや!」雪遊びもそこそこ、

私について、雪かきしながら、あったことをたくさん話してくれました。

ブラウンズ・フィールドでは、ミントくんと仲良くなって、

2人で落ちているみかんでキジを捕まえようとして、追っかけまわしたこと。

デコさんといっしょに、うどんを打ったこと。

寺田本家では、社長さんに食事に案内してもらったところが

ファミレス(朝)、ラーメン屋(昼)、ウナギ屋(夜)だったこと(どれも初経験!)

加藤登紀子さんの自然大国では、娘さんのヤエさん(歌手)の生の歌を聞かせてもらったこと、

などなど、色々盛りだくさんで楽しかったみたいです。


 雪かきのあとは、兄弟3人寄り添って、なんだかいつもより仲良く遊んでました。



ごはんは、いっぱい作っても余らない、いつもの状態に戻りました。(* ̄ー ̄*)

家族いっしょは、やっぱりいいなあ。

2011年2月15日 (火)

ハーブ&味噌☆もちきび大根のもちもちピザ

 ピザといっても、なかやのピザはチーズもトマトソースも、タバスコも登場しない、

優しい味のお野菜や雑穀の組み合わせ。

 そして気付けば、ノンオイル・・・これは、はたしてピザと呼べるのか???



 うちの子ども達は、こんななかやのピザが大好き。

お留守番隊に4人ごはんの最後は、何にしようか?と聞いたときに、

一番初めに出てきたのが、この雑穀ピザでした。


 前回ご紹介したカレー味☆高きびレンコンソースのパンピザ も美味しかったけれど、

Jir(6歳)は、こちらの方が好きだとか。

 私はどちらも好きです。今回は、味噌が効いてました。

このあと板海苔をちぎってかけたのですが、それもとってもあいました。

4等分して、みんなでぺろりも、4人ならではでした( ´艸`)
 

Imgp1754

<材料>炊いたもちきび     80g

      大根             80g       みじん切り

      玉ねぎ            1/4C               スライス

      ハーブソルト        小さじ1

      味噌             小さじ2~

      パン生地        250g

<作り方>①パン生地をのばして、ピザの型に入れて、石窯で10分焼く

       ②もちきび、大根、玉ねぎを混ぜ合わせてハーブソルトで味をつける

       ③①を取り出し、味噌をぬってから、②を広げて塗り、もう一度石窯で焼く



温度は1回目は170度くらい、2回目は160度くらいだと思います。

2度目は15分ほど焼きました。

味が足りない方は、あとから味噌をぬったり、タバスコなどをかけてくださいね。

        
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪



HHHHHHHHHH

暮らしのひとコマ

 今回の10日間のお留守番で、

お楽しみとして、4人それぞれほしかったものを買いました。

子ども達は文房具でしたが、私は・・・

Imgp1932_2

 思い切って、買ってしまいました (*≧m≦*)。

南部せんべい、ではありません。焼き器です!持つところまで全部鉄製のもので、

かまど使用に便利な、昔ながらのものです。



 欲しかったんです~~~。大好きなんです、南部せんべい。

シンプルな、小麦と塩だけがベースで、それにごまやピーナッツが入っているものが!

今年は小麦とエゴマがいっぱい収穫できたし、

一時は委託加工を考えていましたが、やっぱり自分で作りたくなりました。



 今、美味しい手焼き南部せんべいができるように、調合含め試作を繰り返しているところ。

雪の中、まだ帰ってきていない二人、驚くかなあ。( ´艸`)

2011年2月14日 (月)

りんご&小豆のシナモン・ソフトケーキ

 小豆のケーキを作ろうと思いたち、パンの隣で焼きました。

プレゼント用に作ったので、ふだんよりオイル多めで、

甘味にも保険をかけて、干し柿をトッピングしました。



 15cm角の四角い型で焼きましたが、コクあり、甘味充分なので、

1/9サイズでも、とっても満足でした。

Imgp1666_3

<材料>りんご               1個        

      ゆで小豆                3/4C

      地粉                  1C

      寒天パウダー           2g

      塩                   小さじ1/2

             干し柿                2~3個

      水                   1/2C

             シナモン              小さじ2

      アニス               少々      なければ省く

      菜種油                大さじ2

<作り方>①リンゴをフードプロセッサーで粉砕する

       ②ボールに①をうつして、干し柿以外の材料を混ぜ合わせ、型に入れる

       ③干し柿を9個にちぎりわけて②の表面に適当な間隔をあけて置く

        160度くらいの低めの温度で20分ほど焼く



しっかり冷めてから、型を外してください。

型にオイルを塗ってから、生地を入れてくださいね。

        
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪



EEEEEEEEEEEEE

 昨日、tokiから出発翌朝以来、ようやく2度目の電話がありました。

今夜遅くに、帰ってくる予定だそうです。



 結婚以来、tokiと10日も別々だったのは初めて。

なので、子ども達にとっても、こんなに長く家族が別々だったのは、初めてのことです。

 いつもいっしょだった兄のFu(11歳)がいないということが、

弟たちにとってどうだったのか、興味があったので、2人に聞いてみました。


Wac「Fuは、やかましいこと(人のやることをチェックするクセあり)言ったり、命令したり、

    自分のやりたい遊びを押し付けてきたりするから、そういうのがないから、

    けんかが少なくて、平和(!)だった」

   「でも、Fuは、色々新しい遊びや工作がどんどん思いつくから、

    いないとヒマになることがあった」

   「Fuといっしょだと、相手をしてあげるって感じじゃなくて遊べるから、面白い」

   「Fuの分、yanyanの世話(!)や、薪の準備がオレにかかってて、大変なことがあった」



Jir 「おかずを、焦らないでもいっぱい食べられてよかった(!)」

   「ストーブつけたり、朝ごはんの準備が自分でできたのも、よかった。

    Fuがいると、オレがやろうとすると、早くやれってせかすから、できなかった」

   「Fuは、オレが頼むと本読んでくれたり、工作手伝ってくれるから、

    結構優しいこともあるし、いたほうがいい」


などなど、普段の兄弟関係が、赤裸々に語られた感じでした (^-^;



