フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ごはんのとも

2011年5月27日 (金)

ワラビのゴマ味噌和え

 ワラビは、醤油で料理することが多いのですが、

味噌も合うだろうなと思って試してみました。

味噌の濃さで、ワラビの香りや味わいがわかりにくくなってしまうかな、と思ったのですが、

さすが山菜、負けません。



 生姜とゴマも加えて、中華風な味付けにしてみたら、

目先がかわって、みんなのお箸が進みました。

Imgp2787

<材料>アクを抜いたわらび     150g

      味噌              大さじ2

      白ごま             大さじ1

      しょうがすりおろし      1片分

<作り方>①わらびを細かく刻む

       ②味噌と白ごまと生姜のすりおろしを合わせて、①と和える

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                   にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ

          クリックで応援↑↑↑、よろしくお願いします。
 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

HHHHHHHHHH

暮らしのひとコマ

 徳島県・木頭村(当時)の大規模なダム計画を撤回させるために、

30年間反対運動を続け、ついに成功に至り、全国ニュースになってから11年。

 地元の反対運動のリーダーだった田村さん(80歳)にゆっくりお会いした時に、

話の流れで、野鳥を捕まえる「こぶてん」というワナの作り方を教わりました。

Imgp2702

子どものころ、よく作ったそうです。

捕った鳥は、当時の子ども達のおなかを満たしたとのこと。

「久しぶりに作るなあ~」と言いながら、とても嬉しそうに教えてくれました。

Imgp2779

 3種類教わりましたが、こちらは生け捕りにできる方法。


鳥捕まえ熱が再びUPした子ども達です。



GGGGGGGGG


震災、さらに福島の原発事故以来、いろんな思いの中にいます。

その思いをどうやってお届けしていいのか、迷っています。


色んな立場の方がいること、

色んな考え方があること・・

わたしとしては、これが正しい、こうせねばを発信したいわけではない。

原発の怖さなど、やっと世間に知られるようになったこともあるけれど、

あまりにも隠されている情報が多いようです。

私たち家族には、知り合いがいろんな情報を伝えてくれるけど、

それでも、一部を知っているだけだと思います。

 東北で被災された方々を想像しつつ、

「日本力」などのキャッチフレーズには、どこか総並び強要の怖さがあって

馴染めません。



 福島県周辺地域の農産物・海産物離れについて、

マスコミでは、盛んに「風評被害」と言われていますが、

私は、風評被害の前に「原発被害」だと思います。


 今まで原発の状況を知らずに、さんざん電気を使ってきた、

という反省は、個々人がまずするべきだし、

のど元過ぎれば・・・にせずに、

このことをホントに忘れずに、

個々人が今後の生活を改めていく方向が良いと思うけれど、

この現状。

何にどれくらい放射性物質が入っているのか、

その影響は長期的な予想を含めてどうなのか、

今までの暮らしを継続するために安心したいだけでなくて、本当のことを知りたい。

私も含めて、日本で普通に暮らしている人たちが、

きちんと知る権利もあると思います。


福島の「子ども達も20ミリシーベルト」は、本当にひどいです。



 生産者のことを考えれば、現場の方のことを思えば、

ということもさかんに言われているし、

生産者の人たちの気持ちも、同じように農産物を育てている立場として共感できるけれど、

それで隠されて、曖昧にされてしまってはいけない現実があると思います。



 実際買い物をしていて、二の足を踏む方も多いと思います。

それを言葉にするのははばかれても・・・。

(というところが、なんだか戦時中みたいですね)




