フォト
2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

根のもの

2011年5月28日 (土)

ツユクサのおひたし

 標高の高いところで有機農業をされている方と、フリマでごいっしょしました。

お野菜売ってるんなら欲しいなあ、と思って伺ったところ、

「今は山菜三昧よ~。毎日オコギ食べてるわよ~」とのこと。

やっぱり (o^-^o)  

お仲間に出会えて、嬉しかったです。




 畑で草刈りをしていたら、ツユクサが出始めました。

さっそく茹でたら、アクもなくて、とっても食べやすかったです。

これからあちこちでどんどん生えてくるので、これは楽しめそうです。ヽ(´▽`)/

Imgp2782

<材料>ツユクサ   花がつく前の、若芽  両手に一杯

      コカブ     2個

      塩       ひとつまみ

      醤油      適量

<作り方>①コカブをイチョウ切りにして、塩もみしておく

       ②ツユクサを洗って、色が変わる程度にさっとゆがいてざるにあげ、

         軽くしぼってからきざむ

       ③①を軽くしぼって、②とあえて、醤油を回し入れる



 本によると、若芽でなくても食べられるとありました。

想像では、他の野草と同じように花がつく前までが、食べやすいのかなと思います。

山菜などで、筋っぽさを確かめるためには、

茹でた後、軽く包丁をあててみると解りやすいです。

切りにくいと筋があるということなので、そこはのぞきます。

確かめるには、そこを食べてみると一番わかります。        

      

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                   にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ

          クリックで応援↑↑↑、よろしくお願いします。
 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



WWWWWWWW

暮らしのひとコマ

うちの稲苗がなかなか育っていないのを見かねた地元の方が、

余り苗を分けてくださったおかげで、

ふだんより早い時期にお田植えが始まりました。

ありがとうございます。m(_ _)m

Imgp1527

 Jir(6歳)は、今年補植デビュー。

「おれもついにやるんだよ ε( ̄0 ̄;ノ」と鼻息荒く、はりきってました。

今まではyanyanと遊んでいる方を選んでいたJirですが、

Wacちゃんに素直に教わりながら、一生懸命自分の列分やりました。

Imgp1529

とりあえず、5畝分、一枚完成。

2011年3月 6日 (日)

小豆入り♪根菜の重ね煮

 共同購入して買い置いてあったレンコンが、最後の一本になりました。ヾ(;□;)

お別れもかねて、

シンプルで、根菜の甘味がとっても引き出されておいしい、重ね煮を作りました。



 後から、炊いてあった小豆を加えました。

Imgp2319

<材料>レンコン                       80g              薄くイチョウきり

      人参                         1本              うすくイチョウきり

      玉ねぎ                       1/2個             

      塩                         小さじ1/4

             味噌                       大さじ1と1/2

             生姜                       好みで少量          すりおろし

      ゆでた小豆          大さじ2

<作り方>①玉ねぎは薄切りして、4等分する

       ②小さめの鍋に、しょうが、玉ねぎ、レンコン、人参の順に重ねて、塩をふる

       ③フタをして弱火で10分ほどじっくり蒸煮したら

        フタをあけ、上に小豆と味噌を入れ、火をとめる

       ④しばらくそのまま置き、味噌がゆるんだら全体をあえる



 初めから味噌を重ねてもよいのですが、

収穫してから時間のたっている保存野菜で、しかも水分を入れずに作るので、

塩でまず野菜の水分をだしてから、味噌を加えました。

(味噌の方が、蒸れる時間が必要なので、焦げやすくなります)


 こういう料理を出すと、ぱっと見は地味なので、歓声はあがりませんが、

食べているうちに、誰かしらがひっそりと「うまいな~」といいます。

しみじみかみしめて味わう、そんなおかずなのだと思います。



 大好きな野菜の中で、栽培を試したことがないのは、レンコンくらいかなと思います。

泥地で、どんな風に栽培するのかも、まだわからないでいます。

いずれ作れたら、面白いだろうなあと思っていて、機会はうかがっています。





======================================



       今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

             にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ         

        色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

        クリックで応援、よろしくお願いします☆



JJJJJJJJJJJJ

暮らしのひとコマ

 寒さが落ち着いて、蔵の気温も上がってきたようで、

保存している大根やカボチャの傷みの進行が、早くなってきました。

Imgp2351

これからしばらく保存食作りが続きそうです。

まずは、切干大根。

私が切っていたら、すかさずyanyan(2歳)も始めました。

Imgp2354

毎年なかやでは、こんな風に一年分の切干を作ります。

悪くなる前に食べきる量を残して、だいたい50本くらいでしょうか?