 帰ってきたら驚かすこと、自慢したいこと、話したいこと、

お留守番隊もお土産話がいっぱいできた様子。

「夜は、お布団も増やして、マメ炭あんかも布団に入れといてあげるようだね」

待つ準備も楽しそうな子ども達です。



 昨日は、午前中は子ども達は雪遊び、私は雪かき、

午後は、Jirのたっての希望「動物園に行きたい」を決行したため、

慌しくて、写真は撮れませんでした~。

不在中、来てくださった大家さん、ごめんなさいね~。
 

2011年2月13日 (日)

人参&練りゴマそぼろのパスタ

 「人数が少ないから、オレの人参でも足りるかな?」

自分の畑で、秋に掘り残しておいた人参を採ってきてくれたWac(8歳)。

冬の寒さの間地面の中で耐え、春のとうたちを前に、髭根が沢山茂ったたくましそうな人参を、

子ども達のリクエストに答えて、そぼろにしてパスタとあわせました。



 Jir(6歳)は、人参が苦手めですが、これなら大好き (◎´∀`)ノ

雨のあと、あちこちから葉をのばし始めたノビルの葉も採ってきて加えました。

Imgp1895

<材料>マカロニ              100g

      人参                150g   (小さめ2本)

      味噌                大さじ1

      柿酢                大さじ1

      醤油                大さじ1

      練りゴマ              小さじ1

      のびる/あさつき          みじん切り1/4C

<作り方>①マカロニをやや固めに茹でてザルにあげる

       ②マカロニを茹でている間に、他の材料をフードプロセッサーで粉砕して合わせる

       ③②を火にかけ、ヘラを使いながら焦げないようにじっくり炒め、

       ①を加えて混ぜ合わせる



 練りゴマはちょっとしか入れてませんが、

これが入るかどうかで味が全然違います♪

ゴマ油は冬眠中ですが、練りゴマはソフトなことに気付いて、使ってみたわけなんですけど、

アタリでした。




 人参の量にあわせて作ったので、

うちでは、子ども3人と4人で分けて、おかずの一つにしましたが、

主食で食べるなら、1人分の分量かなと思います。

ごはんにのせても、とってもあいます。



 生でも食べられますが、火を通すと美味しさUPします。

フタをぴっちり閉めて、弱火でじっくり火を通すと、人参の甘味が出ます。








 今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

最近、見に来てくださる方や、コメントを残してくださる方がさらに増えて、

とっても励まされています。

         
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ 色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

↑↑↑↑    クリックで応援、よろしくお願いします♪



YYYYYYYYYYYYY

暮らしのひとコマ

数日前のことですが、

Imgp1794_2

 初ものの蕗のとう。

毎年真っ先にふきのとうが芽吹く、温かい陽だまり斜面をお持ちのご近所さんの畑で、

摘ませて頂きました。(Tさん、ありがとうございました)



 日当たり加減や気温がちょっと違うだけで、顔を出す時期が本当に違うんです。

うちは谷間で、日照時間が短いのと、川がすぐ傍なので、時期が遅いのだと思います。

さっそく、ふき味噌で頂きました。

さすが初もの。アクもなくて、甘くて美味しかったです。




 昨日は朝から雪かきでした。

これは、toki&Fuの男性陣不在がコタえます~。

若者達はソリ滑りと、別のかまくら製作に熱中しているので、

1人シコシコと、かいておりました。



 雪国育ちでないので、この作業、なんともヘコみます。

せっかく、午前午後かけて、林道から降りる道から、林道へまた抜ける道まで

坂道を300mくらいやったのに、(なかやを知ってる方にしかワカラナイ説明)

Imgp1933

また2時ごろから ( ̄○ ̄;)!  

なんて達成感のない仕事・・・。

とほほ・・。

でも急坂の多い谷間の我が家、道も陰が多くて

一度積もると凍ってしまうのも危ないので・・・。

今日もやっぱり雪かきです。

2011年2月12日 (土)

梅味噌味☆レンコンとコカブの蒸し巾着

 レンコンのすりおろし、熱を入れると固まる性質を利用して、

コカブとあわせて油お揚げにたっぷり詰めてみましたヽ(´▽`)/

具を詰め込んだので、お稲荷さんみたいにふくらんでいて、美しさには欠けますが (^-^;

味はとっても ( ´艸`)

お揚げメインではなくて、具メインの、ヘルシー巾着になりました。


 むちっとして、レンコン&コカブの優しい味がとっても美味 ( ̄ー+ ̄)

