フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« いんげん豆ときなこのボール | トップページ | 干ししいたけとのりの佃煮 »

2011年2月24日 (木)

煮りんご入りのあま~いポテト

 次の収穫までのあいだもつようにストックしているじゃがいもが、

春を感じて芽を出し始めました。

芽が出たじゃがいもは嫌われがちですが、

じゃがいもは、芽が出るころが一番糖度が上がって美味しいそうです。




 芽はほっておくと、じゃがいもの中に食い込んで、新たな生命活動にむかうので、

時々蔵からじゃがいもをしまっている箱ごとだして、一斉に芽かきをします。

始めた頃はまだ寒く、数が多いので3時間くらいはかかってしまう仕事ですが、

だんだん食べて減っていって、ラクな作業になります。




 さて、そんなじゃがいもと、作っておいたノンシュガーの煮りんごジャムが残っていたので、

おやつを作ることに。(◎´∀`)ノ

 煮りんごのおやつは、粉物で作りがちですが、

量も少ないし、増量もかねて、イモとあわせることになったのです。




 ふだん食べているじゃがいもは、おイモの甘さレベルなので、

普通の蒸ジャガが出てきたと思った子ども達はちょっと驚いた様子。そして好評でした。




 ごはん時のおかずにしても、春巻きに巻いたり、パイなどに入れても美味しそうです。


Imgp2064

<材料>じゃがいも           300g

      りんご             1/2個

      塩                少々

      豆乳               大さじ1

      レモン汁            1/4個分

<作り方>①リンゴを8等分サイズに縦切りにして、幅1cm程度に切り、

        塩を振って小鍋でじっくり蒸煮する。

        りんごが柔らかく透明になったら、フタをあけて水分をとばす

       ②①の間にじゃがいもを蒸して、皮をむき、リンゴと同じくらいのサイズに切る

       ③①と②をあわせ、レモンと豆乳をかける



 たまたまあったので入れましたが、

レモンや豆乳を入れなくても、とっても美味しいです。


 煮リンゴは、はじめ焦げないか心配になると思いますが、

弱火でじっくり作ると、だんだん塩のおかげで水分が出てきます。

私は余ったもので作りましたが、使った量からだいたいの目安でレシピに加えました。

量が多いほうが作りやすいです。




にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪



UUUUUUUUU

暮らしのひとコマ

 昨日はなかやで醤油搾り。

Imgp2102

大きな釜と兄妹背比べ。

yanyan(2歳)の背が、真横に立つと釜とちょうど同じくらいでした。


 温かかったこの日、yanyanは突如脱ぎだして裸になり、

家の前の池巣(この間まで凍っていた)に、おしりまで入りました。

やっぱり冷たかったらしく、速攻で出てきましたけど・・・(*^-^)

« いんげん豆ときなこのボール | トップページ | 干ししいたけとのりの佃煮 »

イモ類」カテゴリの記事

自然派おやつ(かまど)」カテゴリの記事

果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1372364/38928476

この記事へのトラックバック一覧です: 煮りんご入りのあま~いポテト:

« いんげん豆ときなこのボール | トップページ | 干ししいたけとのりの佃煮 »