ざるが空いたらまた切って、という感じで順番に作っていきます。

Imgp2353

 気付いたら、yanyanも切ったものをザルに入れて、私が干した横に干していました。

(このザルで干していたみかんの皮は、地面に落ちておりました (*^-^))       

      

2011年2月26日 (土)

さわやか☆大根のゆず炒め

 先日作ったゆずペパロン☆コカブの豆乳クリームパスタ が美味しかったので、

大根でも美味しそうだな、と思って

柚子と大根をあわせて、炒めてみました。o(*^▽^*)o



 今回は、単なる炒め物ですが、

驚いたのは、ゆずが苦手系で、柚子胡椒以外は柚子モノにあまり手がのびないtokiから

コレなら美味しいよ・コメントが出ました ヽ(´▽`)/




 柚子を炒めているからか、クセがやわらぐのでしょうか?

柚子の皮は白いところも入れて、厚めにむくのですが、苦味もほとんどなくて、

子どもたちも喜んで食べてくれました。



 食後も、ゆずの香りが口の中に残ってさわやかなのが、

柚子好きの私としては、嬉しいところでした。

Imgp2093

<材料>大根        1/2本             拍子切り

      ゆず       1/2個

      塩         一つまみ

      醤油       小さじ2

      菜種油      小さじ1

<作り方>①ゆずの皮を厚めにむいて、3ミリ幅くらいの細切りにする

       ②菜種油をひき、ゆずをいため、さらに大根と塩を加えてあえ、

        フタをして3分ほど蒸煮する

       ③大根がしんなりしていたら、醤油を回しいれる




 なかやの大根は、収穫から3ヶ月ちかくたち、しんなりしてきています。

じゃがいも同様、春にむけてとうたちしようとする大根は、最高超に糖度が上がっています。

フレッシュな大根を使う場合、時間があれば、2.3日天日干ししてみてください。

火の通りもよく、甘味が増します。




にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪











JJJJJJJJJJJJ

暮らしのひとコマ

 3兄弟は、近頃鳥の羽を集めています。

鳥好きだからですけど、

Jir(6歳)が台所にやってきて、

「なんで、おれが羽をあつめてるか、なつ、知ってる?」と嬉しそうに聞いてきました。

尋ねると、

Imgp2126

「あのね~、おれのけっこんの時の洋服のかざりにね~、使うんだよ (◎´∀`)ノ」とのこと。




 6歳になったばかりの彼から、突然結婚話がでたので、ちょっと驚いたのですが、

どうも、Wac(8歳)に本を読んでもらった時に、お話の中でお金持ちの人(王子様?)が

服に宝石をちりばめた服で結婚したらしいのです。

 Wacは「ほう石→→ほういし」と読んだらしく、Jirが聞いた説明では、

「ほう」という名前の「石」を服にくっつけたのだ、ということだったらしい。

そこでJirは、自分の結婚式には、石じゃなくて、羽にしようと思ったんですね。




 宝石がどんなものか、その価値をそもそも知らないところにいるのですが、

それでも、宝石を「ほう」という石(にすぎない)、という子ども達の感覚もなんだかイイし、

宝石より羽を飾りたいと思ったJirの気持ちが、とってもステキで、キュート( ´艸`)゚



 まあ、宝石のなんたるかは、そのうち説明すればいいかな、ということで

Jirにはそのまま「いい思いつきだね。いっぱいたまるといいね」と話して、

満足そうなJirの笑顔を見て、会話はおしまいになりました。

2011年2月22日 (火)

モチモチ♪レンコンともちきびの湯葉ネギだれ

 美味しい生湯葉を頂きました。(Eちゃん、ありがとう!)