梅肉味が加わっているのも、嬉しいところ。

「これは、tokiたちも食べるべきだ ( ̄○ ̄;)!」

とJir(6歳)が、きっぱり断言してくれた、お薦めな一品です。

Imgp1874_3

<材料>油揚げ      5cm×6cm           2枚

      レンコン     1節(70g)            すりおろす

      こかぶ      1/2個(30g)           5㎜角切り

             味噌                小さじ2

      梅干       1個  飾り用           

<作り方>①油揚げを半分に切り、袋状にする

       ②レンコンとコカブと味噌をあえて、①に詰める

       ③鍋に2cmほど水をはり、小さなボールに②を並べて入れて浮かべて

        15分ほどぐらぐらさせて蒸す

 蒸すっていうと、蒸し器を出して、終わったら片付けて、とメンドーな感じですが、

この方法なら、気軽に蒸ものが楽しめます。

蒸もののよさは、茹でるのと違って、栄養や味が水に溶け出ないこと、

炒めるのと違って、油が要らないことです。コゲの心配もいりません。

そして、冬場は食べる直前に鍋から出せば、温かいまま頂けます。

家にある鍋とボールを組み合わせて、ぜひお試し下さいね。

 *私は、ステンレスのタッパー容器で、先にフタが使えなくなってしまったものを

  ボール代わりに使っています。



 レンコンは、食養では肺に効く野菜と言われていて、節が特に有効だそうです。

うちでは、輪切りの料理では、みじん切りにして別の料理やお汁に入れたりして使いますが、

こうしたすりおろしには、節からすりおろしていって、使い切っています。

(節をもってすり始めると、どうしても最後残ってしまうので、柔らかい方をあとで擂ります)



 




        
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪


UUUUUUUUUUUU

暮らしのひとコマ

 この冬やっと本格的に降りました。

Imgp1904

朝からうちの前の景色は真っ白

Imgp1903

よく降り続いていて、雪かきにも出られません。

Imgp1902

あんまり降っているので、午前中は我慢していた子ども達ですが、

午後は待ちきれず、降り続くのも構わず出て行きました。

Imgp1908

せっせと家の前の雪を集めて、かまくら。

「毎年一回は作らないとね (◎´∀`)ノ」

おやつを食べたら、またすぐ出て行って、今度はソリ滑り。

慌てなくても、明日も積もってると思うけど、

この冬ずっと待っていたエネルギーが、ここにきて一気に爆発した感じです。( ^ω^ )

2011年2月11日 (金)

いんげん豆の生姜焼き

 豆のしょうが焼き??と思われると思いますが、

なかや定番の「大豆の唐揚げ」のいんげん豆バージョンみたいなもので、

揚げずに作ってみました。



お酢が入っているのが,ポイント。

想像しにくいかもしれませんが、

とってもあとをひく味で、特に子ども達が喜びました o(*^▽^*)o

Imgp1799

<材料>茹でたいんげん豆       1C     シモササゲを使いました。

                               白いいんげん豆や、金時豆でも

     片栗粉               大さじ2

     にんにくすりおろし        2片分

     生姜すりおろし          小さじ1       

     醤油                大さじ1

     柿酢                小さじ1

     菜種油               大さじ1

<作り方>①温めた豆に醤油、にんにく、生姜、柿酢を入れて、あえておく(10分以上置く)

       ②片栗粉をまぶして、フライパンに油をひいて温める

       ③はじめは片面を焼くようなイメージで、フライパン全体に豆を広げる

       ④こげる前にフライパン返しでひっくり返して、後はフライパンをゆすりながら

        衣に火を通す




 球状なので、両面を焼こうとせずに、、

片面焼いた後は、焦げ付かないように全体に火が通っていればOKにします。

出来上がりは、写真のように豆同士くっついているところもあれば、

くっついていないものもある感じです。

 はじめに豆をあたためるのは、その方が味がしみるためです。

本当は炊きたてのお豆に調味料を加えておく方法が、一番味がしみます。

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪




YYYYYYYYYYY

暮らしのひとコマ

 家の前の池巣の氷がとけてきて、表面がうっすら凍っているだけになりました。

氷を棒でつっつきながら

「毎年氷がとけると、なんで、水の量が減っちゃうんだろう?」

Wac(8歳)が首をかしげていました。

Imgp1884

 これは、いい機会だなあと思ったので、Jirもさそっていっしょに考えることに。

ヒントは、この間、夜止水栓を止めなかったために、

朝になったら、蛇口から氷がにょきっと出ていたこと。 

・・・あの時の氷は、どうしてつらら型じゃなくて、ホースみたいな形をしていたのでしょう?

考える子ども達。

Jir(6才)「夜のうちに、小人が水道にもぐって、押したんだよ(゚▽゚*)」  

Wac「なんか大きな力がかかったんだ!」 



・・・凍らずに水だったら出てこないはずなのに、どうして氷はでてきたのかな? 

・・・水と氷の違いって?

Jir「氷のほうが水より力が強い。おすもうとったら、氷のほうが勝つと思う。

   氷は押せるけど、水は押せない」

Wac「水でも流れてれば押せるよ。川の水なんて、すごい強いよ。」

    でも水道の中は止まってるから、氷の方が強いかも。」

   「ん?でも氷だって水道の中で止まってるはずだよ?なんで動いたんだ?」

Jir「やっぱり、小人?」



 Jirは小人説が有力ですが、Wacは小人とは思ってないようなので

ここまで考えて、わからなくなりました。



 あとちょっと!

