フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

野草・山菜

2011年6月 6日 (月)

ひじきのやまかけ 

 広島で採ったひじき。

移動しながら、茹でて乾燥させてきました。

古くならないうちに、ちょっとずつ大切に食べています。



 今回は、長芋のとろろをかけてみました。

ぐるぐるかき混ぜて、あったかごはんにのせて食べたら、

とってもおいしかったです。

Imgp2908

<材料>戻したひじき        2C 

      長芋            1/2本

      しょうゆ          大さじ2

             葉わさび          少々

<作り方>①ひじきを熱湯に入れて戻しゆがく

       ②長いもをすりおろして、①とあわせ、醤油を加えて味を調整する

       ③葉わさびを飾る



 たまたまあった葉ワサビを添えました。

山の味と海の味が合わさると、本当においしいです。




      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                   にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ

          いつも応援ありがとうございます。

          たくさんの方に見ていただけるように参加しています。

          いろんな方の料理の工夫が楽しめるサイトでもあります。  

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






NNNNNNNNNNN

暮らしのひとコマ

Imgp2915

木いちごが採れはじめました。

ブラックベリーやラズベリーも順番に花を咲かせています。  

今年はイチゴの実成りが少なかったので、

子ども達は走って採りに行きます。            

      

      

      

2011年6月 4日 (土)

たらの葉と高野豆腐のふくめ煮

 家の周りにたらの木が何本か自生しています。



 もちろん春先に、てっぺんに吹き出た芽が一番のごちそうですが、

葉をのばして茂り始めても、やわらかそうなところは食べられるので、

間引くように採って、葉野菜のように頂いています。


 今回は高野豆腐と炒め煮にしました。

たらの芽は、てんぷらのレシピが多いですが、

揚げると、その分タラの香りやクセが抜けてしまうのが、なんだか残念で、

私は、ついつい炒め煮ばかり作ります。

Imgp2780

<材料>やわらかそうなタラの葉          10本程度

      高野豆腐                   2枚

      醤油                      大さじ1程度

      ごま油                     少々

<作り方>①タラのトゲを包丁でこそいでとり、5cm程度の長さに切る

       ②フライパンに油をひいて、①をしっかり炒め、ひたひた程度の水を加える

       ③高野豆腐を②に入れて、戻し、やわらかくなったら食べやすいサイズに切って

        再びフライパンに戻す

       ④醤油を加えて、フタをして、煮含め、最後はフタをあけて水分をとばす




 この高野豆腐のもどし方は、かなり邪道ですが、

あたたまっていくフライパンの中で、タラのエキスも吸いつつ戻すことができます。

うっかり煮立てると重曹入りの高野豆腐は特にくずれてしまうので、

ある程度やわらかくなって、包丁で切れるようになったらすぐに切って、

あとは優しい火で煮含めます。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                   にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ

          いつも応援ありがとうございます。

          たくさんの方に見ていただけるように参加しています。

          いろんな方の料理の工夫が楽しめるサイトでもあります。  

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



NNNNNNNNNN

暮らしのひとコマ

地元のiイベント、本日のキャンドルナイトにむけて、

雨の中、竹を切り出して、お弁当に添えるお箸作り。

Imgp2905

「使い捨てにするには、おしいなあ」と言いながら、

あまり目立たないところにも愛を、とひたすら地道に竹を削る、なかやの職人達。

2011年5月28日 (土)

ツユクサのおひたし

 標高の高いところで有機農業をされている方と、フリマでごいっしょしました。

お野菜売ってるんなら欲しいなあ、と思って伺ったところ、

「今は山菜三昧よ~。毎日オコギ食べてるわよ~」とのこと。

やっぱり (o^-^o)  

