フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 小豆入り♪根菜の重ね煮 | トップページ | ラフランス&米粉のういろう »

2011年3月 7日 (月)

ナズナと玉ねぎの焼きうどん

 今朝は雪ですし、雨の日以外は、まだ霜がおりていますが、

日中は、急速に温かくなってきました。




 おいしい野草も、あちらこちらで目につくようになってきたので、

摘む場所を探すのも、ラクになってきました。




 ずっと待っていたなずなが、少しずつ葉をのばし始めてきました。

普通は、七草の時のみ頂く方が多いと思う「ナズナ」ですが、

なかやでは、芽吹き始めると、常食します。

まだ小さめなものが多かったけれど、待ちきれなくて少し摘んできました。



 そして、さっそく、焼きうどんの具にして頂きました (◎´∀`)ノ。

なずなはアクが全くなくて、ほうれん草に似た、濃い味がします。


 ああ、久しぶりな味。おいしかった~ ( ´艸`)。

家族みんなで、少しの量でしたが、とってもおいしく頂きました。

Imgp2357

<材料>なずな          摘めた量

      玉ねぎ          1/2個

      醤油            適量

      菜種油          小さじ1

      ゆでうどん        1人分

<作り方>①玉ねぎを薄切りにして、塩をふって炒めて、フタをして蒸煮する

       ②なずなをよく洗って好みのサイズに切って、①に加え、醤油で味を整える

       ③ゆでておいたうどんの上に②をのせて、あえながら頂く



レシピが適当でゴメンナサイ。

なずなは、こんな風に普通の菜っ葉と同じように簡単に使えておいしい野草なのです。




 写真↓が、なずなです。

なるべく花が咲く前のものを摘みます。

花が咲いていても食べられますが、花の茎の部分は硬いので、のぞきます。

花が咲くとわかりやすいので、花が咲く頃に場所と葉の感じををチェックしておくと、

翌年に摘むことが出来ます。

Imgp2327

 摘む時は、根っこを残しておき、すべて摘み取らずに、数株残しておきます。



       
              

SSSSSSSSSSSSS

暮らしのひとコマ

「今日は何作ろうかなあ。」

毎日、何かしら作っているWac(8歳)の本日の工作。

Imgp2294

Wacちゃんのスゴイところは、

作り始めると、もくもくと出来上がるまで作り続けること。

Imgp2298

そして、気に入らない箇所があると、惜しげもなくやり直すこと。

Imgp2310

翌朝、でき上がりました。民族楽器、カリンバです。

さっそく弾いています。

Imgp2311

大きい写真もとって、と頼まれてパチリ。

ところで、後ろに写っておいでの半ケツのお嬢さんは、何をしているのかというと、

大豆の茹で汁のあまったのを舐めようとして、頭を釜につっこんでいるのです・・・(*^-^)




=====================================

        今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

             にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ         

        色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

        クリックで応援、よろしくお願いします☆

« 小豆入り♪根菜の重ね煮 | トップページ | ラフランス&米粉のういろう »

麺・丼もの・ごはんもの」カテゴリの記事

野草・山菜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1372364/39098440

この記事へのトラックバック一覧です: ナズナと玉ねぎの焼きうどん:

« 小豆入り♪根菜の重ね煮 | トップページ | ラフランス&米粉のういろう »