2人の謎解きは、続きます。( ^ω^ )

2011年2月10日 (木)

ザクザク香ばしい♪米粉のグラノーラ・レモンケーキ

 小麦フリーのおやつレシピ、続けて作っています。

ナッツ効果で満足な味わい。寒天のおかげでオイル少な目ですが、しっとりしてます。

国産レモンを友人に頂いたので、(Kちゃん、ありがとう ヽ(´▽`)/)

レモンのケーキにしてみました。




 普段私はレモンはほとんど使わないのですが、

たまにこうして頂くと、さわやかな味がとっても美味しいです (◎´∀`)ノ

Imgp1115

<材料>りんご              1個       

      オートミール          1C

             米粉              1/2C

             塩               小さじ1

      ナッツ類           1/2C      くるみ、ピーナッツ、カシューナッツなど

             寒天粉             2 g

       レモンの皮           1個分             すりおろす

      レモン果汁          1個分

      菜種油            大さじ1

<作り方>①レモンの皮とりんごをすりおろす

       ②ナッツをフードプロセッサーで粗くきざみ、リンゴをあとからいれて粉砕する

       ②材料を合わせて、型(15cm角)に入れて、石窯で低温めで15分ほど焼く




 ナッツは、オイルを多く含んでいるものの方が、コクがでます。

私はちょうどあった、山くるみとひまわりの種を使いました。

レモンのあとに、リンゴひとかけでもすりおろすと、

リンゴのお汁で、すり器にレモンがこびりつかず、レモンの皮が無駄なく全部使えます。




 甘味はりんごだけなので、

甘めに仕上げたい方は、焼いた後でも、焼く前でも、なにかしら甘味料を加えてくださいネ。


 

         
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪



LLLLLLLLLLLL

暮らしのひとコマ

 近くに暮らしているYさん、Mさんが、

「うちのストーブには細いから」

と言って、わざわざ軽トラ一杯薪を積んで来て下さいました。ありがとう!

Imgp1819

不在中のtokiやFuの分、

Imgp1821

働く弟妹たちであります。



 薪はいくらあっても、嬉しいもの。

このサイズは、短く切ったらかまどにぴったり ( ´艸`)



 薪がしっかり積んであることが、我が家では、暮らしの安心につながります。

Y&Mさん、ありがとうございました。(゚▽゚*)

2011年2月 9日 (水)

もち黍キンピラのガーリック・ソテー

 「鳥の鳴き方が、さえずりに変わってきた (゚▽゚*)」

と子どもたちが教えてくれました。

子ども達に聞いて、私も耳を傾けて、その違いを説明されると、

なるほど ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙


 昨日久しぶりに、水道が凍ってませんでした。

午前中の台所、スムーズに蛇口から水が出てきて、快適でした。




 他にも、イヌフクリがちょこっと咲きはじめているのを見つけたり、

ちょうちょが不意に飛んできたり、毎日子ども達と、小さな春を見つけています。




 tokiと食べ盛りのFuが不在なため、珍しくおかずが残る現象が起きています。

普段は余ったとしても、tokiのお酒のつまみで消えてゆくので、

最近は残り物のアレンジに頭を使うこともなかったのですが・・・




 作ってみたら、

子ども達にすぐまた作ってコールを受けた、人気の一品になりました o(*^▽^*)o

 

Imgp1738

<材料>炊いたもちきび            1/2C

             きんぴらごぼう           1C

     にんにく生姜たれ          小さじ2

        にんにくと生姜のすりおろし+醤油で作っています

<作り方>①にんにく生姜タレをコ鍋にいれて火にかけ、

        ふつふつしてきたら、もちきびを加えて全体をほぐしておく

       ②もちきびがあたたまったら、キンピラを加えて全体まぜ、

        火からおろして、フタをして蒸らしておく



フタをして蒸らしておくことで、鍋に焦げ付かずにヘラで綺麗に取りきれます。

         
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

今は農閑期で朝時間があるので、

最近他のレシピブロガーさんのところにちょこちょこ訪問しています。

 この「ベジタリアン料理」や、「レシピブログ」(サイドバートップのタグ)では、

私のような適当料理とはうって変わって

たくさんの方々が、日々アイディアあふれた料理を作っていて、

見た目も美しく公開されています。

           

PPPPPPPPPPPP

暮らしのひとコマ

 「tokiのこと、思い出すと、さみしい・・・(ノ_-。)」

出発の日は特にしょぼんとしていたWac(8歳)。

初日はなんだか元気なく、ぼんやり過ごしていましたが、

翌日から、なにやら工作を始めました。

Imgp1760

「tokiが帰ってきたら、驚くもの作るんだ!」

Imgp1761

ぴかぴかのやる気満点笑顔が戻って2日かけてできたのが、コチラ。

Imgp1762_2

ちゃんと折りたためる、もちろんちゃんと座れる(!)椅子です。

うちにあった、折りたたみ机を見本に作ったみたいですが、

工夫して、全部1人で作りました。


 難しかったのは、座る部分をどうやってきちんとたたみこめるか。

途中試行錯誤がありつつも、見事完成品を見たときは、

私がまず、とても驚きました。

私は作れません。

これは、tokiもかなり驚くことでしょう。( ´艸`)

2011年2月 8日 (火)

