フォト
2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« Fu、12歳 | トップページ | クルミ入り☆紫蘇梅ゴマのお稲荷さん »

2011年5月30日 (月)

新玉ねぎと小豆のつめ焼き

 再び出不精に舞い戻っていて、

久しぶりに買い物に行って、久しぶりに油揚げを買いました。

油揚げの袋を前に、何を作ろうか楽しく思案したものの、

農繁期で忙しい合間料理を理由に、

炊いておいた小豆と新玉ねぎをあえただけという

結局簡単なものになりました (;´▽`A``



 でもこれが、見た目の地味さより、ずっとインパクトがあっておいしくて、

家族みんなにも好評でした。



 腎臓に良いとされる小豆。

10日に一度など、定期的に食べた方が良いそうですね。

今は排毒がとっても大切ですし、肝臓とともに腎臓のケアをしっかりしたいものです。

我が家では、昨年15kg程度収穫できたので、よく食卓にのぼります。

 小豆はデザートに考えられがちですが、

豆の一種というイメージで、甘くせずにシンプルな味付けで頂くと、

また違った味わいが楽しめる食材です。

Imgp2801

<材料>油揚げ    正方形サイズ    3枚        

      固めに炊いた小豆         1C

              塩                   小さじ1/4

      新玉ねぎ               1/2C

      梅酢                  大さじ1/2

<作り方>①油揚げは菜箸などを転がして、袋状にしやすくしておき、1/2に切り、

         熱湯をかけて、塩(分量外)で軽くもんでおく

       ②新玉ねぎは薄くスライスして、梅酢につけておく

       ③炊いた小豆に分量の塩をまぜて、②とあえる

       ④①に③を詰めて、軽くあぶるか、トースターで焼く


 小豆は好みもありますが、少し歯ごたえが残るように炊くとおいしいです。

 先日帰省した折に、普段と違ったお醤油を使ったところ、

とても濃い(塩気が強い)くて驚きました。

我が家の調味料は、塩以外自家製のものが多いので、

味付けの量は、目安程度にしてくださいネ。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                   にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ

          クリックで応援↑↑↑、よろしくお願いします。
 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

HHHHHHHHHH

暮らしのひとコマ

Imgp2809

「もう、yannyanは、ばっちりじゅんびしたもんね♪」

とカッパにリュックスタイルで、ウキウキなyanyan(2歳)

リュックの中身は、自分で選んだ着替えとお絵かきセット。

この時は雨も降っていなくて、出かけるのは翌日な上、

実ははだしにノーパンなのですが・・・ (^-^;。




UUUUUUUUUUU

もうご存知の方も多いと思いますが、

日本の食品の放射性物質の暫定基準値は、世界からみてかなり甘いという話。

わかりやすくグラフ化されているものを、友人のブログで見つけました。

http://kingo999.web.fc2.com/kizyun.html



 給食が危ないこと、

お子さんを持つ方なら、どなたも心配されていると思いますが、

京都の友人を通しての情報です。、

 実際に京都の給食では、何を使っているのかということを調べてもらったそうです。

京都なんて西の方だから、と思ったら大間違いでした。(以下転記)

* 京都市の給食管理センターへ問い合わせたところ、

  食材は一括して購入しており、

  産地を特定することはできない

  東北のものも入っている可能性もあると言われた。

* 食材の安全性を問うと、

   国の安全基準に従っていますということの一点張りだった。

* 京都市教育委員会、体育健康教室、学校給食担当に電話したところ、

  牛乳については、メーカーが4社入っている。

  米・牛乳については、京都府内産に限っている。

  野菜・肉・魚その他は、入札をして購入している。

  (府内のものという特定はできない

  放射能で汚染されているかどうかについて、

  市場に出回っているものを入札するので、

  国の基準に沿っているものが 入ってきている

* 豊中市(大阪府)の学校給食室に問い合わせたところ、

   2週間以上かかって、4月、5月の産地一覧を提供してもらった。

  結果、

  4月に茨城の白菜、

  5月に、福島の牛肉千葉・群馬・茨城のウインナーが使用されていた。



 もちろん、これは、京都だけの問題ではなくて、

全国の問題ですよね。

既に動いておられる方もいらっしゃると思いますが、

それぞれの地域で、声をあげていくことが大事かと思います。


 福島の子ども達の20ミリシーベルトの問題でも、

国は基準値の取り消しはしませんでしたが、

これは、地元の方や署名などの動きの成果だと思います。

文科省:当面の対応として「今年度、年間1ミリシーベルト以下を目指す


 これまで社会問題に対してアピールしても、無視されるのが当たり前だったけれど、

あきらめないで声を出していくことが、こうした変化につながる事実を知って、

こんな時だけど、嬉しいです。

« Fu、12歳 | トップページ | クルミ入り☆紫蘇梅ゴマのお稲荷さん »

豆類」カテゴリの記事

豆加工品」カテゴリの記事

ネギ科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1372364/40143870

この記事へのトラックバック一覧です: 新玉ねぎと小豆のつめ焼き:

« Fu、12歳 | トップページ | クルミ入り☆紫蘇梅ゴマのお稲荷さん »