 私自身、自分の子どものことを考えて、という隠れ蓑をどこかに感じながら、

以前のように買い物ができないでいます。

子どものことが、一番気になりますが、

私自身、放射性物質を取り込みたくないし、

パートナーのtokiには自分に対してよりもっとそう思うし、

五感でわからないから、よけいに怖さを感じています。

「大丈夫なんじゃないか?」という想像で、知らされずに食べたくないなあと思います。


 食べものでは、基準値より高いものと低いものを混ぜれば、

基準を満たしてOKという考え方が、すでに始まっていますね。

知らないで食べてしまえば責任は回ってこないだろう、という考え方には

がっくりです。

一方で、自分のことしか考えられてないのかな、とよぎることもあり、

悩みます。



 本当のことを知らないでの安心感覚にいるのではなくて、

子ども達の未来、健康を守りたいと思うし、

できるところで、自分の思いを声に変えたいと思うようになりました。

こどもを思う母親の気持ちは、時空を超えてつながることができると思います。



 このことについて、感想やご意見など送ってくださると嬉しいです。

(コメントは、非公開にすることもできます。個メールでのご連絡でもOKです)

 これを読んで不愉快に思う方がいらしたら、ごめんなさい。

最後に、知り合いからのメールの転記です。

うちでは乳製品を食べませんが、だから安心ということでもないです。

雪印は「福島産を薄めて使ってる」「独自検査をしていない」とバッシングされ
ていますが、
上記5社、どこも独自検査はしていないようです。
小岩井も一部で福島産を使用。
明治、森永も以後使用する可能性がありそうです。

http://www.teppeinomori.com/201105/20110521001.htm

基本的には製造工場周辺の生乳を使うと思われるので、
製造工場の固有記号などで製造所をチェックすることも、場合によっては必要か
もしれません。
 





			

2011年5月20日 (金)

挽き割り大豆&ワラビの生姜入りおひたし

 今年は、ワラビ天国です (◎´∀`)ノ

畑でも、家周りでも、根を移植したものが数年かかって増え始めてくれたおかげ。

例年より寒かったこともあり、GWを過ぎた今でも

毎日常食しています。


 今はあんまり陰性なものばかり摂らない方がいいと思われるので、

梅干なども気にして食べていますが・・・



 あく抜きは、かまどの灰を一握りふりかけて、熱湯を注いで一晩置く。

あとは洗って刻めば食べられます。

炊いたり、炒めたりもおいしくて、子ども達も大好きです。


 ワラビだけだと、あっという間になくなってしまうので、

最近豆を使って増量。これがヒットしました。

今回生姜を入れたのが、さらに効いておいしかったです。

Imgp2732

<材料>あく抜きしたワラビ   250g

      茹でた大豆       2C

      醤油           大さじ3

      生姜すりおろし     一片分

<作り方>①大豆を1C固めにゆでて、フードプロセッサーで粗く砕く

       ②ワラビを細かく切って粘りを出す

       ③醤油と生姜をあわせてから①と②をあえて、浸しておく



 
 すぐ食べない場合は、味がしみて、薄く感じると思いますので、

好みでたしてください。

 大豆ではなくて、納豆とあわせてもおいしかったです。



LLLLLLLLLLLLL

暮らしのひとコマ

 今年新しくお借りした畑に、カモミールがたくさん植わってあり、

畑の大家さんに伺って、ありがたく頂戴しました。

Imgp2736

 調べたところ、お茶にしておいしいジャーマン種っぽいです。

とりあえず、家周りに移植して、

移殖しきれないものは、花を摘んで乾燥することに。



にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ


========

昨夜、久しぶりに明るいニュースを知りました。

ご存知な方も多いと思いますが一応UP.

http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110519k0000m040157000c.html

事故の影響、浜岡の影響、あると思いますが、

一番は、30年間近く反対運動を続けてきた祝島の方々の声の力だと思います。

そして、その周りで反対を続けた方々。

虹のカヤック隊の人たちの顔が浮かびます。



反対運動なんて、やってもムリムリ ヾ(´ε`*)ゝ、なムードが強い日本だけれど、

この先、市民がたくさん訴えていかないといけないことがあるし、

訴えていかないと、変わらないことがたくさん出てくると思うので・・・・



まだ、喜ぶのは早いけれど、そんな気持ちを勇気つけてくれたニュースでした。

2011年2月18日 (金)