カレー味☆レンコン高キビソースのピザ

 久しぶりにピザを焼きました。

今使っている天然酵母は、なかやの全粒粉と玄米が素ですが、

とっても元気がよくて、どんどん美味しいパンが焼けて嬉しいですヽ(´▽`)/。

のんびり石窯料理ができるのも、農閑期ならではだし、

お留守番隊を楽しませるためにも、石窯をせっせと可動させています。



 今回のトッピングには、レンコンと高キビと高野豆腐を使ってます。

高キビと高野はほろほろなのですが、

火を通すと粘りが出るレンコンが、他の具材をまとめてくれました。



 味付けは、子ども達のリクエストでカレー風味に。

頂いたスパイスは、インドでひいたばかりなので、香りが高くて美味しいです。

(Mちゃん、ホントにありがとう o(*^▽^*)o)

Imgp1755

<材料>パン生地             300g前後

      レンコン              50g(1/2節)        すりおろす

      戻した高野豆腐         1枚              みじん切り

      炊いた高キビ          1/2C

             水                 1/2C

             塩                 小さじ1/4

             クミン               小さじ1

      コリアンダー           小さじ1

      ターメリック            小さじ1/2

<作り方>①パン生地を発酵させ、のばしてパイ型に入れて石窯で15分焼く

       ②①を焼いている間に、香辛料を炒って、香りがたったら、

         その他の材料を加えて、蒸煮する

       ③①をとりだし、②をのせて、さらに5分ほど焼く



*石窯は温度計がないため、温度は適当。パンを焼くより低めです。

Imgp1764_3

                   顔中で食べるおじょうさん・・

「4人で分けられるから、1人分が多いね;:゙;`(゚∀゚)`;:゙ 」とくいしんぼJir.

「でも、みんながいるほうがいいよ」とtoki恋しいWac.



        
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪


WWWWWWWWWWW

暮らしのひとコマ

Imgp1789

「どっか行きたい?」と聞くと、

「天竜川で鳥が見たい」

お天気もいいし、お弁当を持って、車で15分の川沿いへ。

yanyanも、レンズなしのおもちゃの双眼鏡を持ってます。 ( ^ω^ )

2011年2月 7日 (月)

ホコホコ♪ひよこ豆のターメリック・ライス

 見るだけで、とっても食欲を刺激されるごはんです。(゚▽゚*)

ほくほく甘いひよこ豆の美味しくって、

ふだんはおかわりしない私も、率先しておかわり隊に加わります。




 この豆が日本では育たないのが本当に残念です。

(南の方なら育つのかな?)

 玄米といっしょに炊いても煮崩れたり、柔らかくなりすぎたりしないので、

お豆ごはんを作るのにはとっても重宝。

とくにこのターメリックライスでは、ひよこ豆の味、香りがとても際立ちます。

Imgp0850

<材料>玄米                              4合

      塩                              小さじ2

      ターメリック                        小さじ1~2  2入れるとターメリックの香りぷんぷん

      ひよこ豆                1/4C

<作り方>①ごはんを炊く釜に、材料をすべて入れ、

        ごはんを炊くのと同じ水分量の水を加えて炊く

       ②好みで胡椒やハーブソルトをふる



 好みでオイルを入れたり、玉ねぎのソテーやガーリックで風味を加えても美味しいですが、

このシンプルなタイプもお気に入りなので、紹介しました。




にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ  今日も訪問してくださり、ありがとうございます。

          色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑  クリックで応援、よろしくお願いします♪




KKKKKKKKKKK

暮らしのひとコマ

ここ数日温かくて、

夕方からあたたかい雨が降りました。



雪ではなくて、雨が降ると、春が一歩近づいたなと思います。

Imgp1765_2

この写真、ちょっとわかりにくいかな。

冬の間、氷で遊んだり、寒風の中鳥を見たり、自転車で遊んでいた結果の、

あかぎれだらけの手です。

Imgp1768

強い寒さが過ぎつつあるので、もう随分治ってきて、かさぶたで黒くなっています。

手の甲から上は、実物はかなり黒くて、しわしわです・・。

(スス汚れやドロ汚れもついてるので(*^-^)、全部あかぎれではありません)

今時分、日本で暮らしていて、こんな手をしている子は、あんまりいないだろうなあ。



 他の子も似たような手になっています。

yanyanはあかぎれにはなりませんでしたが、

2歳児の手とは思えない、ごわごわなゾウさんのような手をしています。






********************

なかやの情報コーナー

 こんなこと、やってます↓↓↓

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。




「味噌作りキャラバン 参加者募集中」 

 なかや産無農薬大豆・信州産米の麹・自然塩と、味噌作り用具を積み込んで、

あなたの街に伺います。
 

 一度に60~70キロの味噌が出来上がります。

仲間をあつめて、美味しい・楽しい「味噌作り」をしませんか?

オプションで「みんなで作るベジタリアン野外料理教室」も同時開催できます。

こちらもお薦めです。
                     →詳しくはこちらをチェック!