定番のわさび醤油で頂くのも、とっても大好きですが、

こんな風に雑穀などとあわせて頂くのも美味しいかも・・・というイメージで作りました。



 やっぱり美味し~い (*≧m≦*)

Imgp2030_5   

<材料>レンコン           80g                       すりおろす

      炊いたもちきび     1/2C

             塩             小さじ1/4

             長ねぎ          10cm          みじん切り

      醤油           適量

      ゆば           40g

<作り方>①ねぎをひたひたの醤油に入れて、1時間以上置く

       ②レンコンともちきびと塩を混ぜて、器に入れて15分蒸すか、鍋で練り上げる

       ③食べる直前に、ゆばをのせ、①をかける



練り上げる方が手軽ですが、

寒い日には、器ごと蒸しておくと、食べる時にすぐ冷めずにお薦めです。



 このネギたれは、この辺りではおでんのたれに使います。

作り方は簡単なのに、とっても美味しくて、よく作ります。

時間がたって、ネギからとろみが出てくるころが、食べごろです。



にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪




QQQQQQQQQQQ

暮らしのひとコマ

岡崎で、安心安全な地元お野菜を販売している「森の花畑」さんのところで、、

なかやの味噌キャラバン、第一弾をやらせて頂きました。

Imgp1303

半年前にオープンしたばかりの、おしゃれで可愛らしいお店でした。

Imgp1283

たくさんの方が来てくださり、

Imgp1295

賑やかで、楽しい会になりました。ヽ(´▽`)/

Imgp1296

 味噌作りのとなりでは、お昼ごはん用の水餃子作り。

中央の紫の服の方が、お店のオーナー、Sちゃん。

お昼には、

普段は移動のカレー屋さんを営んでいるPちんの作ってくれた

おいしい酵素玄米おにぎりが加わって、みんなおなかいっぱいになりました。

Imgp1305

 3兄弟も、ギターのワザを教わったり、味噌作りをいっしょにやったり、楽しんでいた様子。

yanyanもちょこまか、みんなに可愛がられました。


 第一回目の味噌キャラバン、かくして大成功でした。

宿泊しての2日間、2回のイベント。

車中泊も考えていたのに、お店のお二階に住んでいるAちんとPくんが

宿泊場所を提供してくださり、

おまけに夜は色んな方を呼んでくれて、楽しく過ごさせてもらいました。

あとはできあがりの味噌を待つばかり・・・( ´艸`)




 森の花畑さんのSちゃん、スタッフとして協力してくれたPくん、Aちん、

参加してくださったみなさん、どうもありがとうございました。( ^ω^ )

2011年2月15日 (火)

ハーブ&味噌☆もちきび大根のもちもちピザ

 ピザといっても、なかやのピザはチーズもトマトソースも、タバスコも登場しない、

優しい味のお野菜や雑穀の組み合わせ。

 そして気付けば、ノンオイル・・・これは、はたしてピザと呼べるのか???



 うちの子ども達は、こんななかやのピザが大好き。

お留守番隊に4人ごはんの最後は、何にしようか?と聞いたときに、

一番初めに出てきたのが、この雑穀ピザでした。


 前回ご紹介したカレー味☆高きびレンコンソースのパンピザ も美味しかったけれど、

Jir(6歳)は、こちらの方が好きだとか。

 私はどちらも好きです。今回は、味噌が効いてました。

このあと板海苔をちぎってかけたのですが、それもとってもあいました。

4等分して、みんなでぺろりも、4人ならではでした( ´艸`)
 