これなら手軽で簡単☆炒り味噌ふりかけ

 お味噌とゴマをあえて、丹念に炒りあげて作る炒り味噌ふりかけは、

とっても美味しくて、なかやでも人気なふりかけでしたが、

作るのに根性がいって大変、という難点があって、

たまにしか作っていませんでした。


 
子ども達からのリクエストで、久しぶりに作ろうと思っていたところ、

先に味噌を乾燥させておけば簡単かなあと思って、

石窯の余熱を使ってみたら、うまくできました。o(*^▽^*)o




 かかる時間はいっしょでも、これなら火の前にへばりついて、

必死で焦げ付く味噌をヘラでゴシゴシこそげながら作らなくても、

電気に一部頼ってしまいますが、

簡単にできます♪




 オーブンやトースターでもできると思うのですが、

温度はドライトマトのように、140度くらいでしょうか?

もう少し気温が上がってきたら、天日干しもいいかもしれません。




 こんな、頼りないレシピでごめんなさいね。

でも、あの炒り味噌ふりかけの大変さと美味しさをご存知の方なら、

作りたくなるかも・・・と思ってUPしました。

Imgp1975

<材料>味噌              1C

      エゴマ/ごま          1C

<作り方>①オーブンシートに味噌を薄く広げる

       ②パンを焼いたあとの余熱で1時間ほど、じっくりゆっくり乾燥させる

       ③水分がぬけて、パリッとしたら、フードプロセッサーでえごま/ごまと粉砕する



 うちはエゴマをたくさん収穫しているので、エゴマで作りますが、

ゴマもとってもお薦めです。

どちらにしても、作る前に炒るとさらに美味しさUPです。

         
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪


KKKKKKKKKK

暮らしのひとコマ

突然玄関を出たところで始まる絵の具タイム。

1人が描き始めると、1人、また1人とつられて描き始めるのが面白いです。

Imgp1852

なぜここで描くかというと、

広くて平らで、水がすぐ汲みに行けるからだからだそうです。

(室内だと、水汲みに、いちいち靴を履くようなので)




 そうそう、先日書いた、氷と水の違い。興味を持ってくださった方も多かったので、後日談です。

あの数日後、雪が降りました。

コップにいっぱい雪をつめておいたのが、

解けて半分くらいの水になっていたのを発見したWac(8歳)。

ふと先日考えたことを思い出したようです。

「雪と氷の違いってなんだろうなあ。似てるけど、違うよね。」




 そして、今度は夜の間に、自分で水を凍らせる実験をすることを思いつきました。

一日目は、しるしをつけなかったので、あまり変化がわかりませんでしたが、

2日目は、容器を細長いものにかえて、テープでしるしをつけたので、わかりました。



 「なんでそうなるのかはわからないけど、水が氷になると、増えるんだね」とWac.

 「小人が魔法をかけたってことも、ありえるけどね。(←小人説を捨てたくない人)

  でもそれなら、水をいつも氷にしとけば、どんどんどんどん水が増えていって、

  飲んでも減らないってことになるのか・・・。

  これは、大発見だぞ。いいこと思いついた(゚▽゚*)」とまだ半分夢の世界を生きているJir



 雪と氷の違いは、

Wac「雪はダイブして顔をつけても息ができるけど、氷は多分できないと思う。

    でも、その実験は痛そうだし、やりたくないなあ。」

でした。

2011年2月16日 (水)

にんにく納豆味噌の炒め煮

 発酵食品って、だいたい好きなのですが、

納豆はあまり得意ではありません。(と、以前にも書いたことがあるような・・・)