2011年2月 6日 (日)

柚子ペパロン☆コカブの豆乳クリームパスタ

 柚子があるうちに、作ろうと思っていたパスタです。

tokiがあまり柚子好きではないため、不在中を狙ってました (o^-^o) 



 豆乳が絡んだパスタは、とってもご馳走です。

残り少なくなってきたカブも、甘くてとっても美味しくて、

子ども達にも好評でした。(◎´∀`)ノ

Imgp1679

<材料>スパゲッティ         300g         (豆乳クリームソース)

     (具)                        豆乳              2C

      柚子            1個        味噌             大さじ2

      コカブ            3個         塩               小さじ1/2     

      にんにく          1片         ゆずしぼり汁        大さじ1

      菜種油            小さじ1       

          塩              小さじ1

      水               1/4C

             唐辛子           お好みで

<作り方>①柚子の皮を包丁でむき、千切りにして、

        豆乳クリームソースの材料をまぜておく

       ②パスタをゆでている間に

        フライパンでにんにくをいため、香りがたったら、柚子皮と塩、

        まわし切りしたカブを入れて軽く炒め、水を入れて蒸煮する

       ③ゆで上がったパスタを豆乳ソースに絡めてから、②とあえて、器にもる



 唐辛子を入れる場合は、②の行程で入れてください。

うちは子どもが小さいので、私だけ、あとから一味を振りかけて楽しみました。



 オイルはオリーブオイルがあれば、そちらの方がお薦めです。

うちのオリーブオイルは、現在瓶の中で固まっていて、使えないんです (^-^;

(ちなみに、ごま油も冬眠中)

オイル達が溶けて使えるようになると、本格的な春を感じる、なかやの台所です。






        
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪





+++++2月10日まで マクロビオティック・マルシェさんサイト

       ブログ紹介ページにて、ご紹介いただいています☆

TTTTTTTTTTTT

暮らしのひとコマ

「オレも石窯をおぼえたいから、教えて。」とWac(8歳)に言われたので、

パン種をこねるところからやってもらうことに。

Imgp1583

石窯の火入れや、種の入れ時、パンの発酵具合の見極めを覚えるのはこれからだけど、

無事に美味しそうなパンが焼けて、本人かなりご満悦( ´艸`)



========

長くなるので、ここからは、関心のある方のみ、読んでいただければ・・・



 今回の豆乳は、大豆を丸ごと使っています。

搾る手間を省いて、

以前からもったいなく思っていた、搾り布にしみこんでしまう豆乳の無駄も解決。

うちでは大豆を作っているので、(今年の収穫量は190kgでした)、

豆乳を買うより、作るほうが断然お得なんです。(しかも美味しい(≧m≦))



 大豆の分量と水の分量と味の比較を実験してみました。

 水2Cに茹で大豆2C・・・・・・濃くて、どろっとしてます。  ☆

      茹で大豆1C半・・・・普通の濃さ

      茹で大豆1C・・・・・ 薄めの濃さ

 私はふだん、豆乳とおからを作る時は、☆の濃いバージョンで作ります。

出てくる豆乳も濃厚ですが、ちょっとしぼり辛いです。

また、これ以上水が少ないと、ミキサーが回りません。



 豆乳作りには、フードプロセッサーではなくて、パワーのあるミキサーを使います。

水には、大豆の茹で汁を使ってもOKです。

(私は茹で汁は、お汁などで使ってしまうことが多いです。)



 今回のパスタソースには、☆を使いました。

                       

  

2011年2月 5日 (土)

お豆腐と冬野菜で☆スパイス味噌漬け

 先日作ったいんげん豆&お豆腐の酢味噌ノマリネが美味しかったので、

もう一度、お豆腐を酢味噌に漬けこみました。



 今回は、友人にお薦め!といわれたスパイスのコンビを投入。

また、長ネギを玉ねぎに変えてみました。

シンプルな酢味噌あえも美味しいですが、

このスパイスのコンビは絶妙で、食べてびっくり、!!(゚ロ゚屮)

とっても美味しくて、パンにも、ごはんにも合いました。




 あまった場所で漬けた人参やカブも、とっても美味しかったです。

Imgp1085

<材料> 木綿豆腐          1丁              縦横4等分

       玉ねぎ            1/2                            みじん切り

       銀杏              10個              殻をむいて、10分ゆでる

       人参              1/2本            拍子切り

       コカブ           1個               薄切り

        味噌              1/4C

             柿酢              1/2C

              オールスパイス        小さじ1/2

              シナモン            小さじ1/2

<作り方>①平たいパットに、調味料をすべてと、玉ねぎを入れて、お酢で溶く

       ②切った豆腐と人参、カブを①に漬けて、しばらくしたらひっくり返して一晩置く

       ③深めのタッパーに豆腐を並べ、他の野菜もすき間に入れて、

        上から漬け液をのせて、1時間以上置いてから頂く

       

オールスパイスとシナモンの組み合わせ、

本当に美味しいです!(Sちゃん、ありがとう!ヽ(´▽`)/)




にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ 今日もご訪問ありがとうございます。(゚▽゚*)

          色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑  クリックで応援、よろしくお願いします♪





JJJJJJJJJJJJJJ

暮らしのひとコマ

 数年前に大工さんにもらった廃材の合板。

真ん中がたわんでいて、格好の子ども達の遊び道具です。

Imgp1689 Imgp1693 Imgp1692_2 Imgp1687_2

こうやって、飛んだり、自転車で昇ったり、

片側を高くして、スケボーにすわり乗りしてすべったり、

こんな板切れ一枚だけど、4人兄妹みんな楽しんでます。

2011年2月 4日 (金)