お仲間に出会えて、嬉しかったです。




 畑で草刈りをしていたら、ツユクサが出始めました。

さっそく茹でたら、アクもなくて、とっても食べやすかったです。

これからあちこちでどんどん生えてくるので、これは楽しめそうです。ヽ(´▽`)/

Imgp2782

<材料>ツユクサ   花がつく前の、若芽  両手に一杯

      コカブ     2個

      塩       ひとつまみ

      醤油      適量

<作り方>①コカブをイチョウ切りにして、塩もみしておく

       ②ツユクサを洗って、色が変わる程度にさっとゆがいてざるにあげ、

         軽くしぼってからきざむ

       ③①を軽くしぼって、②とあえて、醤油を回し入れる



 本によると、若芽でなくても食べられるとありました。

想像では、他の野草と同じように花がつく前までが、食べやすいのかなと思います。

山菜などで、筋っぽさを確かめるためには、

茹でた後、軽く包丁をあててみると解りやすいです。

切りにくいと筋があるということなので、そこはのぞきます。

確かめるには、そこを食べてみると一番わかります。        

      

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                   にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ

          クリックで応援↑↑↑、よろしくお願いします。
 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



WWWWWWWW

暮らしのひとコマ

うちの稲苗がなかなか育っていないのを見かねた地元の方が、

余り苗を分けてくださったおかげで、

ふだんより早い時期にお田植えが始まりました。

ありがとうございます。m(_ _)m

Imgp1527

 Jir(6歳)は、今年補植デビュー。

「おれもついにやるんだよ ε( ̄0 ̄;ノ」と鼻息荒く、はりきってました。

今まではyanyanと遊んでいる方を選んでいたJirですが、

Wacちゃんに素直に教わりながら、一生懸命自分の列分やりました。

Imgp1529

とりあえず、5畝分、一枚完成。

2011年5月27日 (金)

ワラビのゴマ味噌和え

 ワラビは、醤油で料理することが多いのですが、

味噌も合うだろうなと思って試してみました。

味噌の濃さで、ワラビの香りや味わいがわかりにくくなってしまうかな、と思ったのですが、

さすが山菜、負けません。



 生姜とゴマも加えて、中華風な味付けにしてみたら、

目先がかわって、みんなのお箸が進みました。

Imgp2787

<材料>アクを抜いたわらび     150g

      味噌              大さじ2

      白ごま             大さじ1

      しょうがすりおろし      1片分

<作り方>①わらびを細かく刻む

       ②味噌と白ごまと生姜のすりおろしを合わせて、①と和える

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                   にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ

          クリックで応援↑↑↑、よろしくお願いします。
 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

HHHHHHHHHH

暮らしのひとコマ

 徳島県・木頭村(当時)の大規模なダム計画を撤回させるために、

30年間反対運動を続け、ついに成功に至り、全国ニュースになってから11年。

 地元の反対運動のリーダーだった田村さん(80歳)にゆっくりお会いした時に、

話の流れで、野鳥を捕まえる「こぶてん」というワナの作り方を教わりました。

Imgp2702

子どものころ、よく作ったそうです。

捕った鳥は、当時の子ども達のおなかを満たしたとのこと。

「久しぶりに作るなあ~」と言いながら、とても嬉しそうに教えてくれました。

Imgp2779

 3種類教わりましたが、こちらは生け捕りにできる方法。


鳥捕まえ熱が再びUPした子ども達です。



GGGGGGGGG


震災、さらに福島の原発事故以来、いろんな思いの中にいます。

その思いをどうやってお届けしていいのか、迷っています。


色んな立場の方がいること、

色んな考え方があること・・

わたしとしては、これが正しい、こうせねばを発信したいわけではない。

原発の怖さなど、やっと世間に知られるようになったこともあるけれど、

あまりにも隠されている情報が多いようです。

私たち家族には、知り合いがいろんな情報を伝えてくれるけど、

それでも、一部を知っているだけだと思います。

 東北で被災された方々を想像しつつ、

「日本力」などのキャッチフレーズには、どこか総並び強要の怖さがあって

馴染めません。



 福島県周辺地域の農産物・海産物離れについて、

マスコミでは、盛んに「風評被害」と言われていますが、

私は、風評被害の前に「原発被害」だと思います。


 今まで原発の状況を知らずに、さんざん電気を使ってきた、

という反省は、個々人がまずするべきだし、

のど元過ぎれば・・・にせずに、

このことをホントに忘れずに、

個々人が今後の生活を改めていく方向が良いと思うけれど、

この現状。

何にどれくらい放射性物質が入っているのか、

その影響は長期的な予想を含めてどうなのか、

今までの暮らしを継続するために安心したいだけでなくて、本当のことを知りたい。

私も含めて、日本で普通に暮らしている人たちが、

きちんと知る権利もあると思います。


福島の「子ども達も20ミリシーベルト」は、本当にひどいです。



 生産者のことを考えれば、現場の方のことを思えば、

ということもさかんに言われているし、

生産者の人たちの気持ちも、同じように農産物を育てている立場として共感できるけれど、

それで隠されて、曖昧にされてしまってはいけない現実があると思います。



 実際買い物をしていて、二の足を踏む方も多いと思います。

それを言葉にするのははばかれても・・・。

(というところが、なんだか戦時中みたいですね)




 私自身、自分の子どものことを考えて、という隠れ蓑をどこかに感じながら、

以前のように買い物ができないでいます。

子どものことが、一番気になりますが、

私自身、放射性物質を取り込みたくないし、

パートナーのtokiには自分に対してよりもっとそう思うし、

五感でわからないから、よけいに怖さを感じています。

「大丈夫なんじゃないか?」という想像で、知らされずに食べたくないなあと思います。


 食べものでは、基準値より高いものと低いものを混ぜれば、

基準を満たしてOKという考え方が、すでに始まっていますね。

知らないで食べてしまえば責任は回ってこないだろう、という考え方には

がっくりです。

一方で、自分のことしか考えられてないのかな、とよぎることもあり、

悩みます。



 本当のことを知らないでの安心感覚にいるのではなくて、

子ども達の未来、健康を守りたいと思うし、

できるところで、自分の思いを声に変えたいと思うようになりました。

こどもを思う母親の気持ちは、時空を超えてつながることができると思います。



 このことについて、感想やご意見など送ってくださると嬉しいです。

(コメントは、非公開にすることもできます。個メールでのご連絡でもOKです)

 これを読んで不愉快に思う方がいらしたら、ごめんなさい。

最後に、知り合いからのメールの転記です。

うちでは乳製品を食べませんが、だから安心ということでもないです。

雪印は「福島産を薄めて使ってる」「独自検査をしていない」とバッシングされ
ていますが、
上記5社、どこも独自検査はしていないようです。
小岩井も一部で福島産を使用。
明治、森永も以後使用する可能性がありそうです。

http://www.teppeinomori.com/201105/20110521001.htm

基本的には製造工場周辺の生乳を使うと思われるので、
製造工場の固有記号などで製造所をチェックすることも、場合によっては必要か
もしれません。
 





			

2011年5月26日 (木)

木の芽&カレーのオープンサンド

 春の山菜の中で、毎年楽しみにしているのが山椒。

「こんなに山椒の葉っぱをむしゃむしゃ食べる人って、いないと思うよ」

とtokiに言われてしまうくらい、食べています。



 山椒は家周りや林道のあちこちで自生しているので、

畑の帰りや、お茶摘みの合間に発見しては、枝先の柔らかい新芽をかいて

ポケットに入れておきます。

 しばらくたつと、また新しく芽を伸ばしてくれるので、

何度も、長い期間楽しめるのです。




 子ども達も大好きな山椒。

きざんで醤油をたらして、ごはんのともが絶品ですが、

今回は、思いつきでカレーのトッピングに使ってみました。

これがとっても合って、びっくり  !!(゚ロ゚屮)屮

山椒のさわやかな味が、こんな風に生きるなんて、面白いなと思いました。 

Imgp2783  

<材料>あまったカレー     適量

      山椒の葉        適量

      天然酵母パン      3切

<作り方>①山椒の若芽を茎ごと細かく刻む

       ②パンを薄くスライスして、カレーをのせ、①をトッピングする



 カレーはお好みのものを使ってくださいね。

我が家では、雑穀とお豆のカレーでした。

パンは、50%全粒粉の石窯パンを使いました。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                   にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ

          クリックで応援↑↑↑、よろしくお願いします。
 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


SSSSSSSSS

暮らしのひとコマ

「ぬがないと!いかないと!」

かまどの前で真剣な目で、じたばた大慌てで走りこんできたyanyan(2歳)

脱ぐのを手伝うと、飛び出して行きました。

Imgp2788

たたたた~♪と走って行きます。

Imgp2789

間に合ってよかったね。

Imgp2793

田んぼの苗を覆っていたシートが泥んこだったので、

子ども達に洗ってもらうよう頼んだところ、

案の定、半分以上水遊びになりました。

2011年5月22日 (日)

ふきとコーヤの海苔巻き

 急にランチのお客さんが入った時に作ったもの。

前の日に、蕗の煮びたしと梅干をいっしょに食べたらおいしかったのがヒントになりました。

お客さんに出すものでも、その場で生まれるレシピって結構あったりして・・・。



梅干のおかげで蕗のクセが和らぐんですね。

見栄えもよく、あっさりおいしく蕗が頂けました。

Imgp2741

<材料>蕗           数本

      高野豆腐      2枚

      梅干         一個

      海苔         半枚

<作り方>①蕗は必要なら皮をむき、4cmに切って数分茹でたあと、

        ザルにあげて手塩でもんでおく

       ②蕗を茹でたお湯で高野豆腐を戻し、短冊に切って、2分ほどフツフツ火を通す

       ③梅肉を刻み、②にもみこむ

       ④①と③を交互に重ね、8等分したのりをさらに縦切りして、巻き、水で止める



 蕗の葉は、お汁に入れたり、炒め物にしたりして使います。

普段は捨てられることが多いようですが、案外アクもなくておいしいです。


                     にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ

色んな方に見ていただきたくて、参加しています。↑↑

クリックで応援、よろしくお願いします。



WWWWWWWW

暮らしのひとコマ

 最近の子ども達の工作シリーズ。

インコたちのために、普通の鳥かごより広い鳥かごを作りました。

Imgp2753

tokiはアドバイスのみ、子ども達だけで作った力作。

中には、手作りのブランコや、流木の止まり木、竹で作ったえさ台があります。

Imgp2752

 虫シーズン到来。

一年たって痛んだ虫取り網を、自分たちで補修して直します。

(虫取り網って、なんでこんなに破れやすいんでしょう!)

網は穴が空いて、食べ物用に使えなくなったネットを利用。

以前は、私やtokiがリユース・アイデアを提供していましたが、

最近は自分たちで、要らなくなったものを発掘してくるようになりました。

 兄のしぐさをじっと見て、下の弟妹は学んでいきます。

 

2011年5月21日 (土)

ワイルドねぎのおやき

 ノビル、にら、あさつき・・・

なかやの周りや田畑周りで、あちこち自生しています。

ちょっと時間がある時に、ちょこちょこ摘んでは、ごはんのたしというか、

メインになっています。

 今年は春の種まきが遅れた分、いつもよりも増して山菜に頼る、なかやのごはんです。




 今回はお昼のおかずになりましたが、

これなら、簡単にできるので、おやつにもなりそう。

余ったお味噌汁が良い味加減になりました。

Imgp2722

<材料>ノビル、アサツキ、ニラなどのネギ科あるだけ     一束

      全粒粉                            1/2C程度

      米粉                              1/2C程度

      味噌汁の残り                        1C程度

<作り方>①摘んできたねぎ類をみじん切りにする

       ②粉と味噌汁を混ぜ合わせ、①を入れる(ぽってりしたらOK)

       ③フライパンに菜種油かごま油をひいて、両面かりっと焼く




 適当なレシピでごめんなさい。m(_ _)m

全粒粉と米粉は半々くらい使いました。お好み焼きくらいの硬さにしました。



 なるべくカリッとさせるには、片面中火~強火で焦げ目がつくくらいに焼いてから

ひっくり返して、フタをしてじっくり焼きます。

焼き上げたら、網におきます。(直接お皿だと、しんなりします。)