Imgp1754

<材料>炊いたもちきび     80g

      大根             80g       みじん切り

      玉ねぎ            1/4C               スライス

      ハーブソルト        小さじ1

      味噌             小さじ2~

      パン生地        250g

<作り方>①パン生地をのばして、ピザの型に入れて、石窯で10分焼く

       ②もちきび、大根、玉ねぎを混ぜ合わせてハーブソルトで味をつける

       ③①を取り出し、味噌をぬってから、②を広げて塗り、もう一度石窯で焼く



温度は1回目は170度くらい、2回目は160度くらいだと思います。

2度目は15分ほど焼きました。

味が足りない方は、あとから味噌をぬったり、タバスコなどをかけてくださいね。

        
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪



HHHHHHHHHH

暮らしのひとコマ

 今回の10日間のお留守番で、

お楽しみとして、4人それぞれほしかったものを買いました。

子ども達は文房具でしたが、私は・・・

Imgp1932_2

 思い切って、買ってしまいました (*≧m≦*)。

南部せんべい、ではありません。焼き器です!持つところまで全部鉄製のもので、

かまど使用に便利な、昔ながらのものです。



 欲しかったんです~~~。大好きなんです、南部せんべい。

シンプルな、小麦と塩だけがベースで、それにごまやピーナッツが入っているものが!

今年は小麦とエゴマがいっぱい収穫できたし、

一時は委託加工を考えていましたが、やっぱり自分で作りたくなりました。



 今、美味しい手焼き南部せんべいができるように、調合含め試作を繰り返しているところ。

雪の中、まだ帰ってきていない二人、驚くかなあ。( ´艸`)

2011年2月13日 (日)

人参&練りゴマそぼろのパスタ

 「人数が少ないから、オレの人参でも足りるかな?」

自分の畑で、秋に掘り残しておいた人参を採ってきてくれたWac(8歳)。

冬の寒さの間地面の中で耐え、春のとうたちを前に、髭根が沢山茂ったたくましそうな人参を、

子ども達のリクエストに答えて、そぼろにしてパスタとあわせました。



 Jir(6歳)は、人参が苦手めですが、これなら大好き (◎´∀`)ノ

雨のあと、あちこちから葉をのばし始めたノビルの葉も採ってきて加えました。

Imgp1895

<材料>マカロニ              100g

      人参                150g   (小さめ2本)

      味噌                大さじ1

      柿酢                大さじ1

      醤油                大さじ1

      練りゴマ              小さじ1

      のびる/あさつき          みじん切り1/4C

<作り方>①マカロニをやや固めに茹でてザルにあげる

       ②マカロニを茹でている間に、他の材料をフードプロセッサーで粉砕して合わせる

       ③②を火にかけ、ヘラを使いながら焦げないようにじっくり炒め、

       ①を加えて混ぜ合わせる



 練りゴマはちょっとしか入れてませんが、

これが入るかどうかで味が全然違います♪

ゴマ油は冬眠中ですが、練りゴマはソフトなことに気付いて、使ってみたわけなんですけど、

アタリでした。




 人参の量にあわせて作ったので、

うちでは、子ども3人と4人で分けて、おかずの一つにしましたが、

主食で食べるなら、1人分の分量かなと思います。

ごはんにのせても、とってもあいます。



 生でも食べられますが、火を通すと美味しさUPします。

フタをぴっちり閉めて、弱火でじっくり火を通すと、人参の甘味が出ます。








 今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

最近、見に来てくださる方や、コメントを残してくださる方がさらに増えて、

とっても励まされています。

         
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ 色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

↑↑↑↑    クリックで応援、よろしくお願いします♪



YYYYYYYYYYYYY

暮らしのひとコマ

数日前のことですが、

Imgp1794_2

 初ものの蕗のとう。

毎年真っ先にふきのとうが芽吹く、温かい陽だまり斜面をお持ちのご近所さんの畑で、

摘ませて頂きました。(Tさん、ありがとうございました)



 日当たり加減や気温がちょっと違うだけで、顔を出す時期が本当に違うんです。

うちは谷間で、日照時間が短いのと、川がすぐ傍なので、時期が遅いのだと思います。

さっそく、ふき味噌で頂きました。

さすが初もの。アクもなくて、甘くて美味しかったです。




 昨日は朝から雪かきでした。

これは、toki&Fuの男性陣不在がコタえます~。

若者達はソリ滑りと、別のかまくら製作に熱中しているので、

1人シコシコと、かいておりました。



 雪国育ちでないので、この作業、なんともヘコみます。

せっかく、午前午後かけて、林道から降りる道から、林道へまた抜ける道まで

坂道を300mくらいやったのに、(なかやを知ってる方にしかワカラナイ説明)

Imgp1933

また2時ごろから ( ̄○ ̄;)!  