ノンシュガー♪ココナッツ・ビターチョコアイス

 かぼちゃの甘味を利用して、チョコクリームを作ってみました。

甘酒や果物に比べて、甘味が少ないことを逆に利用して、ビターテイストを狙って、

ココアパウダーとラム酒をたっぷり入れて、オトナ味にしました。



 ココアは味が強いので、かぼちゃの味は残りません。

これで、ティラミスでも作ろうかなあと思って、戸棚にしまって、寝ました。



 翌朝取り出したら、

なんと、コオッテル ( ̄ロ ̄lll)



 でも食べてみたら、ベースがかぼちゃのせいか、カチンコチンにならないで、

さっくり、アイス的に凍っていておいしい♪



 ということで、ティラミスは先送りで、アイスのまま子ども達と頂きました (◎´∀`)ノ

Imgp1205_2

<材料>カボチャのマッシュ    270g

      ココアパウダー      大さじ3~4

      塩              一つまみ

      ラム酒           小さじ2~3

      菜種油           小さじ1~2

      ココナッツパウダー    適量

      リンゴ            1/2個分

<作り方>①リンゴを1/8に切り、さらに2等分して、塩をふって蒸煮しておく

       ②カボチャとココア、塩、ラム酒、菜種油を加えて混ぜる

       ③クッキー型などに②を1cm程度つめて、①を一切れ入れて、

         再び②をかぶせてから、凍らせる

       ④ココナッツパウダーを上からかけて、そおっと型を抜く



 クッキーの型、私は直径5cmのものを使いました。

初めから冷蔵庫で凍らせるのでしたら、氷製器に入れるのもいいかもしれません。




 果物をそえて、いっしょに頂くことでジューシーになって美味しいです。

おいしいカボチャを使うよりは、甘いけどベシャッとしてたり、甘いけどほっくりしてないような、

ちょっと物足りないカボチャを使うといいと思います。


 甘さ控えめですので、②の段階で味見をして、

足りない方は、お好みの甘味料を加えてくださいネ (*゚▽゚)ノ



         
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪








PPPPPPPPPPP

暮らしのひとコマ

 だんだんメカ好きになってきたFu(11歳)

農具や工具を見る目も変わってきていますが、最近彼が気になっているのはカメラ。

大人が愛用していなかったものとはいえ、デジカメを1つ壊してしまい、がっくり。

 その後、図書館で見つけた本をみて、

シコシコと作ったのが、このピンホール・カメラ。

この熱意とチャレンジ精神は、脱帽ものです。

Imgp1230_2

 ちゃんとフィルムも入る、本格的(?)なもの。

うちに使わなくなったフィルムが余っているのも、ちゃんとチェックして知っていたらしい。

途中からtokiに相談して、アドバイスもらったり、

足りない部品を買ってもらったりして、完成させました。 




 木でケースまで作って、tokiとの千葉旅に持っていけるように準備も周到。

「デコさんの家で、エバレットさんに写真を教わるんだ」と、

先ほどはりきって出かけて行きました。 



 Fuと10日間も離れて暮らすのは、これが初めて。

色んな人と出会って、楽しんできてほしいなあと思います。     

        

      

2011年2月 3日 (木)

節分の炒り豆の活用に☆きなこ味の浸し豆

 今日は節分、明日は立春。

立春を過ぎると、寒さが少しずつ和らぐので、

毎年冬になると、どこかで立春をめざしています。

 子ども達も、この日をとても楽しみにしてきました。

鬼のお面はそれぞれもう作ってあるし、

「歳の数、食べるんだよね♪」「いつ豆まきしようねえ♪」

と盛り上がってます ( ^ω^ )




 なかやの節分の豆まきは、立派な炒り豆ではなくて、

カビていたりして、食べられずに畑に戻して肥料にするレベルのクズ大豆です。



 でも、これなら、外へまいてももったいなくないし、

子ども達も思う存分豆まきと鬼を楽しみます。

(4人もいるから、まく量も半端じゃないんです・・)



クズ豆で福が呼べるのか?という疑問もふとよぎりますが・・・(*^-^)





 それはいいとして・・・

炒り豆って、ぼりぼり食べてもとまらなくて美味しいですが、

持て余す場合もありますネ。

今回は、そんな炒り豆を美味しく頂くレシピの紹介です。



しかも、とっても簡単♪

Imgp1029

<材料>炒った大豆    1C

      醤油         1/4C

      水          1C

<作り方>炒り大豆を容器に入れて、水と醤油を注ぎいれ、丸一日以上置く




 これだけです☆

時間はかかりますが、じわじわとふくらんだお豆、きなこの味がして、

とっても美味しくって、おすすめです。

このまま食べても、はりはり漬けにしても美味しくて、アレンジ自在です。



 割り醤油は、温めても良いのですが、

温めなくても丸一日たてば大豆がふくらむので、簡単な方を選びました。



 節分を終えて、余っている炒り豆があったら、

ぜひお試しくださいネ。



にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ  色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑  おかげさまで見に来てくださる方が増えています。

          クリックで応援、よろしくお願いします♪





DDDDDDDDDD

暮らしのひとコマ

かまどでも、石窯でも、火をつけると、必ず寄ってくるyanyan(2歳)

Imgp1094_2

あんまりあったかじゃないよ・・・(それは今つけたばっかりだからヨ・・・)

「まきいれよう。yanyanがやる・・・」

Imgp1096_2

あれ? きえた?・・・(というか、消した (^-^; )

