フォト
2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 小豆レモンのソフトセサミクッキー | トップページ | ホックリ♪じゃがコーヤの米粉バーグ »

2011年2月18日 (金)

これなら手軽で簡単☆炒り味噌ふりかけ

 お味噌とゴマをあえて、丹念に炒りあげて作る炒り味噌ふりかけは、

とっても美味しくて、なかやでも人気なふりかけでしたが、

作るのに根性がいって大変、という難点があって、

たまにしか作っていませんでした。


 
子ども達からのリクエストで、久しぶりに作ろうと思っていたところ、

先に味噌を乾燥させておけば簡単かなあと思って、

石窯の余熱を使ってみたら、うまくできました。o(*^▽^*)o




 かかる時間はいっしょでも、これなら火の前にへばりついて、

必死で焦げ付く味噌をヘラでゴシゴシこそげながら作らなくても、

電気に一部頼ってしまいますが、

簡単にできます♪




 オーブンやトースターでもできると思うのですが、

温度はドライトマトのように、140度くらいでしょうか?

もう少し気温が上がってきたら、天日干しもいいかもしれません。




 こんな、頼りないレシピでごめんなさいね。

でも、あの炒り味噌ふりかけの大変さと美味しさをご存知の方なら、

作りたくなるかも・・・と思ってUPしました。

Imgp1975

<材料>味噌              1C

      エゴマ/ごま          1C

<作り方>①オーブンシートに味噌を薄く広げる

       ②パンを焼いたあとの余熱で1時間ほど、じっくりゆっくり乾燥させる

       ③水分がぬけて、パリッとしたら、フードプロセッサーでえごま/ごまと粉砕する



 うちはエゴマをたくさん収穫しているので、エゴマで作りますが、

ゴマもとってもお薦めです。

どちらにしても、作る前に炒るとさらに美味しさUPです。

         
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪


KKKKKKKKKK

暮らしのひとコマ

突然玄関を出たところで始まる絵の具タイム。

1人が描き始めると、1人、また1人とつられて描き始めるのが面白いです。

Imgp1852

なぜここで描くかというと、

広くて平らで、水がすぐ汲みに行けるからだからだそうです。

(室内だと、水汲みに、いちいち靴を履くようなので)




 そうそう、先日書いた、氷と水の違い。興味を持ってくださった方も多かったので、後日談です。

あの数日後、雪が降りました。

コップにいっぱい雪をつめておいたのが、

解けて半分くらいの水になっていたのを発見したWac(8歳)。

ふと先日考えたことを思い出したようです。

「雪と氷の違いってなんだろうなあ。似てるけど、違うよね。」




 そして、今度は夜の間に、自分で水を凍らせる実験をすることを思いつきました。

一日目は、しるしをつけなかったので、あまり変化がわかりませんでしたが、

2日目は、容器を細長いものにかえて、テープでしるしをつけたので、わかりました。



 「なんでそうなるのかはわからないけど、水が氷になると、増えるんだね」とWac.

 「小人が魔法をかけたってことも、ありえるけどね。(←小人説を捨てたくない人)

  でもそれなら、水をいつも氷にしとけば、どんどんどんどん水が増えていって、

  飲んでも減らないってことになるのか・・・。

  これは、大発見だぞ。いいこと思いついた(゚▽゚*)」とまだ半分夢の世界を生きているJir



 雪と氷の違いは、

Wac「雪はダイブして顔をつけても息ができるけど、氷は多分できないと思う。

    でも、その実験は痛そうだし、やりたくないなあ。」

でした。

« 小豆レモンのソフトセサミクッキー | トップページ | ホックリ♪じゃがコーヤの米粉バーグ »

ごはんのとも」カテゴリの記事

コメント

けいこさん
 私もいっしょだよ~。
正しい答えがいつも大事で、答えは一個で、
それも、大人に気に入られないといけなかった・・
(と思っていた)

 今回思ったのはね、私が聞かなくても、
子どもって、頭の中で、
こういう疑問や気付きがいっぱいあるんだろうなってこと。
それは、うちみたいな環境じゃなくても。
ただ、答えが決まってると思ってると、
子どもって、そういう自分の正直な感性が恥ずかしくなって、
話したり、表に出したりできなくなるだけなんじゃないかな。
 うちの子だと、下に行くほど知識が小さいうちから入っていくから
(上が伝えるし、下の子の考えを辛辣に否定する場合も)
だから、より下の子の世界を大事にしたいなと思ってるの。

masakiさん
えごまと味噌は、練り合わせるだけでも、ごはんのともです。
(ごまと味噌も)
小人説は、幼稚園時代くらいは、うちの子はもってるんです。

Fu(11歳)なんかはその傾向が強かった子で、
(6歳ころまで、空想のともだちを何人も引き連れてました)
最近佐藤さとるの「コロボックルシリーズ」を読んで、
うちの周りにもいないかな~なんていいながら、
半分以上マジで探してます。
兄弟の一番上がそんな風なので、小人説は根強いんでしょうね。

 これから私もmasakiさんのブログへおじゃましま~す。

 

余熱を使う方法はniceですね。!(^^)!
エゴマと味噌、たぶん私、大好きな組み合わせです!

味噌、といえば私も本日アップの記事、
味噌関連ですよ。^^

お子様たちの会話、いいですね~。
小人説、最高に素敵な発想!!

☆☆

いつも答えを知識として受けてきた私は、
こんな学びをできる環境が、ほんとにスバラシイと思います。
疑問があって、体験があってこそですよね。
外からではなく、内からのわき出でるものが人間らしい姿なんだなと感じました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1372364/38891373

この記事へのトラックバック一覧です: これなら手軽で簡単☆炒り味噌ふりかけ:

« 小豆レモンのソフトセサミクッキー | トップページ | ホックリ♪じゃがコーヤの米粉バーグ »