なんて達成感のない仕事・・・。

とほほ・・。

でも急坂の多い谷間の我が家、道も陰が多くて

一度積もると凍ってしまうのも危ないので・・・。

今日もやっぱり雪かきです。

2011年2月12日 (土)

梅味噌味☆レンコンとコカブの蒸し巾着

 レンコンのすりおろし、熱を入れると固まる性質を利用して、

コカブとあわせて油お揚げにたっぷり詰めてみましたヽ(´▽`)/

具を詰め込んだので、お稲荷さんみたいにふくらんでいて、美しさには欠けますが (^-^;

味はとっても ( ´艸`)

お揚げメインではなくて、具メインの、ヘルシー巾着になりました。


 むちっとして、レンコン&コカブの優しい味がとっても美味 ( ̄ー+ ̄)

梅肉味が加わっているのも、嬉しいところ。

「これは、tokiたちも食べるべきだ ( ̄○ ̄;)!」

とJir(6歳)が、きっぱり断言してくれた、お薦めな一品です。

Imgp1874_3

<材料>油揚げ      5cm×6cm           2枚

      レンコン     1節(70g)            すりおろす

      こかぶ      1/2個(30g)           5㎜角切り

             味噌                小さじ2

      梅干       1個  飾り用           

<作り方>①油揚げを半分に切り、袋状にする

       ②レンコンとコカブと味噌をあえて、①に詰める

       ③鍋に2cmほど水をはり、小さなボールに②を並べて入れて浮かべて

        15分ほどぐらぐらさせて蒸す

 蒸すっていうと、蒸し器を出して、終わったら片付けて、とメンドーな感じですが、

この方法なら、気軽に蒸ものが楽しめます。

蒸もののよさは、茹でるのと違って、栄養や味が水に溶け出ないこと、

炒めるのと違って、油が要らないことです。コゲの心配もいりません。

そして、冬場は食べる直前に鍋から出せば、温かいまま頂けます。

家にある鍋とボールを組み合わせて、ぜひお試し下さいね。

 *私は、ステンレスのタッパー容器で、先にフタが使えなくなってしまったものを

  ボール代わりに使っています。



 レンコンは、食養では肺に効く野菜と言われていて、節が特に有効だそうです。

うちでは、輪切りの料理では、みじん切りにして別の料理やお汁に入れたりして使いますが、

こうしたすりおろしには、節からすりおろしていって、使い切っています。

(節をもってすり始めると、どうしても最後残ってしまうので、柔らかい方をあとで擂ります)



 




        
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪


UUUUUUUUUUUU

暮らしのひとコマ

 この冬やっと本格的に降りました。

Imgp1904

朝からうちの前の景色は真っ白

Imgp1903

よく降り続いていて、雪かきにも出られません。

Imgp1902

あんまり降っているので、午前中は我慢していた子ども達ですが、

午後は待ちきれず、降り続くのも構わず出て行きました。

Imgp1908

せっせと家の前の雪を集めて、かまくら。

「毎年一回は作らないとね (◎´∀`)ノ」

おやつを食べたら、またすぐ出て行って、今度はソリ滑り。

慌てなくても、明日も積もってると思うけど、

この冬ずっと待っていたエネルギーが、ここにきて一気に爆発した感じです。( ^ω^ )

2011年2月 9日 (水)