でも、tokiも子ども達も好きなので、たま~に買います。



 でもこの納豆なら、私も好きです。

はじめはカノウユミコさんのレシピを応用させてもらって、だんだん私流に変わったものです。



 ネギ科を沢山入れたり、火を入れるせいか、

納豆のクセが和らぎます。

 納豆一パック(発砲スチロールの小型のだと、2パック分くらい)で、

10cm×15cm×5cmくらいのタッパー分くらいできます。

パンとも合います。

Imgp1777

<材料>納豆        90g

      玉ねぎ    1/2C            1/2個分     みじん切り

      長ネギ     1/2C      1本      みじん切り

              大根      5cm               5㎜角切り

      にんにく     1片               みじん切り

      味噌       1/4C

            菜種油     小さじ1

      水       1/2C

<作り方>①材料をそれぞれ切る

       ②フライパンか小鍋に油をひいて、にんにくを炒め、香りがたったら

        玉ねぎとネギを炒め、大根を加え、納豆を続いて加えて炒める

       ③水で味噌を溶いて、②の上にのせるように加えて、フタをして5分ほど蒸煮する

       




 翌日以降が味が馴染んでおいしくなります。

季節によって、合わせる野菜を変えられます。

今回は大根にしましたが、春は菜の花、夏はピーマンやオクラなど・・



夏に、こんなレシピを載せていました。納豆とカボチャのペースト



私のように、納豆がやや苦手な方がいらっしゃいましたら、おためし下さいね。



 

 にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪




UUUUUUUUUUU

暮らしのひとコマ

 昨日、昼近くになって戻ってきました。

雪で道が混んでいたみたいで、下道で休み休み帰ってきたそうです。

Imgp1974

10日ぶりのFu(11歳)は、はじめ大変テレておりました。

会っても目もあわせず、アレ?

Wac(8歳)もテレてます。

あんなに待ってたtokiなのに、抱きついていくかと思いきや・・・。

「ほら、おいでよ!」と言ったら、ようやく駆けてきて、ハグしました。



 「そりはもういいや!」雪遊びもそこそこ、

私について、雪かきしながら、あったことをたくさん話してくれました。

ブラウンズ・フィールドでは、ミントくんと仲良くなって、

2人で落ちているみかんでキジを捕まえようとして、追っかけまわしたこと。

デコさんといっしょに、うどんを打ったこと。

寺田本家では、社長さんに食事に案内してもらったところが

ファミレス(朝)、ラーメン屋(昼)、ウナギ屋(夜)だったこと(どれも初経験!)

加藤登紀子さんの自然大国では、娘さんのヤエさん(歌手)の生の歌を聞かせてもらったこと、

などなど、色々盛りだくさんで楽しかったみたいです。


 雪かきのあとは、兄弟3人寄り添って、なんだかいつもより仲良く遊んでました。



ごはんは、いっぱい作っても余らない、いつもの状態に戻りました。(* ̄ー ̄*)

家族いっしょは、やっぱりいいなあ。

2011年1月 9日 (日)

これは贅沢な感じ♪銀杏入りの玉ねぎ味噌

 寒い冬のごはんのともは、○○味噌が美味しくて、

色んなタイプの切り和えや、蒸し煮してなめ味噌をよく作ります。



 今回は、じっくり火を通す玉ねぎ味噌に、

秋に拾っておいた銀杏を加えてみました。




ほんのり甘い玉ねぎ味噌の中に、ほろ苦い銀杏がころころ。香ばしいゴマがつぶつぶ。




 大人向けかなと思って出しましたが、

今年急に銀杏が大好きになった子ども達は、かえって銀杏を探しながら、

何度もスプーンを入れては、ごはんにのせていました。

Imgp0644

<食材>玉ねぎ        大1個           みじん切り

      味噌         1/2C

      水           大さじ2

      銀杏         20~30粒         硬い殻を剥いておく

      水           大さじ2

             ごま          大さじ1

<作り方>①玉ねぎと銀杏を鍋かフライパンを入れて、その上に水で溶いた味噌をのせる

       ②10~15分じっくりフタをして、焦げないように注意しながら蒸煮する

       ③ごまをふりかけて和える




 銀杏は硬い皮だけ剥いておき、できあがってから薄皮を剥くと、簡単にむけて、

銀杏の色もきれいに仕上がります。

 皮はそのまま味噌に混ぜてしまって大丈夫です。



 時間があれば、ゴマを直前に炒りなおすと、香ばしさUPして美味しいです。

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ 色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑  クリックで応援、よろしくお願いします♪

