フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ザクザク香ばしい♪米粉のグラノーラ・レモンケーキ | トップページ | 梅味噌味☆レンコンとコカブの蒸し巾着 »

2011年2月11日 (金)

いんげん豆の生姜焼き

 豆のしょうが焼き??と思われると思いますが、

なかや定番の「大豆の唐揚げ」のいんげん豆バージョンみたいなもので、

揚げずに作ってみました。



お酢が入っているのが,ポイント。

想像しにくいかもしれませんが、

とってもあとをひく味で、特に子ども達が喜びました o(*^▽^*)o

Imgp1799

<材料>茹でたいんげん豆       1C     シモササゲを使いました。

                               白いいんげん豆や、金時豆でも

     片栗粉               大さじ2

     にんにくすりおろし        2片分

     生姜すりおろし          小さじ1       

     醤油                大さじ1

     柿酢                小さじ1

     菜種油               大さじ1

<作り方>①温めた豆に醤油、にんにく、生姜、柿酢を入れて、あえておく(10分以上置く)

       ②片栗粉をまぶして、フライパンに油をひいて温める

       ③はじめは片面を焼くようなイメージで、フライパン全体に豆を広げる

       ④こげる前にフライパン返しでひっくり返して、後はフライパンをゆすりながら

        衣に火を通す




 球状なので、両面を焼こうとせずに、、

片面焼いた後は、焦げ付かないように全体に火が通っていればOKにします。

出来上がりは、写真のように豆同士くっついているところもあれば、

くっついていないものもある感じです。

 はじめに豆をあたためるのは、その方が味がしみるためです。

本当は炊きたてのお豆に調味料を加えておく方法が、一番味がしみます。

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪




YYYYYYYYYYY

暮らしのひとコマ

 家の前の池巣の氷がとけてきて、表面がうっすら凍っているだけになりました。

氷を棒でつっつきながら

「毎年氷がとけると、なんで、水の量が減っちゃうんだろう?」

Wac(8歳)が首をかしげていました。

Imgp1884

 これは、いい機会だなあと思ったので、Jirもさそっていっしょに考えることに。

ヒントは、この間、夜止水栓を止めなかったために、

朝になったら、蛇口から氷がにょきっと出ていたこと。 

・・・あの時の氷は、どうしてつらら型じゃなくて、ホースみたいな形をしていたのでしょう?

考える子ども達。

Jir(6才)「夜のうちに、小人が水道にもぐって、押したんだよ(゚▽゚*)」  

Wac「なんか大きな力がかかったんだ!」 



・・・凍らずに水だったら出てこないはずなのに、どうして氷はでてきたのかな? 

・・・水と氷の違いって?

Jir「氷のほうが水より力が強い。おすもうとったら、氷のほうが勝つと思う。

   氷は押せるけど、水は押せない」

Wac「水でも流れてれば押せるよ。川の水なんて、すごい強いよ。」

    でも水道の中は止まってるから、氷の方が強いかも。」

   「ん?でも氷だって水道の中で止まってるはずだよ?なんで動いたんだ?」

Jir「やっぱり、小人?」



 Jirは小人説が有力ですが、Wacは小人とは思ってないようなので

ここまで考えて、わからなくなりました。



 あとちょっと!

2人の謎解きは、続きます。( ^ω^ )

« ザクザク香ばしい♪米粉のグラノーラ・レモンケーキ | トップページ | 梅味噌味☆レンコンとコカブの蒸し巾着 »

豆類」カテゴリの記事

コメント

pesceful childさん

 ありがとうございます。
私も自然とそうしてるものがあって、なんだか嬉しいです。
カルダモンは、火を通すと香りがなくなってしまう気がして、
カレーの時も、出来上がりに入れてました。
フェンネルは使い方が解らずに、庭先で大きくなっていました。
生でまた試してみます。
 スパイスのことは、まだまだわからないことが多いので、
勉強になります。

わたなべさん
 わあ、コメント、ありがとうございます。
お元気そうですね。
 見守る・・・なかなかうちもできてないですよ。
余裕がないと、全然・・・(汗)
今回みたいな謎解きは、時々やるんですけど、
子どもって、大人が思いつかないようなことを考えてるので、
こちらも発見があります。
氷とお相撲なんて・・・でも、なんだか納得するし、
Jirの頭の中を考えると面白いです。

 こういう自然界のなんだろうっていっぱいありますよね。
今すぐ科学的な意味の本当のことがわからなくても、
いいのかなと思うんです。
ただ、毎年氷がなくなると水面が下がること、
止まっている時は何も怖くない水が、流れ出すとすごい力をもっていること、
それを知っているだけで、充分かなあと。

 そして、本当に科学的に知りたかった時にその答えに出会った時、
ものすごい興味と集中力をもって、さらに知識が欲しくなっていく姿、
エネルギー、子どもの持つパワーに驚かされもしています。
Fuは、もうそういう年頃になってきているようです。

 今回、Fuがいなかったのも、二人が考えるのには
よかったように思います。
普段は、私の知らないところで、Fuがえらそーに豆知識を教え込んでいたりする分(しかも、インチキな場合も多い苦笑)、
真ん中二人の想像力が広がらないので。

それではまた。

masakiさん
こんにちは☆
私も、この後が気になります~。
その時は、いったん話が途切れたので、続きはまだなんです。
でも多分、またひょっと思い出して、なにか言ってくると思うんです。

お豆にしっかり味がしみこんでいて
おいしそう!(^^)!
おつまみにもよさそうですね。^m^

日々の生活からお子様たちが考えることが
できるってすごく大事なことですよね。
謎解きの続きが気になります。^^

凄いなぁ、感動してます。私だったら、すぐにでも答えを言ってしまいそう……。沙羅がジモリに入って、知ったことのひとつに、とにかく、とことん「見守る」ということがありました。ジモリの教員たちはひたすら見守ってくれます。子供たちには潜在的に素晴らしい力があるから、それでいいんだよねぇ。ついつい、余計なことを言ってしまいがちだけど、子供たちに必要なことは「見守られている」ということで、それが一番大切なのかもしれませんね。

なかなかこちらに訪れることができずに、お返事がおくれ失礼しました。
興味をもっていただき、ありがとうございます~

火を通さない方がおいしいスパイス…(というご質問にお応えしてですが)
わたし個人の好みですが、シナモン、カルダモン、フェンネル、胡椒、レッドチリ、アムチュール(マンゴーパウダー)、マスタード(火をとおしてもすばらしい)です。

カレーにつかうスパイスは、調理の時に火をしっかりとおしますので、生でパウダーということです。(おっしゃうとおり鮮度のため)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1372364/38798237

この記事へのトラックバック一覧です: いんげん豆の生姜焼き:

« ザクザク香ばしい♪米粉のグラノーラ・レモンケーキ | トップページ | 梅味噌味☆レンコンとコカブの蒸し巾着 »