もち黍キンピラのガーリック・ソテー

 「鳥の鳴き方が、さえずりに変わってきた (゚▽゚*)」

と子どもたちが教えてくれました。

子ども達に聞いて、私も耳を傾けて、その違いを説明されると、

なるほど ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙


 昨日久しぶりに、水道が凍ってませんでした。

午前中の台所、スムーズに蛇口から水が出てきて、快適でした。




 他にも、イヌフクリがちょこっと咲きはじめているのを見つけたり、

ちょうちょが不意に飛んできたり、毎日子ども達と、小さな春を見つけています。




 tokiと食べ盛りのFuが不在なため、珍しくおかずが残る現象が起きています。

普段は余ったとしても、tokiのお酒のつまみで消えてゆくので、

最近は残り物のアレンジに頭を使うこともなかったのですが・・・




 作ってみたら、

子ども達にすぐまた作ってコールを受けた、人気の一品になりました o(*^▽^*)o

 

Imgp1738

<材料>炊いたもちきび            1/2C

             きんぴらごぼう           1C

     にんにく生姜たれ          小さじ2

        にんにくと生姜のすりおろし+醤油で作っています

<作り方>①にんにく生姜タレをコ鍋にいれて火にかけ、

        ふつふつしてきたら、もちきびを加えて全体をほぐしておく

       ②もちきびがあたたまったら、キンピラを加えて全体まぜ、

        火からおろして、フタをして蒸らしておく



フタをして蒸らしておくことで、鍋に焦げ付かずにヘラで綺麗に取りきれます。

         
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

今は農閑期で朝時間があるので、

最近他のレシピブロガーさんのところにちょこちょこ訪問しています。

 この「ベジタリアン料理」や、「レシピブログ」(サイドバートップのタグ)では、

私のような適当料理とはうって変わって

たくさんの方々が、日々アイディアあふれた料理を作っていて、

見た目も美しく公開されています。

           

PPPPPPPPPPPP

暮らしのひとコマ

 「tokiのこと、思い出すと、さみしい・・・(ノ_-。)」

出発の日は特にしょぼんとしていたWac(8歳)。

初日はなんだか元気なく、ぼんやり過ごしていましたが、

翌日から、なにやら工作を始めました。

Imgp1760

「tokiが帰ってきたら、驚くもの作るんだ!」

Imgp1761

ぴかぴかのやる気満点笑顔が戻って2日かけてできたのが、コチラ。

Imgp1762_2

ちゃんと折りたためる、もちろんちゃんと座れる(!)椅子です。

うちにあった、折りたたみ机を見本に作ったみたいですが、

工夫して、全部1人で作りました。


 難しかったのは、座る部分をどうやってきちんとたたみこめるか。

途中試行錯誤がありつつも、見事完成品を見たときは、

私がまず、とても驚きました。

私は作れません。

これは、tokiもかなり驚くことでしょう。( ´艸`)

2011年2月 8日 (火)

カレー味☆レンコン高キビソースのピザ

 久しぶりにピザを焼きました。

今使っている天然酵母は、なかやの全粒粉と玄米が素ですが、

とっても元気がよくて、どんどん美味しいパンが焼けて嬉しいですヽ(´▽`)/。

のんびり石窯料理ができるのも、農閑期ならではだし、

お留守番隊を楽しませるためにも、石窯をせっせと可動させています。



 今回のトッピングには、レンコンと高キビと高野豆腐を使ってます。

高キビと高野はほろほろなのですが、

火を通すと粘りが出るレンコンが、他の具材をまとめてくれました。



 味付けは、子ども達のリクエストでカレー風味に。

頂いたスパイスは、インドでひいたばかりなので、香りが高くて美味しいです。

(Mちゃん、ホントにありがとう o(*^▽^*)o)

Imgp1755

<材料>パン生地             300g前後

      レンコン              50g(1/2節)        すりおろす

      戻した高野豆腐         1枚              みじん切り

      炊いた高キビ          1/2C

             水                 1/2C

             塩                 小さじ1/4

             クミン               小さじ1

      コリアンダー           小さじ1

      ターメリック            小さじ1/2

<作り方>①パン生地を発酵させ、のばしてパイ型に入れて石窯で15分焼く

       ②①を焼いている間に、香辛料を炒って、香りがたったら、

         その他の材料を加えて、蒸煮する

       ③①をとりだし、②をのせて、さらに5分ほど焼く



*石窯は温度計がないため、温度は適当。パンを焼くより低めです。

Imgp1764_3

                   顔中で食べるおじょうさん・・

「4人で分けられるから、1人分が多いね;:゙;`(゚∀゚)`;:゙ 」とくいしんぼJir.