OOOOOOOOOOOO

暮らしのひとコマ

 早春の苗用に、腐葉土、おから、生ゴミなどをせっせと運んで作っていた栄養たっぷりの土。

 寒くなる前にきり返しておこうと思ってフタを開けた11月のある日、

ああ~ショック ( ̄ロ ̄lll)    今年も入られてしまいました~(u_u。)

Imgp0641

今年はしっかり囲ったと思っていたのに・・・

どこからか、もぐりこんだんでしょうね。

外敵もいないし、ヌクヌク大きくなれる、格好の場所ですもの。

Imgp0642

そんな母の気持ちとは反対に、大喜びの子ども達。

それ以来、時々こうやってそれぞれ覗いています。

Imgp0643
yanyanも触りたくてしょうがなくって、やっとそおっと持たしてもらえました。

見えますか?カブトムシの3齢幼虫です。(左手の黄色い実は、カラスウリの仲間)

一畳ほどの広さの腐葉土フネに、ちょっと探っただけでウヨイヨいらっしゃるんです。

とても、苗用に土を拝借できそうもありません。



でも、これって、豊かな環境のおかげですよね。



そして、

こうやって輝く笑顔を見ていると、

今年の苗の土は気になるものの、

まあ、いいか・・・と思う母でした。

2010年12月27日 (月)

ふんわり味がやみつき☆稗とカブおろしのゆきんこ和え

 雪が降り続く寒い一日。

台所に立たずに、ストーブでなるべく調理して過ごしました (^-^;




 ごはんといっしょに炊いた稗があったので、

最近ハマっているカブのおろしとあわせてみました。

玉ねぎのソテーを加えることで、コクと甘味がプラスされ、

リッチなごはんのともが、できあがりました。



 食べてみたら、パスタにも合いそうです ( ´艸`)



 薪ストーブを囲んで、冷めないうちにハフハフしながら、

降り積もる雪に期待をして、目を輝かせている子どもたちといっしょに頂きました。



 雪の降る日に、ホワイトカラーの野菜たちを合わせたので、

みぞれ和えならぬ、「ゆきんこ和え」というネーミングにしてみました。

Imgp0449_2

<材料>かぶ         185g  (大きめ1個)

             醤油       大さじ1

      梅酢       小さじ1

      玉ねぎ       1/2個

      稗         1/4C

       (簡単な炊き方は、雑穀カテゴリーのはじめのページをご覧ください)

      塩         小さじ1/2

             菜種油      ひとたらし

<作り方>①カブをザク切りして、醤油と梅酢を加えてフードプロセッサーにかけるか、

        みじん切りにして和えておく

       ②あいたフードプロセッサーに玉ねぎを入れて攪拌するか、みじん切りにして、

         小鍋に菜種油をひいて、塩をふって炒める

       ③玉ねぎが炒まったら、稗をくずし入れ、火からおろして①を加える




 ごはんやパスタなどに合わせるのがお薦めなので、ちょっと濃いめな味付けでもOKです。

③で混ぜる前にそれぞれ味見してOKな味にしておくと、和えたときに、ぴったり味になります。




 稗はあっさりシンプル味にしないと、その存在感が味わえないため、

自然に調味料も塩か醤油、合わせる野菜も優しい味のものになります。

 反対に、高きびはパンチの効いた味や取り合わせに負けないので、

クセの強い野菜や、スパイスやにんにくやトマトとあわせることが多いです。



 

 雑穀がなければ、玉ねぎとカブだけでも美味しそうです。

旬の糖度の上がったカブ。手に入ったら、お試しくださいね。

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ 色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑  クリックで応援、よろしくお願いしま~す♪

FFFFFFFFFFFF

暮らしのひとコマ

雪が降ると

Imgp0424

必ずといっていいほど、「食べる」子ども達 ( ̄Д ̄;;