Imgp1100

ひふぼー、ちょうらい♪

Imgp1097_2

息をすって、思いっきり、ふぅ~~~~

Imgp1106

ヨダレでべちょべちょな火ふき棒は、yanyanが火遊びしたしるし ☆

充電が切れて、このあとの写真はありませんが、

ちゃんと火は復活させてくれました。

2011年2月 2日 (水)

牛蒡とマカロニの即席カレー

 剪定枝の片付けをしていて、戻ってきたら11時半を回っていました (;゚∇゚)/

すでに腹減りKIDSは腹減りコールを始めているのに、

急にカレーが食べたくなりました。 



 今の時期は、野菜は土蔵に保存してあって、

その時台所にあったのは牛蒡のみ・・・(^-^;

蔵に野菜を取りに行っている間に、かまどの火が消えそうだし、

一番食べるtokiとFuがお出かけ中なので、なんとかなるかなあと、

牛蒡だけでカレーを作ってしまうことに。



 牛蒡は早く煮えるようにフードプロセッサーでガーッ。

マカロニは、別ゆでしないで、茹で汁ごと使って、

早く煮えるレンズ豆も起用したところ、

あっという間に、おいしいカレーができました (◎´∀`)ノ

Imgp1144_2

<材料>牛蒡          1本      フードプロセッサーで粉砕か、小さく切る  

      マカロニ            200g    江別製粉の国産小麦のマカロニを使いました。

      赤レンズ豆      1/2C

      ガラムマサラ     大さじ1  カレー粉でも

      ターメリック      小さじ1   

      水            3C  

      味噌          大さじ1 

      生姜          一片     すりおろす  

      塩            小さじ1  

<作り方>①鍋に水を入れて、沸かしている間に牛蒡を粉砕しておく

       ②鍋に牛蒡とレンズ豆、スパイス、調味料を入れ、沸騰したらマカロニを加える

       ③吹きこぼれないようにずらしてフタをし、

        時々マカロニが鍋底にひっつかないように、木へらで混ぜる

       ④マカロニが柔らかくなって、全体トロミがでたら火をとめ、醤油で味を整える



 

 マカロニは種類によって、吸い取る水分量が違うと思います。

水分が早くなくなってしまっても、マカロニが茹らないようなら、水を足してください。

逆に水分が多い場合は、米粉や片栗粉を水で溶いてとろみを出してください。




 小さいお子さんが食べる場合は、生姜は入れない方がお薦め。

大人だけあとから加えても美味しいです。




         
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪




RRRRRRRRRRR

暮らしのひとコマ

toki、順調にコンポスト・トイレ製作中♪

子ども達は、合間に手伝ったり、作業を見ていたり・・

Imgp1181

そこへyanyan(2歳)、割り込みながら登場。

Imgp1182

yanyan(2歳)、めずらしくイタズラせずに、真剣に、真剣に作業を見守ります。

(Jirは場所をとられて退場・・)

Imgp1184

覗き込みすぎ・・ちょっと危ない・・(^-^;

Imgp1186

夕方まで、かなづちの音が響くのが心地よいです。(* ̄ー ̄*)

2011年2月 1日 (火)

なかやの定番☆煮なます

 お正月に頂いたすぐあとに、子ども達からリクエストをもらってました。



 この煮なますは、tokiの実家の定番おせち料理。

初めて頂いた時、とっても美味しくて、

以来我が家ではお正月以外にも、たびたび食卓にのぼる定番料理です。



 教わった作り方から、だんだん私流に代わってしまいましたが、

「なかや」でこの料理を出して好評で、

レシピをお伝えした方も、少なくなかったと思います。



 人気ですぐなくなってしまうため、冬は2回分食べられるように作ります。

レシピは作ったそのままなので、

お試しで作られる場合は、半量を目安に作ってみてくださいネ。

 Imgp1083_2

<材料>大根          600g                千切り

      人参          1本                  千切り

      油揚げ         3枚                  千切り

      しらたき          400g                  5cm程度に切る

      塩             小さじ1/2

      柿酢            1/2C~好みで調整

      醤油            1/4C~好みで調整

             えごま/ごま        1/4C                 えごまを使いました

<作り方>①鍋に、しらたき、油揚げ、大根、人参、塩の順に重ねて煮る

       ②鍋から湯気があがって、人参がしんなりしたら、柿酢と醤油を加えて

        さらに煮て、全体味が馴染むように、菜箸で和える

       ③翌日煮返すと、さらに味が深まる。最後にエゴマかゴマをあえる




煮すぎると、大根が千切れてしまうので、あまり煮込まないほうがおすすめです。




今回のレシピは重ね煮という方法です。

それぞれのお野菜の旨みがお鍋の中で調和されて、とても美味しくなります。

ノンオイルでシンプルな料理をする時に、便利です。

重ね方はお野菜によって順番があるのですが、

大体は、身体を冷やすものが下のほうで、上の方が身体を温めるもの、という順番です。





お酢と醤油はお好みで調整してくださいネ。




作りたても美味しいですが、1日、2日たったものもお薦めなので、

常備菜としても、重宝します。 




  
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます。

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪



HHHHHHHHHHH

暮らしのひとコマ

まだまだ寒いですね  (@Д@;

でも、野草たちの成長を見ていると、

確実に春が近づいていることを、日々感じています。(゚▽゚*)

Imgp1063

小さなスケートリンク@家の前。丸一日凍ったままで、大人がのっても大丈夫。

yanyan(2歳)のステージでもあります。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »