フォト
2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 和風味☆ミニトマトの生姜醤油焼き | トップページ | 新玉ねぎと小豆のつめ焼き »

2011年5月30日 (月)

Fu、12歳

 5.29はFuの誕生日。

うちの子ども達にとって、自分の誕生日とクリスマスは、一年の中で最も楽しみにしている日。

特に誕生日は、自分にとっての特別な日として、

大げさではなくて、一年中その日を楽しめるように、気にして過ごしています。


 今年のFuは、震災後、

その楽しみが奪われてしまうのではないか、という不安がつきまといました。

「大丈夫、誕生日はちゃんと祝うから」という親の言葉をよそに、

少年の頭の中は不安で一杯、そんな数ヶ月でした。


 先週に入って、tokiの祖母の急変、葬儀が入り、

前日、間に合うかと帰省から帰ってきたものの、

楽しみにしていたバスでの野鳥の観察会は、台風により断念。

そして当日、

なんとか気分をかえて、

愛するインコたちの性別を聞きに小鳥屋さんに赴き、

より良い飼いかたを教わり、

大好きな色んな落語家のDVDを図書館で借りて 

Imgp2822

直径18cmの型で作ったイチゴのタルトを、ぺろりとお昼ごはん代わりにたいらげ、

Imgp2838

急遽やってみたかったバッティングセンターへ、。

Imgp2869

その後は、

2年ぶりのカラオケへ。

Imgp2874

キヨシロー、トータス松本、ブルーハーツ、吉田拓郎

歌いまくり・・・

Imgp2882

この人も

Imgp2855

この人も、弟妹たちも大いに楽しんだ

熱唱の1時間半。

母としては、歌わなくても、子どもたちを見てるだけで面白かった・・・。

Imgp2879

終盤に入って、Fuが自分で選曲した曲にハッとしました。

拓郎の7月26日未明

これって、今へのメッセージじゃん・・・。

tokiは高校時代、影響を受けた曲だったそうで、

つまり、いつ、どんな時でも、フィットするメッセージソングなんだと思いますが、

この歌を、まだまだ幼いと思っていたFuが選んだことに、

感動した母でありました。





 間に合うさ、間に合うさ、遅すぎることはない・・・

そうあって欲しいと願います。

聞きたいのは安心ニュースではなくて、本当のことだし、

でもそれを知ることで、

日々の暮らしには、不安がつきまといます。




 私も含めて、

自分の住んでいる、ここは大丈夫なんじゃないか?

みんな、そう祈る気持ちで暮らしているのかなあと思います。




 本当に本当に、

子ども達に元気つけてもらって、

希望をもらって、

笑いをもらって、

暮らしてます。

ありがとう。

生まれてきてくれて、本当にありがとう。


       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                   にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ

          クリックで応援↑↑↑、よろしくお願いします。
 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

« 和風味☆ミニトマトの生姜醤油焼き | トップページ | 新玉ねぎと小豆のつめ焼き »

コメント

ゆみえさん
 カラオケでは、
きよしろうの若い頃(30代くらい)の映像が出てきたよ。
結構曲数あるもんだなあと思いました。


 おうちの場所、迷う気持ち、わかります。
昨日うちはお客さんで、千葉から宮崎に移る家族が来ています。
避難していたけど、うちのように戻った友人もいます。
それぞれの選択、
その時の最善を選んでいるわけだし、
どれも間違ってないと思います。
 確信を持つのは難しくて、本当に手探り。
良い方に向かうように、自分が思い考えられるように、
焦らないように、祈るような気持ちです。

  

natsuさん、
うちのブログにコメントありがとうね。
どうするのかな~?と思ってたけど、
復帰してくれたんやね。うれしいです。
そして、
FUくんの誕生日おめでとう。
なかや×カラオケって、
びっくりやわ!!!
そんな楽しみ、わたしらまだ未経験。
おもしろいやろうね。
熱唱の写真、よかったです。
**
natsuさんたちの、
「山菜は食べてもいいの?」「お茶は・・・?}
そんな迷いながらの暮らし、
よくわかります。
こちらも、
福井にすぐ近い、
わたしたちのこの場所に、
家を建てていいのだろうか・・・。
なかなか決心つきません。
おそろしく無謀なことかも知れません。
最近は、もんじゅがとても怖いです。

わたしも、
子供たちの笑顔や、周りの森に癒されながら、
なんとか暮らしています。
子供たちが、
健康な身体で、しっかり育つことができるような、
何か、手がかりを探りながら。
脱原発に向けて、
微力でも何かできることを探りながら。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1372364/40182880

この記事へのトラックバック一覧です: Fu、12歳:

« 和風味☆ミニトマトの生姜醤油焼き | トップページ | 新玉ねぎと小豆のつめ焼き »