Imgp0434

ワカラナイ、理解デキナイ ( ̄ロ ̄lll)・・・・寒いのに、なぜ冷えることをあえて・・・。

でも、これがホントに楽しみなんです。

yanyanももちろん、全身雪だらけになりながら、室内に雪を振りまきつつ食べています。

コレはベイビーの域を超えて、かなりメイワクです・・(*`ε´*)ノ



 どこの雪を持ってきてるのかなんて、

もちろんわからないですよ。わからない方が、いいってもんです・・(*^-^)

2010年12月23日 (木)

牛蒡椎茸の韓流そぼろ

 牛蒡のそぼろは、子ども達も大好きな牛蒡のレシピ。

ごはんにのっけて、ぱくぱく食べて、あっという間になくなります。

以前に牛蒡と厚揚げそぼろの炊き合わせを紹介しましたが、

今回は豊作中の椎茸と合わせました。




 牛蒡や椎茸って苦手な方やお子さんって多い気がします。

食べられないほどじゃないけど、あまり手が延びないような・・。

うちの家族は牛蒡好きですが、Wacちゃん(8歳)は我が家で唯一椎茸が苦手な人。

 


今回はそんな苦手さんのために、

にんにくをたっぷり利かせて、椎茸と牛蒡のクセを押さえてみたら、

独自の香りが減る分、歯触りとコクを楽しめる料理になりました。

 お豆腐が入っているので、ポソポソしないのもポイントです。

しかもフードプロセッサーがあれば、とっても簡単♪




 最後にネギをたっぷりふりかけて、ごま油をたらしてみたら、

もう食べる前から子ども達の目がキラン ψ(`∇´)ψ

Imgp0244_2

<材料>牛蒡            150g

      椎茸            130g (大4枚)

      焼き豆腐         150g(1/2丁)    水切りした木綿豆腐でもOK

      生姜にんにく漬けたれ  大さじ3

        (なければ、にんにく生姜のすりおろし:醤油大さじ=大さじ1.5ずつが目安)

      ごま油           小さじ1        1/2ずつ2回に分ける

      青ねぎ           適量(お好みで加減)

<作り方>①牛蒡をぶつ切りにしてから、フードプロセッサーに軽くかけ、

        椎茸と生姜にんにくタレを加えてさらに粉砕する

       ②ごま油小さじ1/2をフライパンに入れて、①を入れて炒める

       ③ある程度炒めて水分が抜けてきたら、豆腐をつぶしながら入れて全体和え、

        フタをして10分ほど蒸し煮する

       ④火からおろして、残りのごま油を加え、器にもって、青ネギをたっぷりふる




 辛味好みの方は、七味を振ってくださいね。

木綿豆腐を使う場合は、なるべく硬めのものがお薦めです。最後に水分を飛ばしてください。



 生姜にんにくの漬けたれは、作っておくとさっと使えて便利でお薦めです☆



 冷めても美味しいので、お弁当のごはんの上にのせて、そぼろごはんにしても楽しめそうです。

OOOOOOOOOOOOO

暮らしのひとコマ

 自転車乗りに目覚めたJir(5歳)。

自分の自転車にカゴがないことに気付きました。

もともとついていたカゴはプラスチックで、

兄達が乗るうちに、ヒビが入って割れたので、取ってしまったのでした。



 「オレの自転車もカゴがほしい  (`ε´○)」

サンタさんに今までお願いしていたものをやめて、カゴを頼むべきかかなり悩んでいるので、

「natsuがのってた自転車のカゴ、はずしてつけたら?」と提案しました。

学生時代のころから使っていた私のママチャリ。

ここに暮らすようになってから乗らなくなって、倉庫の隅でホコリをかぶっているものです。



 本人がその気になったので、

兄達に取り外しと取り付けを頼みました。

Imgp0361

Imgp0362

Imgp0363

Fuに言われて、助手のごとく工具を取りに行ったり、

合間に覗き込んだり・・・

「もうすぐ完成・・」かなり期待がふくらんできました。

Imgp0365

「できた!ありがとう!」

すぐに試し乗りです。

Imgp0370

本体に対して、カゴがかなり大きくて頭でっかちになりましたが、

本人は大満足☆

よかったね~( ^ω^ )   Fu、ご苦労さん!

