フォト
2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

スープ・シチュー

2011年2月 2日 (水)

牛蒡とマカロニの即席カレー

 剪定枝の片付けをしていて、戻ってきたら11時半を回っていました (;゚∇゚)/

すでに腹減りKIDSは腹減りコールを始めているのに、

急にカレーが食べたくなりました。 



 今の時期は、野菜は土蔵に保存してあって、

その時台所にあったのは牛蒡のみ・・・(^-^;

蔵に野菜を取りに行っている間に、かまどの火が消えそうだし、

一番食べるtokiとFuがお出かけ中なので、なんとかなるかなあと、

牛蒡だけでカレーを作ってしまうことに。



 牛蒡は早く煮えるようにフードプロセッサーでガーッ。

マカロニは、別ゆでしないで、茹で汁ごと使って、

早く煮えるレンズ豆も起用したところ、

あっという間に、おいしいカレーができました (◎´∀`)ノ

Imgp1144_2

<材料>牛蒡          1本      フードプロセッサーで粉砕か、小さく切る  

      マカロニ            200g    江別製粉の国産小麦のマカロニを使いました。

      赤レンズ豆      1/2C

      ガラムマサラ     大さじ1  カレー粉でも

      ターメリック      小さじ1   

      水            3C  

      味噌          大さじ1 

      生姜          一片     すりおろす  

      塩            小さじ1  

<作り方>①鍋に水を入れて、沸かしている間に牛蒡を粉砕しておく

       ②鍋に牛蒡とレンズ豆、スパイス、調味料を入れ、沸騰したらマカロニを加える

       ③吹きこぼれないようにずらしてフタをし、

        時々マカロニが鍋底にひっつかないように、木へらで混ぜる

       ④マカロニが柔らかくなって、全体トロミがでたら火をとめ、醤油で味を整える



 

 マカロニは種類によって、吸い取る水分量が違うと思います。

水分が早くなくなってしまっても、マカロニが茹らないようなら、水を足してください。

逆に水分が多い場合は、米粉や片栗粉を水で溶いてとろみを出してください。




 小さいお子さんが食べる場合は、生姜は入れない方がお薦め。

大人だけあとから加えても美味しいです。




         
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ   今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

           色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑   クリックで応援、よろしくお願いします♪




RRRRRRRRRRR

暮らしのひとコマ

toki、順調にコンポスト・トイレ製作中♪

子ども達は、合間に手伝ったり、作業を見ていたり・・

Imgp1181

そこへyanyan(2歳)、割り込みながら登場。

Imgp1182

yanyan(2歳)、めずらしくイタズラせずに、真剣に、真剣に作業を見守ります。

(Jirは場所をとられて退場・・)

Imgp1184

覗き込みすぎ・・ちょっと危ない・・(^-^;

Imgp1186

夕方まで、かなづちの音が響くのが心地よいです。(* ̄ー ̄*)

2011年1月26日 (水)

とろり・あったか☆生姜入りお芋のとろみスープ

 寒い日のお食事に、あったまるお汁は必須ですね。

我が家は晴れていれば、お昼ごはんはいつも外。

お汁は冷めないように最後によそいますが、それでも食べていくうちに冷めてしまいます。



 そこで、お汁がなるべく冷めないように、とろみをつけました。

さらに生姜をたっぷり入れて、あったまる生姜効果を狙いました。



 狙いどおり、なかなか冷めずに、また生姜のおかげで体の中からあったまりました。

塩しか入っていないのに、

具に使った甘いカボチャの美味しさ、長ネギのとろりが引き立ち、

お野菜のだしがしっかり出て味わい深いお汁になりました。

Imgp0994_2

 

<材料>カボチャ        1/4個              小口切り

      長ネギ         1本               5cm幅の千切り

      レンコン        小さめ一節            薄めの輪切り

      生姜         2cm大のかけら          すりおろす

      塩           大さじ1~

             水           1リットル程度

      片栗粉/くず粉   大さじ2                1/4Cの水で溶く

<作り方>①水にかぼちゃ、レンコンと塩を入れて、具が柔らかくなるまで煮る

       ②長ネギを入れて、香りがたったら

        水溶き片栗/くずを作り、①に溶かしいれて全体をお玉で混ぜ、1分ほど煮る

       ③味をみて、塩で調整する





にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ 色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑  クリックで応援、よろしくお願いします♪






TTTTTTTTTTTTTTTT

暮らしのひとコマ

toki、順調にトイレを製作中。

半年以上建築作業をお休みしていたtoki。

何か作っている彼は生き生きしているので、私も元気をもらいます。

Imgp0951_2

廃材を使っているので、

古釘抜きを手伝う子ども達。


********************

なかやの情報コーナー

 こんなこと、やってます↓↓↓

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。




「味噌作りキャラバン 参加者募集中」 

 なかや産無農薬大豆・信州産米の麹・自然塩と、味噌作り用具を積み込んで、

あなたの街に伺います。
 

 一度に60~70キロの味噌が出来上がります。

仲間をあつめて、美味しい・楽しい「味噌作り」をしませんか?