すぐ食べる場合は、全部焼きあがったら、お皿にうつします。

お弁当に入れたり、あとで食べる場合は、しっかり網で冷ましてください。







参加サイトを今後どうするか、正直迷っていたのですが、

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ       色んな方々に興味を持っていただけるブログになればと

コチラ↑↑↑       はひとまず参加を続けることにしました。

               色んな方のサイトが紹介されていて、楽しめます。




YYYYYYYYYYYY

暮らしのひとコマ

Imgp2717

500m先の畑からの帰る道々、歩きながら摘んだ野草。

スギナは、お茶にしました。

 

      

2011年5月20日 (金)

挽き割り大豆&ワラビの生姜入りおひたし

 今年は、ワラビ天国です (◎´∀`)ノ

畑でも、家周りでも、根を移植したものが数年かかって増え始めてくれたおかげ。

例年より寒かったこともあり、GWを過ぎた今でも

毎日常食しています。


 今はあんまり陰性なものばかり摂らない方がいいと思われるので、

梅干なども気にして食べていますが・・・



 あく抜きは、かまどの灰を一握りふりかけて、熱湯を注いで一晩置く。

あとは洗って刻めば食べられます。

炊いたり、炒めたりもおいしくて、子ども達も大好きです。


 ワラビだけだと、あっという間になくなってしまうので、

最近豆を使って増量。これがヒットしました。

今回生姜を入れたのが、さらに効いておいしかったです。

Imgp2732

<材料>あく抜きしたワラビ   250g

      茹でた大豆       2C

      醤油           大さじ3

      生姜すりおろし     一片分

<作り方>①大豆を1C固めにゆでて、フードプロセッサーで粗く砕く

       ②ワラビを細かく切って粘りを出す

       ③醤油と生姜をあわせてから①と②をあえて、浸しておく



 
 すぐ食べない場合は、味がしみて、薄く感じると思いますので、

好みでたしてください。

 大豆ではなくて、納豆とあわせてもおいしかったです。



LLLLLLLLLLLLL

暮らしのひとコマ

 今年新しくお借りした畑に、カモミールがたくさん植わってあり、

畑の大家さんに伺って、ありがたく頂戴しました。

Imgp2736

 調べたところ、お茶にしておいしいジャーマン種っぽいです。

とりあえず、家周りに移植して、

移殖しきれないものは、花を摘んで乾燥することに。



にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ


========

昨夜、久しぶりに明るいニュースを知りました。

ご存知な方も多いと思いますが一応UP.

http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110519k0000m040157000c.html

事故の影響、浜岡の影響、あると思いますが、

一番は、30年間近く反対運動を続けてきた祝島の方々の声の力だと思います。

そして、その周りで反対を続けた方々。

虹のカヤック隊の人たちの顔が浮かびます。



反対運動なんて、やってもムリムリ ヾ(´ε`*)ゝ、なムードが強い日本だけれど、

この先、市民がたくさん訴えていかないといけないことがあるし、

訴えていかないと、変わらないことがたくさん出てくると思うので・・・・



まだ、喜ぶのは早いけれど、そんな気持ちを勇気つけてくれたニュースでした。

2011年3月 7日 (月)