       

2010年12月16日 (木)

はまる味☆冬の定番 生姜味噌

 今年久しぶりに生姜を育てました。

昨年友人がたくさん育てたから、と言って頂いた生姜が、とっても美味しかったからです。

 11月に掘りあげて、少しずつ使ってきましたが、

小さいものはだんだんしなびてきてしまったので、

細かく刻んで、ごはんのとも、生姜味噌を作りました。



 作っている時からいい香りがたち、台所に子ども達が集まってきます。

ほっかほかのごはんにのせて、早速頂きました o(*^▽^*)o

う~ん、美味しい~。

なのに作り方はとってもシンプル♪

Imgp0094

<材料> 生姜         1/2C        みじん切りかすりおろす

               味噌       1/2C

        ごま油   小さじ1/4

<作り方>ごま油を鍋にたらして、生姜の上に味噌をのせて、焦げないように弱火で蒸し煮する



 ちょっと焦がしてしまっても、そこがまた美味しかったりして・・・ ( ´艸`)



 お子さんむけには、すりおろして細かくした方が辛くないんですげど、

みじん切りて小さいながら歯ごたえを残した生姜を噛みしめるのも、美味しいのでお薦め。

今回私が使った生姜は、シナシナになっていたので、すりおろせず、

みじん切りにしましたが・・・(*^-^)

すりおろして味噌とあえて、火を入れないのも美味しいです。



 ひょっとして以前書いたかもしれないと思って、過去の記事を検索したら、

こんなレシピもありました。


ピーマンがたっぷり食べられる 生姜味噌 (夏野菜のレシピですが・・・)

こんな感じで、他の野菜や豆とと合わせても、とっても美味しいです。



 夏に出回る新ショウガは、みずみずしくて味もあっさりして夏むき。

それはそれで美味しいけれど、

冬の根生姜は、身が締まっていて、味が落ち着いて深みがありますよね。



 傷んでしまう前に、自家製生姜を楽しもうと思います。

生姜とお味噌があればすぐに作れるので、よかったら試してくださいね (* ̄ー ̄*)




VVVVVVVVVVVVVVV

暮らしのひとコマ

Imgp0071

 もうすぐ冬至。朝がとっても寒くなってきました。

それでも、おひさまが昇ってくると、ストーブの前で固まっているより、

陽が差し込む縁側のところが暖かくて、人気なスポット。

お陽さま、今日もありがとう~ヽ(´▽`)/




 最近の午前中作業は、そんな朝陽を背中に受けてあったまりながら、

豆のサヤ剥き。

 

 



 

2010年12月11日 (土)

小豆のふりかけ

小豆がふりかけ??

さらなる小豆のレシピのリクエストを頂いていて、今回は変わり種です。


 別に小豆を炊く、という手間を除けば、お赤飯のように混ぜて炊かない利点はたくさん。

     かけたい人が、好きな量をかけられます。

     色んな味にアレンジできます。

     小豆の硬さをお好みに仕上げられます。

     かわっているので、目をひきます。

     お赤飯が苦手な人にも、食べやすいと好評です。

     おにぎりに混ぜれば、あっという間に華やかなお赤飯おにぎりになります。

ちょこっと炊いた小豆が余っている時などにも、さっと作れる一品です。



 今回はシンプルに塩味。磯の香りと小豆がとてもあって、美味しかったです。

Imgp0323_2

<材料>茹で小豆        1C

      干しワカメ        3g           細かく砕く 

      水             大さじ1

      えごま          大さじ1

      塩             小さじ1/2弱

<作り方>①干しワカメと水をフライパンに入れて、火にかけて、炒り戻す

       ②水分がとんだら、ゆで小豆と塩を加えて混ぜる。

       ③火をとめてフタをし、全体を蒸らしてからもう一度全体を混ぜてえごまを加える

 