オプションで「みんなで作るベジタリアン野外料理教室」も同時開催できます。

こちらもお薦めです。
                     →詳しくはこちらをチェック!

2011年1月19日 (水)

とろ~り&あったか♪ゆばと白菜の豆乳スープ

 割れてお買い得!ということで買ってあった、板状の乾燥ゆば。

あまり使い慣れない食材だし、どうやって料理しようかなあと

あれこれ考えた末、豆乳スープに入れて頂くことにしました。

 同系ですから、当然ながら裏切らない味 ( ̄▽ ̄)

とろとろに煮込んだ白菜と絡み合うゆばを、探しては美味しそうに食べる子ども達。

Imgp0847_2   

<材料>白菜            200g       千切り

      水            600CC

      塩            小さじ1

      豆乳          3/4C          手作りの濃厚なタイプを使いました

      ゆば(乾)       10g

      胡椒          少々

<作り方>①鍋に白菜と水と塩を入れて、白菜が柔らかくなるまでコトコト煮る

       ②湯葉をいれ、ふんわりしたら、豆乳を加え、沸騰する前に火からおろす

       ③好みで胡椒やハーブソルトをかける




 白菜を千切りにすることで、早く煮えて、ゆばに絡みやすくなりました。 



 豆乳は煮立たせると分離するので、食べる直前、料理の最後に加えます。



 湯葉は、汁がふつふつと沸騰している時に入れて戻し、長く煮ないようにして、

味と食感を残します。



 豆乳が濃いタイプでない場合は、量を増やしてお好みのコクにしてください。



 




にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ 色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑  クリックで応援、よろしくお願いします♪



UUUUUUUUUUUUU

 なかなかちゃんと上がる凧が作れなかったけど、

今回は成功しました。

 Fu(11歳)が、ほぼ毎週通っている子ども向けの自然観察体験講座で、

ちゃんと飛ぶ凧の作り方を、教わってきたのです。

 描いた絵は、やっぱり鳥。

家に帰ってきて、自慢げに披露。即講師に早代わり。

Imgp0859

「オレにもビニールちょーだい~♪」

Wac(8歳)も、早速ワザを伝授してもらって作りました。

とっても高く上がって、かなり満足。

今度は大きい凧に挑戦。

Imgp0858

Jir(6歳)は、教わりながら、手伝ってもらって、作りました。

惜しくも足が切れてあげ損ねてしまったけど、補修すれば大丈夫。

Imgp0854
yanyanは、Fuに作ってもらって、絵を描きました。

みんなHappyスマイル。

作ったものが、ちゃんと成功するって、やっぱり大事・・・

でも、この喜びは、今までの失敗の積み重ねがあったからこそ、なんですよね。




 

2010年12月 8日 (水)

ホックリおさつとトロロンネギのトマトシチュー

 カレーや麻婆でも美味しいさつま芋を、

子ども達のリクエストで、トマトシチュー仕立てで頂くことに。

今年はトマトピューレをたくさん作ったので、冬に豊富に使えてヽ(´▽`)/




 私が畑に行っている間にJir(5歳)ぶつ切りにしたさつま芋。

おおぶりだったのが、かえって煮込んでみたらいい感じ ( ´艸`)

いっしょに太ネギもおおぶりに切ってみました。

トロンととけかけた大きなネギが、これまた甘くて美味しい (゚▽゚*)



 

 「やっぱりこの組み合わせは当たりだよ」と、かなり自慢気な子ども達でした (*≧m≦*)


 

Imgp0088

<材料>さつま芋      1本          ぶつ切り

      大根       5cm          1cm角程度

      長ネギ       1本        ぶつ切り

      塩         小さじ1~

      トマトピューレ  400ml

      クローブ・ローレル・タイム他、ハーブ類を少々

       

<作り方>具材をそれぞれ切って、調味料を加えて20分程度煮込む



トマトピューレが塩入りの場合は、味を調整してください。

好みでチリパウダーやコチジャンを加えても。

 食べ終わって気がつきました。ノンオイル。

我が家ではよくあることですが、気がつかないくらいコクがあって満足味でした。

足りないなあと思う方は、出来上がりにお好みのオイルをたらしてみてくださいね。



 大根は、今回脇役でしたが、

大根メインのトマト煮も大好きです。

次回はそれでいこう・・・(* ̄ー ̄*)





KKKKKKKKKKKK

暮らしのひとコマ


ウルフルズのライブDVDを見てからというもの、

子ども達はトータス・松本になり切っています。

映像の力って、絶大ですねえ~。

Imgp0097_4

気持ちよさそう~♪♪

Imgp0100

カッコはイッチョ前~~~♪♪

Imgp0058

まだどこかで別の声が・・・と思ったら

家の中で1人オンステージな方が~~~♪♪♪

持っているのは、新聞紙を丸めて自分で作ったマイク。



 どれだけ大声で歌っても、

隣の人は1km先か、川を隔てて一山超え向こうの方。

心ゆくまでどうぞ~~♪♪

2010年8月21日 (土)

ひよこ豆とナスのスープカレー

 前から作りたいと思っていたVege diningの庄野いずみさんの丸ごとナストマカレー。

残念ながら大元のレシピが彼女のブログ内で発見できず、

結果いつものごとく、うろ覚えの創作料理に・・・庄野さん、ごめんなさい。(u_u。)

 庄野さんは人気なレシピブロガーで、本もたくさん出されています。

(なんて、私が知ったのも、ほんの数ヶ月前ですが・・・(;;;´Д`))

人気なだけあって、どのレシピもとても簡単で美味しそうです。

野菜料理と銘うっていても、卵やお肉や乳製品、砂糖類が入っているレシピが多い中で、

庄野さんは、純粋野菜レシピの発案者です。

日替わりなのに、色んなタイプの料理が紹介されていて、スゴイです。参考になります。

とってもお薦めなので、よかったら覗いてくださいね。




 さて、肝心のレシピがないのですが、印象深かったので、結構似てると思われます・・・。

Imgp8932

<材料>ヒヨコ豆        1C茹でておく (またはゆで豆2C)

      トマト         4個

      ナス         4本

      塩          小さじ2

      醤油         大さじ1

      カレー粉      大さじ1  (私はガラムマサラとターメリックを使用)

      オリーブオイル  小さじ1  

<作り方>①鍋にトマトとナスを丸ごと入れて、オリーブオイルで軽く炒める

       ②調味料を入れて、ナスとトマトが柔らかくなるまで煮る

       ③火を止める前にゆでたヒヨコ豆を和えて、フタをして食べるまで置いておく



 庄野さんは「悶絶ものの美味しさ!」とご自身のブログに書いていました。

確かに美味しかったです。( ̄ー+ ̄)

庄野さんのは豆なしで、さらにシンプルです。

醤油だったか、味噌だったか、ちょっと覚えていなくて・・・

ホンモノが知りたい人は、検索してくださいね。

多分ここ1ヶ月内をたどれば、発見できると思います。



 レシピを見たときに驚いたのは、水を加えないこと。

でもできあがりはスープのようになってます。全部お野菜の水分。

あと、玉ねぎが入っていない。これはカレー作りの常識から逸脱しているかも・・・。

 さらにお皿に盛ったときに、丸ごとナスがどかんと入っているのもいい感じです。

おもてなしにも使えそうですね。




 とても参考になるレシピを教わりました。庄野さん、ありがとうございます。(o^-^o)


 






:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+




暮らしのひとコマ

 今日は白州でフリマ出店です。

昨日は一日準備をしていました。

子ども達もはりきっています。

Imgp8951
  

2010年7月20日 (火)

バジルのあっさり塩味スープ

 バジルを使って簡単にできるスープを作りました。

20100716

<材料>バジルの葉   5房程度(きざんで1C) 少なくてもよい

      玉ねぎ      中1個    薄切り

      人参       中半本    5㎜角切り

      水         1リットル

      塩         小さじ1~1.5

<作り方>①玉ねぎ、人参を切って鍋にいれ、お湯をわかす

       ②人参がやわらかくなったら、塩を入れて味を加減する

       ③バジルの葉を入れて、色が変わるまで火をいれる



味付けは塩だけで、とてもシンプルですが、玉ねぎと人参の甘味も加わるし、

なにより、おだやかなバジルの香りが素敵です。

バジルが手に入ったら、ぜひ試してみてくださいね。