ナズナと玉ねぎの焼きうどん

 今朝は雪ですし、雨の日以外は、まだ霜がおりていますが、

日中は、急速に温かくなってきました。




 おいしい野草も、あちらこちらで目につくようになってきたので、

摘む場所を探すのも、ラクになってきました。




 ずっと待っていたなずなが、少しずつ葉をのばし始めてきました。

普通は、七草の時のみ頂く方が多いと思う「ナズナ」ですが、

なかやでは、芽吹き始めると、常食します。

まだ小さめなものが多かったけれど、待ちきれなくて少し摘んできました。



 そして、さっそく、焼きうどんの具にして頂きました (◎´∀`)ノ。

なずなはアクが全くなくて、ほうれん草に似た、濃い味がします。


 ああ、久しぶりな味。おいしかった~ ( ´艸`)。

家族みんなで、少しの量でしたが、とってもおいしく頂きました。

Imgp2357

<材料>なずな          摘めた量

      玉ねぎ          1/2個

      醤油            適量

      菜種油          小さじ1

      ゆでうどん        1人分

<作り方>①玉ねぎを薄切りにして、塩をふって炒めて、フタをして蒸煮する

       ②なずなをよく洗って好みのサイズに切って、①に加え、醤油で味を整える

       ③ゆでておいたうどんの上に②をのせて、あえながら頂く



レシピが適当でゴメンナサイ。

なずなは、こんな風に普通の菜っ葉と同じように簡単に使えておいしい野草なのです。




 写真↓が、なずなです。

なるべく花が咲く前のものを摘みます。

花が咲いていても食べられますが、花の茎の部分は硬いので、のぞきます。

花が咲くとわかりやすいので、花が咲く頃に場所と葉の感じををチェックしておくと、

翌年に摘むことが出来ます。

Imgp2327

 摘む時は、根っこを残しておき、すべて摘み取らずに、数株残しておきます。



       
              

SSSSSSSSSSSSS

暮らしのひとコマ

「今日は何作ろうかなあ。」

毎日、何かしら作っているWac(8歳)の本日の工作。

Imgp2294

Wacちゃんのスゴイところは、

作り始めると、もくもくと出来上がるまで作り続けること。

Imgp2298

そして、気に入らない箇所があると、惜しげもなくやり直すこと。

Imgp2310

翌朝、でき上がりました。民族楽器、カリンバです。

さっそく弾いています。

Imgp2311

大きい写真もとって、と頼まれてパチリ。

ところで、後ろに写っておいでの半ケツのお嬢さんは、何をしているのかというと、

大豆の茹で汁のあまったのを舐めようとして、頭を釜につっこんでいるのです・・・(*^-^)




=====================================

        今日もこのブログを訪れてくださり、ありがとうございます ヽ(´▽`)/

             にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ         

        色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

        クリックで応援、よろしくお願いします☆

2011年2月 5日 (土)

お豆腐と冬野菜で☆スパイス味噌漬け

 先日作ったいんげん豆&お豆腐の酢味噌ノマリネが美味しかったので、

もう一度、お豆腐を酢味噌に漬けこみました。



 今回は、友人にお薦め!といわれたスパイスのコンビを投入。

また、長ネギを玉ねぎに変えてみました。

シンプルな酢味噌あえも美味しいですが、

このスパイスのコンビは絶妙で、食べてびっくり、!!(゚ロ゚屮)

とっても美味しくて、パンにも、ごはんにも合いました。




 あまった場所で漬けた人参やカブも、とっても美味しかったです。

Imgp1085

<材料> 木綿豆腐          1丁              縦横4等分

       玉ねぎ            1/2                            みじん切り

       銀杏              10個              殻をむいて、10分ゆでる

       人参              1/2本            拍子切り

       コカブ           1個               薄切り

        味噌              1/4C

             柿酢              1/2C

              オールスパイス        小さじ1/2

              シナモン            小さじ1/2

<作り方>①平たいパットに、調味料をすべてと、玉ねぎを入れて、お酢で溶く

       ②切った豆腐と人参、カブを①に漬けて、しばらくしたらひっくり返して一晩置く

       ③深めのタッパーに豆腐を並べ、他の野菜もすき間に入れて、

        上から漬け液をのせて、1時間以上置いてから頂く

       

オールスパイスとシナモンの組み合わせ、

本当に美味しいです!(Sちゃん、ありがとう!ヽ(´▽`)/)




にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ 今日もご訪問ありがとうございます。(゚▽゚*)

          色んな方に見に来ていただきたいと思って、参加しています。

  ↑ ↑ ↑  クリックで応援、よろしくお願いします♪





JJJJJJJJJJJJJJ

暮らしのひとコマ

 数年前に大工さんにもらった廃材の合板。

真ん中がたわんでいて、格好の子ども達の遊び道具です。

Imgp1689 Imgp1693 Imgp1692_2 Imgp1687_2

こうやって、飛んだり、自転車で昇ったり、

片側を高くして、スケボーにすわり乗りしてすべったり、

こんな板切れ一枚だけど、4人兄妹みんな楽しんでます。