 薄いワカメの場合は、袋にいれてもむと細かくなります。

ワカメが袋を突き破る場合があるので、

スパゲッティーが入っているような少し厚手の袋がお薦めです。

 私が最近使っている乾燥わかめは厚手なので、はさみで切ってから、ミルに数秒かけています。



 フタをして少し蒸らすことで、ワカメがきちんと戻り、フライパンの底にはりついたものも

取れやすくなります。(テフロンでは関係ないかもしれません)





 

 醤油や味噌味にすると、小豆が苦手な方は、さらに食べやすくなりますが、

うちの家族はこの小豆の味が好きなので、塩味で作る場合が多いです。

 青海苔は手軽で良いのですが、入れすぎると全体青海苔味になってしまうので、

最近私はこの方法でわかめをよく使っています。

よかったらお試し下さいね。




FFFFFFFFFFFFFF

 暮らしのひとコマ

Imgp0278

 Fu(11歳)は小さい頃からギターが大好きで、1年生のころには簡単なコードを覚えていました。

 作詞作曲することもありましたが、最近は好きな曲の歌詞をノートに書き写して、

何度も曲を聴いて、音を拾って、試しに弾いて、そのコードをノートに記入する、

という結構根気と時間のかかるコトを集中してやっています。

Imgp0090

 この方が、ホントのコードより、自分でひきやすいからいいのだとか。

上手に自分流に節をつけて、楽しそうに弾いてます。

2010年10月26日 (火)

根菜そぼろ  鉄火味噌風

 朝ごはんは大人は食べないのに、

一日一食小麦のことも多いのに、

玄米一升、朝ともう一食で軽く食べてしまう、ごはん食いの我が家。


子どもも大人もがごはん大好きだし、ごはんのともも大好きです。

だから、いつもなるべく数種類の「ごはんのとも」を常備しています。



 ところが最近「ごはんのとも」が不足気味  ( ̄ロ ̄lll)

田んぼ畑が忙しくって、常備菜が追いつかないのです。




そんな時に思いつきで作ったものが大ヒット!

あの鉄火味噌に似た味です。

なのに、作り方はとっても簡単 ( ´艸`)

Imgp9959

<材料>牛蒡    120g

      レンコン  120g

      人参    120g

      油揚げ    50g

      味噌     大さじ2

      しょうが   大さじ2

<作り方>①牛蒡は皮をむかずに洗って、切らずに太さに合わせて軽くゆがく

       ②生姜をすりおろし、

        他の材料をフードプロセッサーで硬い順に加えながら粉砕する

       ③②を水1/2Cと火にかけて、10~15分ほどかけて煮て、最後は煮切る




 根菜を超みじん切りにして、丹念に丹念に炒め切る・・・

切るのも、炒るのも、かなり根性がいるマクロビの基本料理の鉄火味噌。(*^-^)

一度作って以来、美味しいのに、なかなか手が出せずにきていました。


 でもこの作り方なら、あっという間にできてしまいます。

もちろん、本場の鉄火味噌とは違うものですが、

牛蒡、レンコン、人参の香りや甘さに満足。

しょうがが利いてるのもうれしくて、油揚げのおかげでコクがあります ヽ(*≧ε≦*)φ




 いつものごはんのともなら、パスタやぱんとあわせても、と書くところですが、

優しい根菜の味をしっかり味わうには、これは「ごはんのとも」が一番合いそうです。




&&&&&&&&&&&&

畑のひとコマ


 雨なので田んぼはお休み。

雨上がりの合間に、残りの小麦を蒔いてきました。

この畑は、この間までエゴマ畑だったところ。

エゴマ収穫後、急いで草刈りして、おからを全面にまいて、tokiが耕してくれました。



 ぽつぽつ降る中、これ以上降ったら畑がヌカってしまうので、「やっちゃおう!」

ということで、みんなカッパ着てテルテルぼうずに。



 

Imgp9962

この方、種まきもデビュー。

手元見ないでカメラ目線 (*^-^)

Imgp9963