「でも、みんながいるほうがいいよ」とtoki恋しいWac.



        
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪


WWWWWWWWWWW

暮らしのひとコマ

Imgp1789

「どっか行きたい?」と聞くと、

「天竜川で鳥が見たい」

お天気もいいし、お弁当を持って、車で15分の川沿いへ。

yanyanも、レンズなしのおもちゃの双眼鏡を持ってます。 ( ^ω^ )

2011年2月 6日 (日)

柚子ペパロン☆コカブの豆乳クリームパスタ

 柚子があるうちに、作ろうと思っていたパスタです。

tokiがあまり柚子好きではないため、不在中を狙ってました (o^-^o) 



 豆乳が絡んだパスタは、とってもご馳走です。

残り少なくなってきたカブも、甘くてとっても美味しくて、

子ども達にも好評でした。(◎´∀`)ノ

Imgp1679

<材料>スパゲッティ         300g         (豆乳クリームソース)

     (具)                        豆乳              2C

      柚子            1個        味噌             大さじ2

      コカブ            3個         塩               小さじ1/2     

      にんにく          1片         ゆずしぼり汁        大さじ1

      菜種油            小さじ1       

          塩              小さじ1

      水               1/4C

             唐辛子           お好みで

<作り方>①柚子の皮を包丁でむき、千切りにして、

        豆乳クリームソースの材料をまぜておく

       ②パスタをゆでている間に

        フライパンでにんにくをいため、香りがたったら、柚子皮と塩、

        まわし切りしたカブを入れて軽く炒め、水を入れて蒸煮する

       ③ゆで上がったパスタを豆乳ソースに絡めてから、②とあえて、器にもる



 唐辛子を入れる場合は、②の行程で入れてください。

うちは子どもが小さいので、私だけ、あとから一味を振りかけて楽しみました。



 オイルはオリーブオイルがあれば、そちらの方がお薦めです。

うちのオリーブオイルは、現在瓶の中で固まっていて、使えないんです (^-^;

(ちなみに、ごま油も冬眠中)

オイル達が溶けて使えるようになると、本格的な春を感じる、なかやの台所です。






        
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪





+++++2月10日まで マクロビオティック・マルシェさんサイト

       ブログ紹介ページにて、ご紹介いただいています☆

TTTTTTTTTTTT

暮らしのひとコマ

「オレも石窯をおぼえたいから、教えて。」とWac(8歳)に言われたので、

パン種をこねるところからやってもらうことに。

Imgp1583

石窯の火入れや、種の入れ時、パンの発酵具合の見極めを覚えるのはこれからだけど、

無事に美味しそうなパンが焼けて、本人かなりご満悦( ´艸`)



========

長くなるので、ここからは、関心のある方のみ、読んでいただければ・・・



 今回の豆乳は、大豆を丸ごと使っています。

搾る手間を省いて、

以前からもったいなく思っていた、搾り布にしみこんでしまう豆乳の無駄も解決。

うちでは大豆を作っているので、(今年の収穫量は190kgでした)、

豆乳を買うより、作るほうが断然お得なんです。(しかも美味しい(≧m≦))



 大豆の分量と水の分量と味の比較を実験してみました。

 水2Cに茹で大豆2C・・・・・・濃くて、どろっとしてます。  ☆

      茹で大豆1C半・・・・普通の濃さ

      茹で大豆1C・・・・・ 薄めの濃さ

 私はふだん、豆乳とおからを作る時は、☆の濃いバージョンで作ります。

出てくる豆乳も濃厚ですが、ちょっとしぼり辛いです。

また、これ以上水が少ないと、ミキサーが回りません。



 豆乳作りには、フードプロセッサーではなくて、パワーのあるミキサーを使います。

水には、大豆の茹で汁を使ってもOKです。

(私は茹で汁は、お汁などで使ってしまうことが多いです。)



 今回のパスタソースには、☆を使いました。

                       

  

より以前の記事一覧